准教授 東 泰孝

AZUMA Yasu-Taka

所属:動物構造機能学分野・統合バイオ機能学講座・応用薬理学教室

 

学位 博士(歯学)
最終学歴 摂南大学大学院薬学研究科博士前期課程
専門分野 薬理学、免疫学、生理学
学部担当授業科目 獣医薬理学,神経内分泌学,獣医薬理学実習
大学院担当授業科目 統合バイオ機能学特別講義B
オフィスアワー 水曜日(12:00〜13:00) <りんくう・B407>
メールアドレス
ウェブサイト http://www.vet.osakafu-u.ac.jp/pham/東/

 

研究紹介

消化管は食物だけでなくそれらに含まれる細菌やウイルスなどの異物と常に接触しているが,腸組織にはマクロファージあるいは樹状細胞などによる感染防御機構が存在する。食物を輸送する消化管,同時に異物と常に接触する消化管,これら両者を結びつけて,感染成立における平滑筋運動の役割を解明し,神経系による運動調節とサイトカインによる感染防御のクロストークを追求している。

キーワード

消化管免疫,炎症性腸疾患,平滑筋運動と炎症

主な著書・論文

  1. Y.T. Azuma, K. Hagi, N. Shintani, M. Kuwamura, H. Nakajima, H. Hashimoto, A. Baba and T. Takeuchi (2008) PACAP provides colonic protection against dextran sodium sulfate induced colitis. J. Cell. Physiol. 216(1), 111-119.
  2. E.H. Tran, Y.T. Azuma, M. Chen, C. Weston, R.J. Davis and R.A. Flavell (2006) Inactivation of JNK1 enhances innate IL-10 production and dampens autoimmune inflammation in the brain. Proc. Natl. Acad. Sci. USA. 103(36), 13451-13456.
  3. O. Schulz, S.S. Diebold, M. Chen, T.I. Näslund, M.A. Nolte, L. Alexopoulou, Y.T. Azuma, R.A. Flavell, P. Liljeström and C. Reis e Sousa (2005) Toll-like receptor 3 promotes cross-priming to virus-infected cells. Nature 433(7028), 887-892.
  4. T. Fujita, Y. Azuma, R. Fukuyama, Y. Hattori, C. Yoshida, M. Koida, K. Ogita and T. Komori (2004) Runx2 induces osteoblast and chondrocyte differentiation and enhances their migration by coupling with PI3K-Akt signaling. J. Cell Biol. 166(1), 85-95.
  5. Y. Azuma, K. Watanabe, M. Date, M. Daito and K. Ohura (2004) Possible involvement of p38 in mechanisms underlying acceleration of proliferation by 15-deoxy-Δ12,14-prostaglandin J2 and the precursors in leukemia cell line THP-1. J. Pharmacol. Sci. 94(3), 261-270.

 

所属学会(役員、委員等)

  1. 日本薬理学会(評議員)
  2. 日本消化器免疫学会

 

受賞歴

  1. 2006年 第141回日本獣医学会大会長賞
  2. 2009年 第147回日本獣医学会大会長賞

詳細は大学HPの「教員活動情報」をご覧ください