学術情報

category

獣医学専攻国際オープンセミナー2019(4)

日時:2019年9月6日(金)14:00−15:00

場所:りんくうキャンパス4F産学官連携室(C−401)

 

REPRODUCTION AND PRODUCTION PERFORMANCE OF 

LOCAL DAIRY GOAT

Dr. Tita Damayanti Lestari

(Depart. of Veterinary Reproduction, Facult. of Veterinary Medicine.Universitas Airlangga)

Originally, Etawah Crosbreed Goat was developed through upgrading program of local Kacang goat using Jamnapari bucks imported from India during the Dutch colonization period. Crossbreed Etawah Goat is a dairy goat suitable to be developed by farmer in Indonesia. Crossbreed Etawah goat is famous in Indonesia by Peranakan Etawa or PE. PE goats is well adapted in a tropical climate. Based on the 2015 animal husbandry statistics, the goat population in Indonesia is 18.88 million head, of which 60% are spread on the island of Java and each year an average increase of 2.66% is recorded. In East Java, there are two types of PE Goat. They are Kaligesing and Senduro. Their phenotype and characteristic are almost the same.The difference is the color of the fur in certain parts. There is black color in head part on Kaligesing type, while the Senduro type their entire body is white.Kaligesing type was first developed inPurworejo, Central Java in 1930’s by Dutch colonial, usually used for livestock contests by their owners. While Senduro was first developed in Lumajang East Jawa.

 

THE PERFORMANCE OF MADURA CATTLE

Dr. Rimayanti

(Depart. ofVeterinary Reproduction, Facult. of Veterinary Medicine.Universitas Airlangga)

Indigenous beef cattles in Indonesia are quite diverse, one of them is Madura cattle. Madura cattle are the result of mixing Bali cattle (Bos sondaicus) and Zebu (Bos indicus).  Madura cattle are beef cattle which have good adaptability to stress in the tropical environment, poor feed conditions, and are resistant to tick infestations. Madura cattle are breed of local beef cattle formed as a result of natural conditions and environmental influences, so they have a uniform characteristic that is prominent among other local beef cattle breeds in Indonesia. Madura is known to have tropical geographical conditions and has less fertile soil. Madura cattle as germplasm of indigenus beef cattle is a national pride that needs to be maintained. I will present their characteristics includng production and reproduction performances.

 

連絡先:アジア健康科学研究所/ 生命環境科学研究科獣医国際防疫学教室

松林 誠(内線2510)E-mail: matsubayashi@vet.osakafu-u.ac.jp

獣医学専攻国際オープンセミナー2019(3)

日時:2019年9月5日(木)14:00−15:00

場所:りんくうキャンパス4F産学官連携室(C−401)

 

CASE STUDY OF GASTRO INTESTINAL PARASITES IN CATTLE INDONESIA

 

Dr. Nunuk Dyah Retno Lastuti

 

Department of Parasitology, Faculty of Veterinary Medicine,

Universitas Airlangga

 

Madura cattle is one Indonesian local cattle that are widely developed in East Java, especially in Madura Island. Madura cattle have potential to be developed because they are genetically tolerant to hot climates, resistant to various disease, easy to maintain and highly adaptable to low feed quality compared to imported cattle. The study of gastrointestinal parasites in cattle were carried out in three regency such as at Bangkalan Madura, Berau Kalimantan and Riau Sumatra. A total sample of 500 fecal samples from Bangkalan district, 80 fecal sample from Berau, East Kalimantanand 100 samples from Riau Sumatra. Fecal sample were examined using native methods, sedimentation and modified Fullborn’s floatation methods. I will present these results and significant of this investigation.

 

 

 

 

 

 

 

連絡先:アジア健康科学研究所/ 生命環境科学研究科獣医国際防疫学教室

松林 誠(内線2510)E-mail: matsubayashi@vet.osakafu-u.ac.jp

生命環境科学研究科獣医学専攻博士論文発表会

主催者     大阪府立大学

開催日     令和元年8月5日(月)

開催場所    りんくう学舎第3講義室

発表会に関するお問い合わせ先:

生命環境科学研究科獣医学専攻  岡田利也(内線:りんくう2536)

発表者名及び発表論文題目

13:00〜13:50 W.W.P.N. Weerakoon

 

