教育理念

教育目的

獣医学は動物の医療を根幹とする総合的な学問であり,高度な教育研究を通じて,動物に対する先端医療のみならず,人と動物の生命環境に関する諸問題に適宜適切に対応するための動物科学の基礎と応用の各分野における幅広い知識と技術を基に,優れた学識と高い倫理観を備えた獣医師や研究者の養成を行う。

教育目標

  1. 自然科学一般,さらには人文・社会科学に至る教養を幅広く修得し,高い倫理観をもち,グローバルな視点から物事を考えることのできる素養と能力を身につける。
  2. 専門科目の基礎となる自然科学に関する十分な知識と言語や情報処理に関するスキルを修得する。
  3. 動物の生体諸機能を維持するための細胞,組織から器官形成に至る知識を修得し,問題解決に応用できる能力を養う。
  4. 動物細胞を構成する様々な要素の性状・役割とその統合に関する知識を修得し,問題解決に応用できる能力を養う。
  5. 食品・環境に由来する外的因子の生体への影響に関する知識を修得し,問題解決に応用できる能力を養う。
  6. 病原体の特性と感染症成立についての理解およびその予防に関する知識を修得し,問題解決に応用できる能力を養う。
  7. 動物の病態の成因・修復機序および疾病診断に関する知識を修得し,問題解決に応用できる能力を養う。
  8. 動物における種々の疾病の診断・治療・予防に関する知識を修得し,問題解決に応用できる能力を養う。
  9. 獣医学分野の広範な問題に取り組み,問題解決のための調査・研究の手技・手法を修得するとともに,ドキュメンテーションやプレゼンテーションの能力を培う。