学術情報

category

獣医学専攻大学院演習

日時:令和2年10月20日(火)13:00〜

Zoomによるオンライン発表会

(Zoom会議の情報はメールにて案内します)

 

13:00〜13:40<動物構造機能学特別演習B(ミニレビュー)>

演題:線毛病(Ciliopathy)における水頭症と上衣細胞の関係

 

演者:小西静香(獣医病理学教室)

 

 

13:40〜14:20<獣医臨床科学特別研究F(中間発表)>

演題:ネコ科動物種の保存に向けた体外受精における新技術の活用に関する研究

 

演者:辻本恭典(細胞病態学教室)

獣医学専攻オープンセミナー2020年度(3)

日時:2020年9月10日(木)16:30−18:00

場所:りんくうキャンパス2F第2講義室(Second lecture room)

 

「ボツリヌス菌から学ぶ;ボツリヌス毒素の巧妙な体内侵入機構」

Learning from Clostridium botulinum; the ingenious strategy of botulinum toxin to enter the body

 

藤永由佳子

Dr. Yukako Fujinaga

 

金沢大学 医薬保健研究域 医学系 細菌学、教授

Professor. Graduate School of Medical Sciences, Kanazawa University

 

細菌毒素であるボツリヌス神経毒素は、生物毒の中でもっとも毒性が強いものとして知られており、ボツリヌス症を引き起こす。ヒトにおける主な病型である食餌性ボツリヌス症と乳児ボツリヌス症では、本毒素が腸管から吸収されて、血中に移行し、末梢神経に到達することで発症する。本神経毒素は、数種類の無毒性タンパク質(無毒成分)と複合体を形成した状態でボツリヌス菌から産生される。我々はこれまでに無毒成分が持つユニークな機能により神経毒素が消化管から体内へ侵入することを世界に先駆けて明らかにしてきた1,2)。さらに、乳児ボツリヌス症の病態形成機構の解析、新規ヒト型抗毒素抗体の開発3)、無毒成分の持つE-cadherin特異的阻害活性をiPS細胞などの培養技術に応用する研究なども行っている。本セミナーでは、これらの研究および今後の展開について紹介したい。

 

  1. Sugawara Y, Matsumura T, Takegahara Y, et al. (2010) Botulinum hemagglutinin disrupts the intercellular epithelial barrier by directly binding E-cadherin. J Cell Biol 189: 691-700.
  2. Matsumura T, Sugawara Y, Yutani M, et al. (2015) Botulinum toxin A complex exploits intestinal M cells to enter the host and exert neurotoxicity. Nat Commun 6: 6255.
  3. Matsumura T., Amatsu S., Misaki R., et al. (2020) Fully Human Monoclonal Antibodies Effectively Neutralizing Botulinum Neurotoxin Serotype B. Toxins 12, 302.

 

連絡先:生命環境科学研究科獣医国際防疫学教室

山崎伸二(内線2546)E-mail: shinji@vet.osakafu-u.ac.jp

Professor. Graduate School of Medical Sciences, Kanazawa University

獣医学専攻オープンセミナー2020年度(2)

日時:2020年8月13日(木)16:30−18:00

場所:りんくうキャンパス2F第2講義室(Second lecture room)

 

豚心内膜炎から分離された無莢膜の豚レンサ球菌

Unencapsulated Streptococcus suis isolates from swine endocarditis

 

関崎 勉

Prof. Dr. Tsutomu Sekizaki

 

東京大学農学生命科学研究科附属食の安全研究センター センター長、教授

Director General, Research Center for Food Safety, The University of Tokyo

 

Streptococcus suisは豚に髄膜炎などを起す他,ヒトにも髄膜炎や劇症型感染症を起す。S. suisの莢膜は,宿主食菌作用に抵抗する重要な病原因子であり,無莢膜菌は動物には無毒である。しかし,豚の心内膜炎病変部には有莢膜菌と無莢膜菌が共存し,無莢膜菌は例外なく莢膜合成遺伝子群内に突然変異がある。同一豚由来の複数の無莢膜菌で異なる変異もある。ゲノム配列比較から,同一豚由来の複数の株が最も近縁で,次いで同じ農場由来の株が近縁だったことから,無莢膜菌は感染後に豚体内で出現したことが分った。また莢膜合成遺伝子領域と全ゲノム上の変異において,同一豚由来株内で異なる変異がみられ,その変異率は通常と同等だった。無莢膜菌は,有莢膜菌に比べ血小板への付着能が亢進していることから,心内膜炎病変部では,無莢膜菌による血小板接着性が繊維素の蓄積を進め,それが無莢膜菌を守り,そこに存在できたと推測した。

 

 

