教授 森山 光章

MORIYAMA Mitsuaki

所属:動物構造機能学分野・統合バイオ機能学講座・統合生理学教室

 

学位 博士(獣医学)
最終学歴 大阪府立大学大学院農学研究科博士課程中退
専門分野 基礎獣医学 獣医生理学
学部担当授業科目 獣医生理学実習,生体機能学実習
大学院担当授業科目 動物構造機能学特別演習A
オフィスアワー 月曜日(12:00〜13:00) <りんくう・A409>
メールアドレス moriyama@vet.osakafu-u.ac.jp
ウェブサイト http://www.vet.osakafu-u.ac.jp/phys/

 

研究紹介

肝臓は生体内でのアミノ酸代謝の結果生じるアンモニアの処理(無毒化)に中心的な役割を果たす器官である。正常時または種々の病態時に生体がどのようにアミノ酸やアンモニアの代謝を変化させているのか,その調節機構の解明を目指して,肝臓のみならず,脳,腎臓,消化管,筋肉の窒素代謝変化を解析している。現在,尿素サイクル酵素の遺伝子ノックアウトマウスを用いて主に肝臓灌流法により検討を進めている。

キーワード

アミノ酸代謝,尿素サイクル,臓器相関,臓器灌流

主な著書・論文

  1. Jayakumar, A. R., Liu, M., Moriyama, M., Ramakrishnan, R., Forbush B. 3rd, Reddy, P. V. B., Norenberg, M. D. Na-K-Cl cotransporter-1 in the mechanism of ammonia-induced astrocyte swelling. J. Biol. Chem., 283: 33874-33882 (2008).
  2. Sinke, A. P., Jayakumar, A. R., Panickar, K. S., Moriyama, M., Reddy, V. B., Norenberg M. D. NFkB in the mechanism of ammonia-induced astrocyte swelling in culture. J. Neurochem., 106: 2302-2311 (2008).
  3. Saheki, T., Iijima, M., Li, M. X., Kobayashi, K., Horiuchi, M., Ushikai, M., Okumura, F., Meng, X. J., Inoue, I., Tajima, A., Moriyama, M., Eto, K., Kadowaki, T., Sinasac, D. S., Tsui, L-C., Tsuji, M., Okano, A., Kobayashi, T. Citrin/mitochondrial glycerol- 3-phosphate dehydrogenase double knock-out mice recapitulate features of human citrin deficiency. J. Biol. Chem., 282: 25041-25052 (2007).
  4. Moriyama, M., Li, M. X., Kobayashi, K., Sinasac, D. S., Kannan, Y., Iijima, M., Horiuchi, M., Tsui, L-C., Tanaka, M., Nakamura, Y., Saheki, T. Pyruvate ameliorates the defect in ureogenesis from ammonia in citrin-deficient mice. J. Hepatol., 44: 930- 938 (2006).
  5. Sinasac, D. S., Moriyama, M., Jalil, M. A., Begum, L., Li, M. X., Iijima, M., Horiuchi, M., Robinson, B. H., Kobayashi, K., Saheki, T., Tsui, L-C. Slc25A13- knockout mice display metabolic deficits but fail to show signs of adult-onset type II citrullinemia (CTLN2). Mol. Cell. Biol., 24: 527-536 (2004).

 

所属学会(役員、委員等)

  1. 日本獣医学会(評議員)
  2. 日本生化学会
  3. 日本生理学会

 

受賞歴

詳細は大学HPの「教員活動情報」をご覧ください