教授 三宅 眞実

MIYAKE Masami

所属:獣医環境科学分野・生体環境制御学講座・獣医公衆衛生学教室

 

学位 医学博士
最終学歴 大阪大学大学院医学研究科
専門分野 細菌学
学部担当授業科目 獣医公衆衛生学A・B、食品衛生学、食品衛生管理学
大学院担当授業科目 生体環境制御学特別講義B
オフィスアワー 月〜金(12:00〜13:00) <りんくう・D521>
メールアドレス mami@vet.osakafu-u.ac.jp
ウェブサイト http://www.vet.osakafu-u.ac.jp/pub/

 

研究紹介

食中毒の原因細菌を研究材料として、細菌感染の分子メカニズムを解析している。特に、菌がどのようなメカニズムで宿主細胞機能障害を引きおこすのか、一連の過程をまず分子レベルで理解した後、感染というマクロな現象を俯瞰することを目ざしている。現在、腸管病原性大腸菌が宿主細胞を認識し、その認識情報を自らへフィードバックするセンサーシステムについて研究を進めている。

キーワード

分子細菌学、宿主寄生体相互作用、食中毒、ズーノーシス

主な著書・論文

  1. Miyake, M., S. Sakane, C. Kobayashi, M. Hanajima-Ozawa, A. Fukui, S. Kamitani, and Y. Horiguchi. 2008. A colorimetric assay for studying effector secretion through the bacterial type III secretion system. FEMS microbiology letters 278:36-42.
  2. Hanashima, T., M. Miyake, K. Yahiro, Y. Iwamaru, A. Ando, N. Morinaga, and M. Noda. 2008. Effect of Gb3 in lipid rafts in resistance to Shiga-like toxin of mutant Vero cells. Microb Pathog 45:124-133.
  3. Kitadokoro, K., S. Kamitani, M. Miyazawa, M. Hanajima-Ozawa, A. Fukui, M. Miyake, and Y. Horiguchi. 2007. Crystal structures reveal a thiol protease-like catalytic triad in the C-terminal region of Pasteurella multocida toxin. Proc Natl Acad Sci U S A 104:5139-5144.
  4. Hanajima-Ozawa, M., T. Matsuzawa, A. Fukui, S. Kamitani, H. Ohnishi, A. Abe, Y. Horiguchi, and M. Miyake. 2007. Enteropathogenic Escherichia coli, Shigella flexneri, and Listeria monocytogenes recruit a junctional protein, zonula occludens-1, to actin tails and pedestals. Infect Immun 75:565-573.
  5. Miyake, M., M. Hanajima, T. Matsuzawa, C. Kobayashi, M. Minami, A. Abe, and Y. Horiguchi. 2005. Binding of intimin with Tir on the bacterial surface is prerequisite for the barrier disruption induced by enteropathogenic Escherichia coli. Biochem Biophys Res Commun 337:922-927.

 

所属学会(役員、委員等)

  1. 日本細菌学会(評議員)
  2. 日本獣医学会
  3. 日本分子生物学会
  4. 日本食品微生物学会
  5. American Society for Microbiology

 

受賞歴

詳細は大学HPの「教員活動情報」をご覧ください