連絡先:生命環境科学研究科獣医国際防疫学教室

山崎伸二(内線2546)E-mail: shinji@vet.osakafu-u.ac.jp

獣医学専攻大学院演習

日時:令和2年8月21日(金)13:00〜

Zoomによるオンライン発表会

(Zoom会議の情報はメールにて案内します)

 

13:00〜13:40<獣医臨床科学特別演習B(ミニレビュー)>

演題:間葉系幹細胞とMuse細胞を用いた再生医療について

 

演者:三谷康介(細胞病態学教室)

 

 

13:40〜14:20<獣医環境科学特別研究F(中間発表)>

演題:Molecular mechanism of toxic action of C. Perfringens NetB toxin on avian and mammalian cells

 

演者:AKM Azharul Islam(獣医感染症学教室)

 

獣医学専攻大学院演習

日時:令和2年6月24日(水)13:00〜

Zoomによるオンライン発表会

(Zoom会議の情報はメールにて案内します)

 

13:00〜13:40<動物構造機能学特別演習B(ミニレビュー)>

演題:肝発がんモデルを用いた腸内細菌叢の腫瘍促進作用とプロバイオティクス治療の可能性

 

演者:新 真智(獣医病理学教室)

 

13:40〜14:20<獣医臨床科学特別演習B(ミニレビュー)>

演題:顕微授精技術の確立と発展

 

演者:辻本恭典(細胞病態学教室)

 

獣医学専攻オープンセミナー2019年度(4)

日時:2020年2月3日(月)16:15−17:45

場所:りんくうキャンパス2F第1講義室(First lecture room)

 

「ワンヘルスの視点から薬剤耐性菌の問題を考える」

Thinking about the issue of antimicrobial resistance from a perspective of One-Health

 

秋庭 正人、Masato Akiba

 

農研機構動物衛生研究部門 研究推進部 部長

National Institute of Animal Health, National Agriculture and Food Research Organization

 

分布率が増加する薬剤耐性菌に対して何の対策も取らない場合、2050年には世界で1000万人が死亡すると推定され、現在のがんによる死亡者数を超えるといわれている。このような状況下、我が国においても薬剤耐性対策アクションプランが策定され、2020年度までに医療分野のみならず家畜衛生分野でも達成すべき数値目標などが示されている。人の薬剤耐性菌の問題を家畜と結びつけた報告としては、1969年に英国議会に提出された、いわゆる「スワンレポート」が有名である。この報告では、家畜の生産現場において抗菌剤使用により選択された薬剤耐性菌が畜産物を介して人に到達し、健康被害を及ぼす可能性が指摘されている。以来、家畜における薬剤耐性菌の問題については多くの調査・研究が行われてきたが、近年は人と家畜のみならず、伴侶動物、野生動物、環境なども含めて分野横断的に問題解決に取り組むワンヘルスアプローチによる取り組みが注目を集めている。我々はこれまで医学、獣医学、環境化学、ゲノム微生物学の専門家を結集して国内外で薬剤耐性菌の研究を展開してきた。抗菌剤の使用量が多く、ある種のカルバペネム系抗菌剤耐性遺伝子の発祥地としても知られるインドにおいては病院排水が環境の薬剤耐性菌汚染に寄与していることや、重要な薬剤耐性遺伝子を載せた類似の遺伝的背景を有するプラスミドがインド国内の広い範囲で分離できることなどを明らかにした。国内では養豚場の抗菌剤使用量を把握するとともに、使用された抗菌剤の環境中での消長、薬剤耐性菌の分布率、抗菌剤の使用を中止した後の分布率の変化等を調べている。本講義ではこれらの成績の一部を紹介する。

 

連絡先:生命環境科学研究科獣医国際防疫学教室

山崎伸二(内線2546)E-mail: shinji@vet.osakafu-u.ac.jp

生命環境科学研究科獣医学専攻博士論文発表会

1. 論文発表会名  生命環境科学研究科獣医学専攻博士論文発表会

2. 主催者     大阪府立大学

3. 開催日     令和2年1月30日(木), 31日(金), 2月3日(月)

4. 開催場所    りんくう学舎第3講義室

5. 発表会に関するお問い合わせ先:

生命環境科学研究科獣医学専攻  岡田利也(内線:りんくう2536)

6. 発表者名及び発表論文題目

 

