教授 長谷川 貴史

HASEGAWA Takashi

所属:獣医臨床科学分野・高度医療学講座・特殊診断治療学教室

 

学位  農学博士
最終学歴  東京大学大学院
専門分野  臨床獣医学
学部担当授業科目  診断治療学総論,特殊診断治療学
大学院担当授業科目  高度医療学特別講義C
オフィスアワー  (15:00〜16:00) <りんくう・D419>
メールアドレス
ウェブサイト

 

研究紹介

獣医領域における眼科・神経・整形外科疾患を中心に,それら疾患の診断・治療法の開発・改良,ならびに病態解析を実施している。眼科領域では,超音波生体 顕微鏡を用いた緑内障の病態解析と診断・治療法の改良、網膜電位図に及ぼす麻酔薬の影響と低侵襲性ERG検査法の検討,角膜潰瘍の診断・治療法の改良,症 例検討等である。神経系では脳神経外科手技の改良と症例検討を,整形外科領域では骨折の治療手技改良,骨系腫瘍の予後判定に関する検討,症例検討である。 なお、今後は、いずれの領域においても骨髄幹細胞を用いた再生医療の研究を追加・推進していく予定である。

キーワード

獣医眼科学,獣医神経学,獣医整形外科学,獣医外科学

 

主な著書・論文

  1. Urakawa, T., Nukuzuma, C., Ohtsuka, K., Kawata, M., Shibazaki, A., Hasegawa, T., and Katamoto, H. 2006. Effects of experimental hyperthermia on biodynamics and immunity in dogs and cats. Jpn. J. Hyperthermic Oncol. 22 : 35 – 48.
  2. Hasegawa, T., Taura, Y., Kido, Y., Shibazaki, A., and Katamoto, H. 2005. Surgical management of combined hydrocephalus, syringohydromyelia and ventricular cyst in a dog. J. Am. Anim. Hosp. Assoc. 41 : 267 – 272.
  3. Hasegawa, T., Yoshida, Y., Kosuge, J., Haga, T., Goto, Y., Shinjo, T., Uchida, K., Yamaguchi, R., Tateyama, S., and Takatori, K. 2005. Subcutaneous granuloma associated with Macrophomina species infection in a cat. Vet. Record 156 : 23 – 24.
  4. Suzuki, M., Uchida, K., Morozumi, M., Hasegawa, T., Yanai, T., Nakayama, H., and Tateyama, S. 2003. A comparative pathological study on canine necrotizing meningoencephalitis and granulomatous meningoencephalomyelitis. J. Vet. Med. Sci. 65 : 1233 – 1239.
  5. Hasegawa, T., Doki, K., and Yanase, J. 2001. Long-term management of a glaucomatous eye in a dog treated with medical therapy alone. J. Vet. Med. Sci. 63 : 1323 – 1325.

 

所属学会(役員、委員等)

  1. 日本獣医学会(評議員)
  2. 獣医麻酔外科学会
  3. 日本獣医画像診断学会(評議員)
  4. 日本獣医循環器学会(評議員)
  5. 比較眼科学会(評議員)
  6. 動物臨床医学会(評議員)
  7. 獣医神経病学会(評議員)
  8. 日本獣医皮膚科学会(大学オーガナイザー)
  9. 日本獣医腎泌尿器学会
  10. 日本小動物獣医学会
  11. American Animal Hospital Association

 

受賞歴

  1. 平成20年度日本小動物獣医学会(近畿)奨励研究褒章

詳細は大学HPの「教員活動情報」をご覧ください