准教授 日根野谷 淳

HINENOYA Atsushi

所属:獣医環境科学分野・感染症制御学講座・獣医国際防疫学教室

 

学位 獣医学博士
最終学歴 大阪府立大学大学院生命環境科学研究科博士課程
専門分野 基礎医学・細菌学(含真菌学)
学部担当授業科目 獣医寄生虫学実習
大学院担当授業科目 獣医環境科学特別演習A
オフィスアワー 月〜金曜日(12:00-13:00) <りんくう・C505>
メールアドレス hinenoya@vet.osakafu-u.ac.jp
ウェブサイト http://www.vet.osakafu-u.ac.jp/intpre/

 

研究紹介

病原性細菌は様々な毒素を産生し、我々ヒトや動物に多様な疾患を招く。消化器疾患や尿路疾患を呈したヒトや動物から分離される大腸菌が産生する毒素として細胞膨化致死毒素(CDT)が発見され、現在までにアミノ酸配列の違いにより少なくとも5タイプが報告されている。また、CDTは大腸菌だけでなくキャンピロバクター属菌、赤痢菌、軟性下疳菌、歯周病菌など公衆衛生上問題となっている様々な細菌が産生することも報告されている。更に、標的細胞の核内に移行してDNAを傷害することから、細菌が産生する唯一のGenotoxinであることも報告されているが、毒性発現機構や病原性への関与については未だ明らかにはされていない。大腸菌が産生するCDTを材料として、CDTの標的細胞レセプターへの結合→細胞内への移行→毒性発現の一連のメカニズムを解析し、またヒトや家畜、伴侶動物をターゲットにして分子疫学的に解析し、病態への関わり、多くの病原細菌が共通して産生するCDTの役割解明を目指す。

キーワード

人獣共通感染症、分子疫学、下痢病原性大腸菌、細胞膨化致死毒素

主な著書・論文

  1. A. Hinenoya, A. Naigita, K. Ninomiya, M. Asakura, K. Shima, K. Seto, T. Tsukamoto, T. Ramamurthy, S. M. Faruque, S. Yamasaki. 2009. Prevalence and characteristics of cytolethal distending toxin-producing Escherichia coli from children with diarrhea in Japan. Microbiol. Immunol. 53:206-215
  2. K. Shima, N. Kawamura, A. Hinenoya, N. Sugimoto, Y. Wu, M. Asakura, K. Nishimura, G.B. Nair, S. Yamasaki. 2008. Rapid culture-free identification and molecular typing of Shiga toxin-producing Escherichia coli by PCR-RFLP. Microbiol. Immunol. 52:310-313
  3. M. Asakura, W. Samosornsuk, A. Hinenoya, N. Misawa, K. Nishimura, A. Matsuhisa, S. Yamasaki. 2008. Development of a cytolethal distending toxin (cdt) gene-based species-specific multiplex PCR assay for the detection and identification of Campylobacter jejuni, Campylobacter coli and Campylobacter fetus. FEMS Immunol. Med. Microbiol. 52:260-266
  4. M. Asakura, A. Hinenoya, M. S. Alam, K. Shima, S. H. Zahid, L. Shi, N. Sugimoto, A. N. Ghosh, T. Ramamurthy, S. M. Faruque, G. B. Nair, S. Yamasaki. 2007. An inducible lambdoid prophage encoding cytolethal distending toxin (Cdt-I) and a type III effector protein in enteropathogenic Escherichia coli. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 104:14483-14488
  5. A. Hinenoya, A. Nagita, M. Asakura, T. Tsukamoto, T. Ramamurthy, G. B. Nair, Y. Takeda, S. Yamasaki. 2007. Cytolethal distending toxin (Cdt)-producing Escherichia coli isolated from a child with bloody diarrhea in Japan. Microbiol. Immunol. 51:435-438

 

所属学会(役員、委員等)

  1. 日本獣医学会(会員)
  2. 日本細菌学会(会員)
  3. アメリカ微生物学会(会員)
  4. 毒素シンポジウム(会員)

 

受賞歴

詳細は大学HPの「教員活動情報」をご覧ください