  論文発表会 時間 発表者名 発表論文題目
1 1月30日 13:00〜13:50 Ramanayake  Mudiya-nselage  Tharanga Generation of molecular-targeting peptides for selective inhibition of the interaction betweenCTLA-4 and B7 in the dog: a new immune checkpoint inhibitor for cancer therapy
2 1月30日 13:55〜14:45 倉持 瑞樹 チオアセトアミド誘発ラット肝障害に関与するマクロファージの特徴とダメージ関連分子群に関する病理学的研究
3 1月31日 13:00〜13:50 Fletcher Del Valle Molecular and pathologic characterization of avian adenovirus isolated from the oviducts of laying hens in eastern Japan
4 1月31日 13:55〜14:45 Sherwin I. Camba Salmonella contamination in layer farm: The consequence of rodent infestation
5 1月31日 14:50〜15:40 湯川 尚一郎 日本におけるイヌ用フードおよびトリーツのサルモネラ属菌汚染状況調査
6 2月3日 13:00〜13:50 新井 暢夫 全ゲノム情報を活用した家畜由来Salmonella enterica serovar Typhimurium及びその非定型株の分子疫学研究

獣医学専攻オープンセミナー2019(3)

日時:2020年1月23日(木)16:00-17:00

場所:りんくうキャンパス 第1講義室

胸腔内腫瘍へのアプローチ

 

東京大学大学大学院 農学生命科学研究科 獣医学専攻

中川 貴之 准教授

 

今回、獣医臨床教育充実事業(つばさ基金)を利用してお招きした中川貴之先生(東京大学)は小動物軟部外科学ならびに腫瘍外科学の第一線でご活躍されるとともに、小動物の「がん」に関する研究に精力的に取り組まれています。セミナーでは、「胸腔内腫瘍へのアプローチ」をテーマに、中川先生が実際に手術を行われている動画も示していただきながら、胸腔内腫瘍を外科的に摘出する際の基本的手技やポイントについて、詳細にご講演いただく予定です。中川先生の講演を拝聴できることは、とても貴重な機会ですので、学部生、大学院生および教員の皆様はもちろんですが、獣医臨床センターのスタッフの皆様(外部の先生含む)の積極的な聴講を期待しています。

 

 

 

 

連絡先:獣医外科学教室

秋吉秀保(内線3207)

E-mail: akiyoshi@vet.osakafu-u.ac.jp

                           主催:獣医臨床教育充実事業(つばさ基金)

                       協賛:獣医学友会振興基金、先端獣医療コンソーシアム

獣医学専攻大学院演習

日時:令和2年1月24日(金)13:00〜

会場:第三講義室

 

13:00〜13:40 <獣医臨床科学特別演習B(ミニレビュー)>

演題:顕微授精の確立と発展

 

演者:辻本恭典(細胞病態学教室)

獣医学専攻国際オープンセミナー2019(7)

日時:2020年1月14日(火)16:00−18:00

場所:りんくうキャンパス2F第1講義室

 

When to perform immunohistochemistry on biopsy samples, and why. 

Diagnosis and treatment of feline small cell lymphoma: 2020 update.

 

Ann Hohenhaus, DVM

Diplomate, ACVIM (Oncology and Small Animal Internal Medicine)

Staff doctor, Department of Oncology, Animal Medical Center, NY, NY USA

 

 

An accurate diagnosis is critical to cancer patient management. Most often, the diagnosis of a tumor is made based on histopathology of a biopsy specimen. Based on the location of the tumor and microscopic features, the pathologist creates a list of differential diagnoses and then narrows down the list to a final diagnosis, based on the appearance of the cells and stroma. If the tumor retains the morphologic features of normal tissue, the diagnosis is straight forward. If the biopsy sample demonstrates overlapping features between more than one tumor type or if the tumor appears to be highly unusual for the tissue of origin, immunohistochemistry (IHC) can be helpful for differentiation and confirmation of the final diagnosis.  Results of IHC are helpful in allowing the pet owner to have a better understanding of their pet’s prognosis and the veterinarian to choose the most efficacious treatment. This presentation will use actual patient biopsy information to demonstrate the clinical utility of IHC in oncology patients.

In the feline leukemia virus (FeLV) era which occurred prior to the mid 1980’s, most lymphoma was found in young cats and involved the cranial mediastinum. With the advent of FeLV testing and vaccination programs, gastrointestinal lymphoma has become the most common form of feline lymphoma.  This shift in anatomic form of feline lymphoma was noted around 2000, when several research publications identified a cluster of lymphoma in the small intestine composed of small lymphocytes infiltrating the intestinal wall. Histopathological analysis of biopsy material is required for diagnosis of small cell gastrointestinal lymphoma. This form of lymphoma is a slowly progressive disease. In most cases minimal treatment is required and results in prolonged survival. Most cats have one or more co-morbid diseases such as pancreatitis, heart disease and hyperthyroidism. Death is more commonly caused by one of the co-morbidities.

 

 

連絡先:生命環境科学研究科獣医外科学教室

秋吉 秀保(内線3207)E-mail: akiyoshi@vet.osakafu-u.ac.jp

前へ12345次へ