学術情報

category

獣医学専攻オープンセミナー2017(6・7)

第6回オープンセミナー

日時:2017年11月15日(水)17:00-18:00

場所:りんくうキャンパス 第1講義室

 

難治性腫瘍に挑む!〜悪性黒色腫〜

 

第7回オープンセミナー

日時:2017年11月16日(木)16:00-17:00

場所:りんくうキャンパス 第1講義室

 

おもちゃを誤食した犬の一例〜訴訟事例から学んだこと、考えたこと〜

帯広畜産大学臨床獣医学部診断治療学分野

農学博士

富張 瑞樹 准教授

 

今回、獣医臨床教育充実事業(つばさ基金)を利用してお招きした富張先生の主な研究テーマは「犬の悪性黒色腫(メラノーマ)における免疫寛容解除を用いた新たな免疫療法の開発」です。犬のメラノーマは臨床的な悪性度が非常に高いことが知られ、外科治療、化学療法、放射線療法(3大治療)の効果が低い腫瘍で、また、宿主の免疫活性を抑制する「免疫寛容状態」をつくることが知られています。富張先生のチームはこの機構に関わる分子動態を解析することで、メラノーマを「逃がさず」そして「たたく」ことを目的として、日夜研究を続けておられます。第6回では先生のご専門である、メラノーマについて最新の知見を交えてご講演いただきます。富張先生は研究とともに精力的に臨床の現場にも出ておられますので、第7回では、臨床上非常に悩ましい問題について講演いただきます。学部生、大学院生および教員の皆様はもちろんですが、獣医臨床センターのスタッフの皆様(外部の先生含む)の積極的な聴講を期待しています。

なお第7回(11月16日(木))のセミナー終了後、カフェテリアにて軽く飲食しながらの講師を囲んだ談話会(1時間程度、参加費無料)を開催いたします(協賛:獣医学友会振興基金)。日本を代表する獣医外科医と意見交換できるまたとない機会ですので、是非、ご参加いただけますようお願いいたします。

 

連絡先:獣医外科学教室

秋吉秀保(内線3207)E-mail: akiyoshi@vet.osakafu-u.ac.jp

 

                               主催:獣医臨床教育充実事業(つばさ基金)     

                               協賛:獣医学友会振興基金、先端獣医療コンソーシアム

獣医学専攻オープンセミナー2017(4・5)

第4回オープンセミナー

日時:2017年10月16日(月)17:00-18:00

場所:りんくうキャンパス 第2講義室

 

伴侶動物における胆道系の外科手術

 

第5回オープンセミナー

日時:2017年10月17日(火)16:00-17:00

場所:りんくうキャンパス 第2講義室

 

伴侶動物における肝臓の外科手術

北海道大学大学院獣医学研究科附属動物医療センター

獣医学博士・日本小動物外科専門医

高木 哲 准教授

 

伴侶動物、特に犬において近年、肝・胆道系疾患に対する外科手術の適応症例は増加傾向にあります。特に、胆嚢において、胆嚢粘液嚢腫の病態が広く認識され、また、一部で早期の予防的胆嚢摘出術が推奨されるなどの影響で、胆嚢摘出が実施される機会は明らかに増加しています。一方で、肝・胆道系の外科手術を安全に確実に実施することは決して容易ではなく、周術期管理を含め、比較的難易度が高い領域の手術です。今回のオープンセミナーでは、これら肝・胆道系の外科手術に関して、2014年に日本小動物外科専門医を取得されるなど、軟部組織外科領域にて活躍されている北海道大学大学院獣医学研究科附属動物医療センター 准教授の高木 哲 先生に2日間詳細にご講演いただきます。学部生、大学院生および教員の皆様はもちろんですが、獣医臨床センターのスタッフの皆様(外部の先生含む)の積極的な聴講を期待しています。

なお第5回(10月17日(火))のセミナー終了後、カフェテリアにて軽く飲食しながらの講師を囲んだ談話会(1時間程度、参加費無料)を開催いたします(協賛:獣医学友会振興基金)。日本を代表する獣医外科医と意見交換できるまたとない機会ですので、是非、ご参加いただけますようお願いいたします。

 

連絡先:獣医外科学教室

秋吉秀保(内線3207)E-mail: akiyoshi@vet.osakafu-u.ac.jp

 

                               主催:獣医臨床教育充実事業(つばさ基金)     

