准教授 古家 優

FURUYA Masaru

所属:獣医臨床科学分野・高度医療学講座・獣医内科学教室

 

学位  博士(獣医学)
最終学歴  大阪府立大学大学院 生命環境科学研究科博士課程修了
専門分野  臨床獣医学
学部担当授業科目  先端的小動物臨床学B
大学院担当授業科目
オフィスアワー  月曜日(12:00-13:00) <りんくう・D406>
メールアドレス  furuya@vet.osakafu-u.ac.jp
ウェブサイト

 

研究紹介

近年ますます増加傾向にある伴侶動物の腫瘍性疾患を対象に研究を行っている。特に、獣医学領域では解析が進んでいない癌抗原の探索に重点を置き、特異的抗 原を同定・解析することで新規の診断法や治療法の開発を目指している。また、伴侶動物の皮膚疾患および自己免疫疾患における病態の解析を行い、診断法・治 療法の開発にも取り組んでいる。

キーワード

癌抗原 皮膚疾患 自己免疫性疾患

 

主な著書・論文

  1. Furuya M, Adachi K, Kuwahara S, Ogawa K, Tsukamoto Y. 2006
    Inhibition of male chick phenotypes and spermatogenesis by Bisphenol-A. Life Sci. 78(15):1767-76.
  2. Tsukamoto Y, Tsuchiya S, Namikawa T, Tatesaki R, Adachi K, Hiroi S, Furuya M, Sari DK, Kotani T. 2006
    Expression of calbindin-D28K in sporadic nephroblastomas of the chicken. Avian Dis. 50(1):127-30.
  3. Kohama K, Tsukamoto Y, Furuya M, Okamura K, Tanaka H, Miki N, Taira E. 2005
    Molecular cloning and analysis of the mouse gicerin gene. Neurochem Int. 46(6):465-70.
  4. Tsukamoto Y, Egawa M, Hiroi S, Furuya M, Tsuchiya S, Sasaki F, Miki N, Taira E. 2003
    Gicerin, an Ig-superfamily cell adhesion molecule, promotes the invasive and metastatic activities of a mouse fibroblast cell line. J Cell Physiol. 197(1):103-9.
  5. Furuya M, Sasaki F, Hassanin AM, Kuwahara S, Tsukamoto Y. 2003
    Effects of bisphenol-A on the growth of comb and testes of male chicken. Can J Vet Res. 67(1):68-71.

 

所属学会(役員、委員等)

  1. 日本獣医学会
  2. 日本獣医師会
  3. 日本獣医がん学会

 

受賞歴

詳細は大学HPの「教員活動情報」をご覧ください