教授 山崎 伸二

YAMASAKI Shinji

所属:獣医環境科学分野・感染症制御学講座・獣医国際防疫学教室

 

学位 医学博士(京大)
最終学歴 京都大学大学院医学研究科博士課程中退
専門分野 細菌学
学部担当授業科目 獣医細菌学、獣医国際防疫学、感染症制御学
大学院担当授業科目 感染症制御学特別講義C
オフィスアワー 月〜金曜日(12:00〜13:00) <りんくう・C506>
メールアドレス shinji@vet.osakafu-u.ac.jp
ウェブサイト http://www.vet.osakafu-u.ac.jp/intpre/

 

研究紹介

水や食品を介して人や動物に感染する病原細菌について,病原性や薬剤耐性と関係あるの遺伝子を解析し,遺伝子レベルで簡便・迅速な診断法や分子疫学的解析法の開発を行っている。また,細菌が産生する病原因子や特異抗原を解析し,病態発症機序の解明や免疫学的手法に基づく簡便・迅速な診断法,治療法や予防法の開発研究を行っている。具体的には,腸管出血性大腸菌,赤痢菌,カンピロバクター属細菌,ビブリオ属細菌を対象としている。

キーワード

食の安全,人獣共通感染症,薬剤耐性菌,分子疫学

主な著書・論文

  1. Okazaki, K., M. Asakura, N. Sugimoto, A. Hinenoya, and S. Yamasaki. Candida albicans, Cryptococcus neoformans or Aspergillus fumigatus induces an antifungal activity in mouse serum, which is different from transferrin. J Vet Med Sci in press.
  2. Hinenoya, A., A. Nagita, K. Ninomiya, M. Asakura, K. Shima, K. Seto, T. Tsukamoto, T. Ramamurthy S.M. Faruque, and S. Yamasaki. 2009. Prevalence and characteristics of cytolethal distending toxin (Cdt)-producing Escherichia coli from children with diarrhea in Japan., Microbiol Immunol 53: 206-15.
  3. Asakura, M., W. Samosornsuk, A. Hinenoya, N. Misawa, K. Nishimura, A. Matsuhisa, and S. Yamasaki. 2008. Development of a cytolethal distending toxin (cdt) gene-based species-specific multiplex PCR assay for the detection of cdt genes in Campylobacter jejuni, Campylobacter coli and Campylobacter fetus. FEMS Immunol Med Microbiol 52: 260-5.
  4. Asakura, M., A. Hinenoya, M.S. Alam, K. Shima, S.H. Zahid, L. Shi, N. Sugimoto, A.N. Ghosh, T. Ramamurthy, S.M. Faruque, G.B. Nair and S. Yamasaki. 2007. An inducible lambdoid prophage encoding Cytolethal Distending Toxin (CDT-I), and a Type III effector protein in enteropathogenic Escherichia coli. Proc Natl Acad Sci USA 104: 14483-8.
  5. 山崎伸二:腸管出血性大腸菌(O157を中心に)、食中毒予防必携、第2版、社団法人 日本食品衛生協会、89-97, 2007.
  6. Shima, K., Y. Wu, N. Sugimoto, M. Asakura, K. Nishimura, and S. Yamasaki. 2006. Comparison of the PCR-restriction fragment length polymorphism (PCR-RFLP) to pulsed-field gel electrophoresis: effect of repeated subculture and prolonged storage on RFLP patterns of Shiga toxin-producing Escherichia coli O157:H7. J Clin Microbiol 44: 3963-8.

 

所属学会(役員、委員等)

  1. 日本細菌学会(理事・評議員)
  2. (評議員)
  3. 日本獣医学会(評議員)
  4. 腸管出血性大腸菌感染症シンポジウム(事務局・世話人)
  5. 日本カンピロバクター研究会(世話人)
  6. 日本小児消化管感染症研究会(世話人)
  7. 日米医学協力研究会・コレラ及び関連腸管感染症菌部会(研究員)
  8. American Society for Microbiology
  9. 日本生化学会
  10. 日本獣医師会
  11. 日本感染症学会
  12. 感染性腸炎研究会
  13. 毒素シンポジウム
  14. 腸炎ビブリオシンポジウム
  15. 食の安全を確保するための微生物検査協議会

 

受賞歴

詳細は大学HPの「教員活動情報」をご覧ください