准教授 中島 崇行

NAKAJIMA Takayuki

所属:動物構造機能学分野・統合生体学講座・獣医解剖学教室

 

学位 博士(獣医学)
最終学歴 岐阜大学(連合獣医学研究科)
専門分野 解剖学・神経科学
学部担当授業科目 獣医組織学、獣医解剖学、獣医解剖学実習
大学院担当授業科目 統合生体学特別講義A
オフィスアワー 金曜日(16:00~17:00) <りんくう・B512>
メールアドレス
ウェブサイト http://www.vet.osakafu-u.ac.jp/anat/

 

研究紹介

虚血とは組織への血液供給が途絶えた状態のことを言う。脳が虚血状態になって起こる病気の代表例が脳梗塞である。脳の神経細胞は虚血に対して、非常に弱く、数分間虚血に陥っただけで死滅してしまうものもある。ところが、神経細胞に、あらかじめ死なない程度の弱い虚血を経験させておくと、その後、本来は死滅してしまうような虚血に陥ったとしても、死なずに生き残るようになる。この現象は、虚血耐性現象と呼ばれている。虚血耐性現象のメカニズムの解明は、神経細胞を虚血から救うための薬剤の開発につながると思われる。脳虚血モデルラットを用いた実験により虚血耐性現象のメカニズムの解明を行っている。

キーワード

虚血耐性,神経細胞死,脳虚血モデル

主な著書・論文

  1. Saitoh, T., Nakajima, T., Takahashi, T.& Kawahara, K. 2006. Changes in cardiovascular function on treatment of inhibitors of apoptotic signal transduction pathways in left ventricular remodeling after myocardial infarction.Cardiovasc. Pathol. 15:130-138.
  2. . Kawahara, K., Hachiro, T., Yokokawa, T., Nakajima, T.,Yamauchi, Y.& Nakayama, Y. 2006. Ischemia/reperfusion-induced death of cardiac myocytes: possible involvement of nitric oxide in the coordination of ATP supply and demand during ischemia. J. Mol. Cell. Cardiol. 40:35-46.
  3. Nakajima, T., Wakasa T., Okuma Y., Inanami O., Nomura Y., Kuwabara M.& Kawahara K. 2006. Dual inhibition of protein phosphatase-1/2A and calpain rescues nerve growth factor-differentiated PC12 cells from oxygen-glucose deprivation-induced cell death. J. Neurosci. Res. 83:459-468.
  4. Tanaka, T., Kawahara, K., Hosoya, R., Kosugi, T., Nakajima, T. & Yamada, T. 2005. Ouabain-induced reversal of astrocytic GLT-1 crusial to neuronal death in neuron/astrocyte co-cultures. Neurosci. Res. Commun. 35:150-163.
  5. Kosugi, T., Kawahara, K., Yamada, T., Nakajima, T. & Tanaka, M. 2005. Functional Significance of the Preconditioning-induced Down-regulation of Glutamate Transporter GLT-1 in Neuron/astrocyte Co-cultures. Neurochem. Res. 30:1109-1116.

 

所属学会(役員、委員等)

  1. 日本獣医学会
  2. 日本病態生理学会
  3. 日本解剖学会

 

受賞歴

詳細は大学HPの「教員活動情報」をご覧ください