センターのご案内

医療コンセプト

あんしん獣医療 確実な診断と適切な治療でお届けする。獣医臨床センターは動物を愛する飼い主や獣医の皆さまへ「あんしん」をお届けすることが使命です

心:ペットや飼い主さまの気持ちを大切にします

笑顔:理解し納得いただけるよう丁寧に対応します

専門性:専門的な知識と技術で適切に治療します

実績:さまざまな病気の診断・治療の実績があります

獣医臨床センターが目指すもの。それは、大切な家族であるペットと飼い主さまに「あんしん」をお届けすること。

一つひとつの大切な命としっかり向き合い、確実な診断と適切な治療、そして入院看護にいたるまで、ホームドクターである地域の先生方と信頼関係を築きながら、二次診療施設として高度な診断や治療に取組んでいます。

難治性疾患の増加、人獣共通の感染症や生態系の変化など、近年ではより高度で専門性の高い動物医療への期待が大きくなっています。

獣医臨床センターは、複雑化する疾患の原因を徹底的に究明し、実践と研究を積み重ねた医療技術を提供することで、大切なペットと飼い主さまを全力でサポートし続けます。


獣医臨床センターは、
確実な診断と適切な治療で「あんしん獣医療」を実践しています。

当センターでは、原因の特定が難しい疾患に対してもしっかりと時間をかけて確定診断し、疾患の原因を治すための根本治療を行います。飼い主さまとの対話やホームドクターとの協力を大切に、確実な診断と適切な治療による「あんしん獣医療」の実践が、私たちの使命です。

獣医臨床センターの強み

その① 大学の高度医療

現在の獣医療では治すことが困難な病気に対して、新しい治療法を開発するために、日々研究を重ねています。第4のがん治療として注目を集める「免疫細胞療法」をはじめ、当大学が世界で最初に取組みを開始した「iPS細胞を用いた再生医療」など、国際レベルにおける最先端医療を積極的に研究。獣医療の発展及び地域医療の向上に貢献しています。

その② チーム医療

内科、外科をはじめ、繁殖診療科、放射線科、検査科などの専門分野の獣医師を中心に、各科の技術者・研究者が連携を図り、さまざまな疾患の診察や治療にあたります。
また、従来の治療に重点を置いた獣医療だけでなく、看護の視点や技術を取り入れ、栄養学や介護、リハビリテーションなど、動物看護におけるさまざまな分野を包括したチーム医療を実現しています。

その③ 安心の入院看護

入院から退院まで、ベテラン看護師が専属で担当し、看護にあたります。栄養管理はもちろん、ペットの種類や性格を把握したきめ細やかな看護と、飼い主さまとの丁寧なコミュニケーションで、初めての入院でも安心してお預けいただけます。
また、湿度・温度・酸素濃度を管理可能なICU(集中管理ユニット)を備えるとともに、大型犬種を含めた動物の体格にあった専用入院室に加え、猫専用の入院室を設けています。