Blood concentrations of testicular and metabolic hormones and biochemical parameters differed in Japanese Black beef bulls with normal versus abnormal semen
13:55〜14:45  

 

 

Rahman Nahid

 

Pathogenesis of D-galactosamine-induced rat liver failure with special emphasis on macrophages and myofibroblasts

(マクロファージと筋線維芽細胞に基づいたガラクトサミン誘発ラット

肝障害の病理発生機序)

 

14:50〜15:40 山口 達弘

 

1型コラーゲン産生細胞可視化マウスの作製と腎線維化における応用

(Generation of visualizing mice of type I collagen-producing cells and application on renal fibrosis)

 

獣医学専攻大学院演習

日時:令和元年6月19日(水)13:00〜

会場:第一講義室

 

 

13:00〜13:40 <動物構造機能科学特別演習B(ミニレビュー)>

演題:上皮機能の恒常性破綻に伴う病態形成におけるインターロイキン22の関与と治療標的としての可能性

 

演者:藤本 泰之(獣医薬理学教室)

 

13:40〜14:20 <動物構造機能科学特別演習B(ミニレビュー)>

演題:薬剤誘発大腸炎モデル動物を用いた炎症性腸疾患(IBD) の病態解析と治療ターゲットの検討

 

演者:倉持 瑞樹(獣医病理学教室)

 

14:20〜15:00<動物構造機能科学特別研究F(中間発表)

演題:Pathogenesis of D-galactosamine-induced rat liver failure with special emphasis on macrophages and myofibroblasts(マクロファージと筋線維芽細胞に基づいたガラクトサミン誘発ラット肝障害の病理発生機序)

 

演者:Rahman Nahid(獣医病理学教室)

国際獣医学専攻オープンセミナー2019(2)

日時:201964日(火)午後430分~600

場所:りんくうキャンパス1会議室(A-103

 

The University of Calgary, Faculty of Veterinary Medicine: A new approach to veterinary education, research and community engagement

 

John P. Kastelic, DVM, PhD, Prof. Honoris Causa, Dipl. ACT

   

Faculty of Veterinary Medicine

University of Calgary, CANADA

(カナダカルガリー大学獣医学部)

 

カルガリー大学獣医学部は世界の獣医学部でトップ50に入る学部です。獣医学部1~3年生は臨床・職業技能の習得を重視した講義と実習を受けます。加えて各学年で研究課題を実施し、科学論文を発表します。我々は従来型の大学付属動物病院を所有していないので、4年生は学外の民間動物病院および他の実習可能な施設等で教育を受けます(臨床教員は民間病院等で診療を行う)。また修士課程・博士課程も設置されており、博士研究員(ポスドク)も在籍しています。カルガリー大学の他の学部(医学部や他の研究機関等)との連携において、細胞内から個体さらには群レベルの様々なテーマにおいて世界トップクラスの研究を実践しています。我々は感染症、動物衛生、One Health、繁殖と再生医療ならびに動物シュミレーターの使用を含めた獣医学教育への新提案などの分野について強固な教育課程を提供しています。

 

連絡先:獣医繁殖学教室                                                                                      川手憲俊(内線62-2446)                                                                       E-mail: nkawate@vet.osakafu-u.ac.jp

 

国際獣医学専攻オープンセミナー2019(1)

日時:2019517日(金)午後430分~530

場所:りんくうキャンパス1階 会議室(A-103

 

Control of bacterial antibiotic consumption and resistance in veterinary medicine: European and Belgian data and policy

 

Prof. Jacques MAINIL, DVM, MS Mol Biol, Ph.D.

   

Faculty of Veterinary Medicine

& Institute for Fundamental and Applied Research in Animal Health, University of Liège, BELGIUM

(ベルギー王国リエージュ大学)

 

薬剤耐性菌の出現は人の健康に対する脅威である。獣医療での抗生物質の使用が多剤耐性菌出現につながるとして、その使い方に対するルール作りが求められている。しかし、使用量削減に対する具体的な方策作りは、一部の国や地域で始まったばかりである。

本セミナーでは、①抗生剤の使用状況について幾つかのデータを示しつつヨーロッパ、特にベルギーでの耐性菌出現率について解説し、②農場、獣医療、医療の現場での使用制限について説明する。また、③仔牛からのbラクタム剤耐性大腸菌分離に関する実験データを説明、④薬剤耐性のポイントとなる遺伝学変化について解説した上で、⑤抗生物質に代わる細菌制御法について提案する予定である。

