教授 笹井 和美

SASAI Kazumi

所属:獣医臨床科学分野・高度医療学講座・獣医内科学教室

 

学位  農学博士
最終学歴  大阪府立大学 農学研究科 博士後期課程修了
専門分野  獣医内科学
学部担当授業科目  獣医内科学A、獣医内科学B、獣医内科臨床
大学院担当授業科目  獣医臨床科学特別演習(A-C)、獣医臨床科学特別研究(A-H)、高度医療学特別講義A
オフィスアワー  水曜日以外の平日(12:30〜13:30) <りんくう・D408>
メールアドレス  ksasai@vet.osakafu-u.ac.jp
ウェブサイト  http://www.vet.osakafu-u.ac.jp/int/

 

研究紹介

小動物皮膚疾患発生メカニズムを免疫学的手法を用いて解析している。また,人獣共通感染性を持つ消化管寄生原虫,特にクリプトスポリジウムの鑑別診断法の 開発,および,野生動物における疫学調査に取り組んでいる。更に,鶏消化管寄生原虫症であるコクシジウムの宿主免疫を惹起する抗原をモノクローナル抗体を 用いて解析している。

キーワード

(1)アレルギー性皮膚疾患の発症機序に関する研究、(2)人と動物の共通感染症の鑑別診断に関する研究、(3)モノクローナル抗体を用いた抗原解析、(4)クリプトスポリジウム、(5)コクシジウム、(6)サルモネラ

 

主な著書・論文

  1. Toyota-Hanatani Y, Kyoumoto Y, Baba E, Ekawa T, Ohta H, Tani H, Sasai K. 2009. Importance of subunit vaccine antigen of major Fli C antigenic site of Salmonella enteritidis II: a challenge trial. Vaccine. 27(11):1680-4.
  2. Toyota-Hanatani Y, Ekawa T, Ohta H, Igimi S, Hara-Kudo Y, Sasai K, Baba E. 2009. Public health assessment of Salmonella enterica serovar enteritidis inactivated-vaccine treatment in layer flocks. Appl Environ Microbiol. 75(4):1005-10.
  3. Matsubayashi M, Nagano S, Kita T, Narushima T, Kimata I, Iseki M, Hajiri T, Tani H, Sasai K, Baba E. 2008. Genetical survey of novel type of Cryptosporidium andersoni in cattle in Japan. Vet Parasitol. 158(1-2):44-50.
  4. Sasai K, Fetterer RH, Lillehoj H, Matusra S, Constantinoiu CC, Matsubayashi M, Tani H, Baba E. 2008. Characterization of monoclonal antibodies that recognize the Eimeria tenella microneme protein MIC2. J Parasitol. 94(6):1432-4.
  5. Sasai K, Katoh M, Fujita D, Yamashita M, Constantinoiu CC, Matsubayashi M, Tani H, Baba E. 2007. Monoclonal antibodies for the diagnosis of canine mastocytoma. Hybridoma (Larchmt). 26(3):162-7.

 

所属学会(役員、委員等)

  1. 日本獣医学会(評議員)
  2. 日本獣医師会(評議員)
  3. 日独原虫病協会(評議員)
  4. 野生動物医学会
  5. The American Society of Parasitologists
  6. The Poultry Science Association

受賞歴

  1. 大阪府獣医師会会長賞 (2005)
  2. 大阪府獣医師会 中村賞 (2007)

詳細は大学HPの「教員活動情報」をご覧ください