                               協賛:獣医学友会振興基金、先端獣医療コンソーシアム

獣医学専攻大学院演習

日時:平成29年11月20日(月)13:00〜

会場:第二講義室

 

 

13:00〜13:40 <獣医臨床科学特別演習B(ミニレビュー)>

演題:犬と猫における心筋トロポニンについて

演者:安藤武樹(獣医外科学教室)

 

13:40〜14:20 <獣医環境科学特別演習B(ミニレビュー)>

演題:PA-824, a promising novel anti-tuberculosis agent for the treatment of Mycobacterium tuberculosis

演者:Goutham B.Manjunath(獣医国際防疫学教室) 

 

14:20〜15:00 <獣医臨床科学特別研究F(中間発表)>

演題:結核菌遺伝子導入によるがん免疫治療の研究

演者:牛草貴博(細胞病態学教室)

 

獣医学専攻大学院演習

日時:平成29年10月17日(火)13:00〜

会場:第一講義室

 

 

13:00〜13:40 <獣医環境科学特別演習B(ミニレビュー)>

演題:Mechanism of inducing Guillain‐Barré Syndrome after C. jejuni infection

演者:Jayedul Hassan(獣医国際防疫学教室)

 

13:40〜14:20 <獣医環境科学特別研究F(中間発表)>

演題:pH感受性リポソームを応用した腫瘍ワクチンの開発

演者:岡崎 誠治(獣医免疫学教室)

 

 

14:30〜15:10 <動物構造機能学特別研究F(中間発表)>

演題:Pathological study on liver homeostasis and hepatotoxicity based on macrophage functions and autophagy in rats(マクロファージ機能とオートファジーに基づいたラットの肝恒常性と肝毒性に関する病理学的研究)

演者:Munmun Pervin(獣医病理学教室)

獣医学専攻大学院演習

日時:平成29年9月21日(木)13:00〜

会場:第一講義室

 

 

13:00〜13:40 <獣医臨床科学特別演習B(ミニレビュー)>

演題:Application of exosomes in cancer therapy

演者:DE SILVA, Nadeeka Harshini(細胞病態学教室)

 

13:40〜14:20 <獣医環境科学特別演習B(ミニレビュー)>

演題:Human cathelicidin antimicrobial peptide, LL-37 as a potential antimicrobial agent against multidrug resistant Pseudomonas aeruginosa

演者:Azimun Nahar(獣医国際防疫学教室)

獣医学専攻大学院演習

日時:平成29年7月19日(水)15:00〜

会場:第一講義室

 

 

15:00〜15:40 <動物構造機能学特別演習B(ミニレビュー)>

演題:虚血性脳血管障害(脳梗塞)におけるDAMPsと炎症、及び機序に基く治療法の展望

演者:中村隆一(獣医病理学教室)

 

15:40〜16:20 <動物構造機能学特別研究F(中間発表)>

演題:新生児ラットにおける網膜興奮毒性の病理発生に関する研究

演者:見鳥 光(獣医病理学教室)

獣医学専攻大学院演習

日時:平成29年6月15日(木)13:30〜

会場:第三講義室

 

 

13:30〜14:10 <獣医臨床科学特別演習B(ミニレビュー)>

演題:肉用牛および乳用牛における分娩後の卵巣機能回復に関与する要因

演者:木伏 雅彦(獣医繁殖学教室)

 

14:10〜14:50 <獣医臨床科学特別研究F(中間発表)>

演題:猫歯肉口内炎の病態解析と治療に関する研究

演者:中西 等(獣医内科学教室)

 

獣医学専攻オープンセミナー2017(2)

日時:2017年8月4日(金)16:30−17:30

場所:りんくうキャンパス2F 第1講義室(lecture room 1, B-211)

 

ゲノム編集を利用した精巣特異的遺伝子の網羅的機能解析

伊川 正人 博士

大阪大学微生物病研究所 附属遺伝情報実験センター

遺伝子機能解析分野 教授

 

