お知らせ

category

獣医臨床センターで発生した獣医療事故にかかる再発防止の取り組みについて

2018年12月4日、手術前の麻酔管理ミスによりゴールデンレトリーバー犬が死亡するという重大な獣医療事故が発生しました。
>>2018年12月14日付けでHPに掲載

当センターといたしましては、二度とこのような事故を起こさないよう、直ちに安全管理体制の強化や事故防止対策に取り組んでまいりました。

①新たに設置した安全管理委員会において、インシデントレポートの解析、対策の立案及び実施状況の確認を行う。
②「麻酔チェックシート」を作成し、麻酔記録様式の見直しを行い、安全で適切な麻酔管理を行う。
③手術前スタッフミーティングの実施を徹底し、役割分担の再確認を行う。また、麻酔の準備、導入及び管理における現場スタッフ間の声掛け励行など、円滑なコミュ二ケーションを図ることにより、チーム医療を推進する、など。

このたび、外部有識者を含めた事故調査員会から、事故の原因と事故誘発に関連する遠因の調査結果の報告、再発防止に向けた数々の提言が行われました。
当センターとしては、この提言を真摯に受け止め、これからも改善に取り組んでいくことにより、「あんしん獣医療」を実践してまいります。

2020年2月3日
獣医臨床センター長 嶋田 照雅