お知らせ

category

山﨑裕毅(特任臨床講師)らの論文がVeterinary and Comparative Oncologyに掲載されました。

「Assessment of biomarkers influencing treatment success on small intestinal lymphoma in dogs」がVeterinary and Comparative Oncologyに掲載されました。

医療現場では、犬の消化管型リンパ腫の治療として外科治療または化学療法のどちらを選択するべきか判断に迷うことがあります。この研究論文では、これらを客観的に判断し、適切な治療を選択することで、患者の余命を延長できる可能性を示しております。これらの研究が近い将来に臨床現場でも適用されるように、日々医療発展を目指していきます。

>>掲載された論文について、詳しくはこちら