CRISPR/Cas9ゲノム編集システムの登場により、遺伝子破壊マウスの作製がコスト、労力、期間などの点において大きく改善した。本講演では、同法を活用し、我々の研究室で行っている精巣特異的に発現する遺伝子群の遺伝子破壊 (KO) マウス作製と表現型解析について報告する。我々は、文献およびデータベース検索から、ヒトとマウスで保存されており、精巣特異的に発現する遺伝子を約1,000個リストアップした。これまでに従来法を含めて約80遺伝子のKOマウスを作製し、妊孕性を調べたところ、約7割に相当する54遺伝子のKOマウスでは外見上の異常および妊孕性の低下も認められなかった(1)。これらの結果は、遺伝子の発現様式だけでは、個体レベルでの遺伝子機能やその重要度が分からないことを示している。その一方で、精子カルシニューリンなど、精子受精能力に必須な新規遺伝子も見つけることができた(2)。言い換えれば、ゲノム編集技術を活用すれば、個体レベルで重要な遺伝子を先に選び出して研究を進められることから、費用や労力・時間に対して得られる成果が大幅に改善され、生物学研究に躍進をもたらすと言える。

なお本講演では、CRISPR/Cas9を用いた点変異による解析例や、ES細胞を用いたキメラ解析についても紹介し(3-4)、その有用性について議論したい。

 

【参考文献】

  1. Miyata et al., PNAS 2016;113:7704-10.
  2. Miyata et al., Science. 2015;350:442-5.
  3. Kato et al., Nat Commun 2016;7:12198.
  4. Oji et al., Sci Rep. 2016;6:31666.

 

連絡先:生命環境科学研究科獣医公衆衛生学教室

三宅眞実(内線2576)E-mail: mami@vet.osakafu-u.ac.jp

獣医学専攻博士論文発表会

日時:平成29年1月31日(火)10:00から
会場:りんくうキャンパス 第1講義室

日時:平成29年2月1日(水)9:00から
会場:りんくうキャンパス第1講義室

発表者・発表論文題目については添付のファイルをご参照ください。

獣医学専攻オープンセミナー2016年度(4)

日時:2017年1月24日(火)16:30−17:30

場所:りんくうキャンパス2F第2講義室(Second lecture room)

 

「カンピロバクターの細胞壁の完全性と腸管内定着性」

Correlation between cell wall integrity and colonization ability of Campylobacter jejuni

 

秋庭 正人、Masato Akiba

動物衛生研究所 細菌・寄生虫研究領域 グループリーダー

Division of Bacterial and Parasitic Disease Research, National Institute of Animal Health, National Agriculture and Food Research Organization

 

世界保健機構の推計では、カンピロバクターによる食中毒事例は世界中で年間9600万件、発生しており、その数はノロウイルスに次いでいる。本菌は鶏が高率に保菌しており、主な原因食品は鶏肉である。ヒトは加熱不十分な鶏肉等を摂取することにより、本菌に感染する。したがって、農場汚染率を低減することはカンピロバクター感染患者数の低減につながると考えられる。そこで、我々はカンピロバクターの腸管内低着を防止する技術の開発を将来的な目標とし、そのための基礎研究としてカンピロバクターの腸管内定着に影響を与える因子の解析をこれまで進めてきた。まず初めに、トランスポゾン挿入変異株のライブラリーを作製し、胆汁酸抵抗性や自己凝集性を指標としたスクリーニングを行うことで、腸管内定着性に関与する因子の探索を行ったところ、外膜表面に存在するリポオリゴ多糖(LOS)の生合成に関与する酵素が、本菌の腸管定着に重要な役割を果たすことを見出した。この研究の中で我々は、LOS糖鎖が一定の長さ以下になると、胆汁酸抵抗性等が著しく低下し、腸管内定着性も減弱することを示した。さらに、我々はカンピロバクターの細胞壁の完全性を維持するためにペプチドグリカンのO-アセチル化が厳密に制御されていることを見出した。ペプチドグリカンO-アセチル化酵素を規定する遺伝子を欠失させると細胞の形態に変化は認められないが、本菌の運動性、自己凝集性、バイオフィルム形成能、リゾチーム抵抗性、血清抵抗性、マクロファージ内での生残性が親株と比べて低下し、ひいては腸管内定着性が低下することを世界に先駆けて報告した。ペプチドグリカンは細菌に特有の構造物で、これを標的とする抗菌薬系統が複数、実用化されているが、ペプチドグリカンO-アセチル化を標的とする抗菌薬は存在しない。本酵素は新しい抗カンピロバクター剤開発の標的として用い得るかもしれない。本講義ではこれらの成績を紹介する。

 

連絡先:生命環境科学研究科獣医国際防疫学教室

山崎伸二(内線2546)E-mail: shinji@vet.osakafu-u.ac.jp

前へ123次へ