准教授 鳩谷 晋吾

HATOYA Shingo

所属:獣医臨床科学分野・先端病態解析学講座・細胞病態学教室

 

学位  獣医学博士
最終学歴  大阪府立大学大学院博士課程修了
専門分野  臨床獣医学
学部担当授業科目  細胞病態学実習,応用動物科学B, 生物学実験
大学院担当授業科目
オフィスアワー  金曜日(12:00〜13:00) <りんくう・C412>
メールアドレス  hatoya@vet.osakafu-u.ac.jp
ウェブサイト  http://www.vet.osakafu-u.ac.jp/cell/

 

研究紹介

イヌおよびネコにおける再生獣医療を実現するためのES細胞の樹立イヌとネコにおける体外受精技術の開発
小動物の血液疾患における診断・治療法の開発

キーワード

ES細胞、再生獣医療、体外受精、血液

 

主な著書・論文

  1. Hatoya S, Sugiyama Y, Nishida H, Okuno T, Torii R, Sugiura K, Kida K, Kawate N, Tamada H, Inaba T.2009.Canine oocyte maturation in culture: significance of estrogen and EGF receptor gene expression in cumulus cells. Theriogenology.71(4)(560-567).
  2. Hatoya S, Sugiyama Y, Torii R, Wijewardana V, Kumagai D, Sugiura K, Kida K, Kawate N, Tamada H, Sawada T, Inaba T. 2006. Effect of co-culturing with embryonic fibroblasts on IVM, IVF and IVC of canine oocytes. Theriogenology. 66(5):(1083-1090).
  3. Hatoya S, Torii R, Wijewardana V, Kumagai D, Sugiura K, Kawate N, Tamada H, Sawada T, Inaba T.2006. Induction of fertile oestrus in bitches by an intranasal spray of gonadotrophin-releasing hormone agonist. Vet Rec. 158(11):(378-379).
  4. Hatoya S, Torii R, Kondo Y, Okuno T, Kobayashi K, Wijewardana V, Kawate N, Tamada H, Sawada T, Kumagai D, Sugiura K, Inaba T. 2006 Isolation and characterization of embryonic stem-like cells from canine blastocysts. Mol Reprod Dev. 73(3):(298-305).

 

所属学会(役員、委員等)

  1. 日本獣医学会
  2. 日本再生医療学会

 

受賞歴

  1. 2002年3月 日本獣医師会長賞(成績優秀者)
  2. 2006年3月 第141回日本獣医学会 獣医学奨励賞
  3. 2006年3月 第141回 日本獣医学会 大会長賞
  4. 2006年3月 学長顕彰(大阪府立大学)

詳細は大学HPの「教員活動情報」をご覧ください