 

 

連絡先:獣医公衆衛生学教室

三宅眞実(内線62-2576)

E-mail:mami@vet.osakafu-u.ac.jp

獣医学専攻大学院演習

日時:令和元年5月16日(木)13:00〜

会場:第三講義室

 

 

13:00〜13:40 <獣医臨床科学特別研究F(中間発表)

演題:Studies on circulating testicular and metabolic hormones and biochemical parameters surrounding puberty in Japanese Black beef bulls with normal and abnormal semen

 

演者:Weerakoon W.W.P.N.(獣医繁殖学教室)

獣医学専攻オープンセミナー2018(9・10)

第9回オープンセミナー

日時:2019年1月23日(水)16:00-17:00

場所:りんくうキャンパス 第4講義室

耳道の外科

 

第10回オープンセミナー

日時:2019年1月24日(木)16:00-17:00

場所:りんくうキャンパス 第4講義室

われわれは何を標的とすべきか?

〜獣医がん診断・治療の今とこれから〜

 

東京大学大学大学院 農学生命科学研究科 獣医学専攻

中川 貴之 准教授

 

 

今回、獣医臨床教育充実事業(つばさ基金)を利用してお招きした中川貴之先生(東京大学)にオープンセミナーをしていただくこととなりました。中川先生は小動物軟部外科学ならびに腫瘍外科学の第一線でご活躍されるとともに、小動物の「がん」に関する研究に精力的に取り組まれています。第9回オープンセミナーでは、「耳道の外科」をテーマに、基本的手術手技を中心にご講演いただきます。第10回オープンセミナーでは、「われわれは何を標的とすべきか? 〜獣医がん診断・治療の今とこれから〜」をテーマに、獣医におけるがん特異的分子を用いた診断・治療の現状および今後の展望についてご講演いただきます。中川先生の講演を拝聴できることは、とても貴重な機会ですので、学部生、大学院生および教員の皆様はもちろんですが、獣医臨床センターのスタッフの皆様(外部の先生含む)の積極的な聴講を期待しています。

なお第9回のセミナー終了後、カフェテリアにて軽く飲食しながらの講師を囲んだ談話会(1時間程度、参加費無料)を開催いたします(協賛:獣医学友会振興基金)日本を代表する獣医外科医と意見交換できるまたとない機会ですので、是非、ご参加いただけますようお願いいたします。

 

連絡先:獣医外科学教室

秋吉秀保(内線3207)

E-mail: akiyoshi@vet.osakafu-u.ac.jp

                                    主催:獣医臨床教育充実事業(つばさ基金)     

                                    協賛:獣医学友会振興基金、先端獣医療コンソーシアム

獣医学専攻大学院演習

日時:平成31年1月21日(月)13:00〜

会場:第三講義室

 

 

13:00〜13:40 <獣医臨床科学特別研究F(中間発表)>

演題:我が国におけるイヌ用フードおよびトリーツのサルモネラ属菌汚染状況調査

演者:湯川 尚一郎(特殊診断治療学教室)

獣医学専攻大学院演習

日時:平成30年11月26日(月)13:00〜

会場:第三講義室

 

 

13:00〜13:40<獣医臨床科学特別研究F(中間発表)>

演題:イヌの乳腺腫瘍におけるHSP110の発現動態の解析

演者:岡田 悟(獣医内科学教室)

 

13:40〜14:20 <獣医臨床科学特別研究F(中間発表)>

演題:日本の野生動物における6種の犬ウイルスに対する抗体の保有状況

演者:青木 恵美子(獣医内科学教室)

 

14:20〜14:30  休憩

 

14:30〜15:10 <獣医環境科学特別研究F(中間発表)>

演題:Effects of piperine, an active ingredient of white pepper, on growth, virulence expression and biofilm formation in Vibrio cholerae

演者:Goutham B. Manjunath(獣医国際防疫学教室)

 

15:10〜15:50<獣医臨床科学特別研究F(中間発表)>

演題:Improvement of technologies for the in vitrodevelopment of cat embryo(ネコ体外受精卵作製技術の改良に関する研究)

演者:ALAM Md Emtiaj(細胞病態学教室)

 

前へ12345次へ