お知らせ

category

田中利幸(特任臨床講師)らの論文がJournal of Feline Medicine and Surgeryに掲載されました。

「MRI findings, including diffusion-weighted imaging, in seven cats with nasal lymphoma and two cats with nasal adenocarcinoma」がJournal of Feline Medicine and Surgeryに掲載されました。

鼻腔内腫瘍の検査・診断は通常CT検査を行います。CT検査では鼻炎と腫瘍の鑑別はできますが、腫瘍の細かな鑑別はできません。腫瘍のさらなる鑑別・診断には生検を行いますが、リスクもゼロではなく、また診断がつかないこともあります。今回の論文では、鼻腔内腫瘍に対してMRI検査を実施し、拡散強調像から算出したADC値がリンパ腫の鑑別に有用であることを明らかにしました。

>>掲載された論文について、詳しくはこちら