獣医師・スタッフのご紹介

獣医師

教授 | 秋吉 秀保

私は軟部組織外科(消化器外科、呼吸器外科、泌尿器外科など)ならびに腫瘍外科を専門としています。正しい診断に基づいた適切な手術を行うこと、特に犬と猫に優しい手術の実施を目標に努力しています。手術に関して、何でもお気軽にご相談ください。

専門分野:
軟部組織外科 / 腫瘍外科 / インターベンショナルラジオロジー(IVR)
資格、所属学会:
日本小動物外科専門医 / 日本獣医麻酔外科学会 / 日本獣医腎泌尿器学会

教授 | 川手 憲俊

繁殖障害の新たな診断・治療・予防法の確立に向けて取り組んでいます。特に産業動物(ウシ、ブタ、ヤギ等)の生殖内分泌学を専門としており、生殖ホルモン・代謝ホルモン測定、超音波画像診断やホルモン剤による生殖機能の人為調節法を活用して家畜の生産性向上に寄与したいと考えています。

専門分野:
獣医繁殖学 / 繁殖障害の診断・治療・予防 / 産業動物(ウシ等)の生殖内分泌学
資格、所属学会:
日本獣医学会(繁殖分科会) / 日本繁殖生物学会 / 日本産業動物獣医学会

教授 | 笹井 和美

動物を愛する多くの仲間と「共生」をキーワードとして、試行錯誤する毎日が続いております。2年前から産官学連携のノウハウを学ぶため、大学と産業界の二足のわらじを履いて勉強する日が続いております。2017年に動物医療に関連する研究者、獣医師及び企業の架け橋となれるよう先端獣医療コンソーシアムを設立しました。

専門分野:
獣医内科学 / 獣医寄生虫学 / ヒトと動物の共通感染症
資格、所属学会:
獣医師・農学博士 / 日本獣医師会 / 日本獣医学会

教授 | 嶋田 照雅

病気で苦しむ動物を増やさないように、病気の発生を防ぐこと、そして病気をいかに早く発見して、悪くなる前に治療して治すことを目指しています。

専門分野:
臨床病理学 / 臨床免疫学
資格、所属学会:
日本小動物外科設立専門医 / 日本獣医学会 / 日本獣医臨床病理学会

教授 | 杉浦 喜久弥

免疫反応を利用した腫瘍の治療は、副作用が少なく、安全な治療法ですが、その効果は必ずしも優れているものではありません。従来の免疫学的手法に応用化学や分子生物学の技術を取り入れて、高い治療効果を示す新しい腫瘍免疫療法の開発に取り組んでいます。

専門分野:
腫瘍免疫治療 / 血液病
資格、所属学会:
日本獣医学会 / 日本獣医再生医療学会 / 日本免疫学会

教授 | 長谷川 貴史

現在、超音波生体顕微鏡(UBM)を用いた眼科疾患の画像診断、ならびに人工涙液製剤としてのスクワラン点眼液を用いたドライアイ/角膜障害眼への臨床応用法に関する治験を行っています。一般外来においては、眼や耳の感覚器疾患、骨折や関節疾患等の整形外科学的疾患、神経病疾患を中心に診断・治療を担当しています。

専門分野:
獣医眼科学 / 獣医整形外科学 / 神経外科学/獣医外科学
資格、所属学会:
アジア / 日本獣医眼科専門医 / 日本小動物外科設立専門医 / アジア獣医眼科学会 / 比較眼科学会

教授 | 山手 丈至

診断病理学を通じ、その情報を臨床現場に還元することで、より高度な獣医療に貢献できればと思います。

専門分野:
診断病理学 / 動物病理学 / 帰納病理学
資格、所属学会:
日本獣医病理学専門家(JCVP)・理事長・Vet Pathol編集委員長 / 日本獣医師会会員・学術雑誌編集委員 / 日本獣医学会会員・理事

准教授 | 桑村 充

バイオプシーのサンプルを中心に、動物に発生する病変を多角的に解析し、その情報を臨床に還元しています。また、動物の病気の病理発生を明らかにするため、実験病理学的な手法も用いて、病態解析を行っています。

専門分野:
獣医病理学
資格、所属学会:
日本獣医病理学会専門家協会(JCVP)会員 / 日本毒性病理学会(JSTP)認定毒性病理専門家

准教授 | 島村 俊介

一般外科診療に加え、心臓疾患の診断・治療を主に担当しています。心疾患治療においては、カテーテルを用いた低侵襲治療や不整脈に対するペースメーカー治療も行っています。

専門分野:
一般外科 / 循環器疾患
資格、所属学会:
日本獣医学会 / 日本獣医循環器学会 / 日本獣医臨床病理学会

准教授 | 谷 浩行

一般内科診療(特に皮膚疾患、内分泌疾患)に加え、循環器疾患の診療を担当しています。内科疾患の治療には、飼い主さまに病気について十分にご理解いただくことが必要です。動物を含めご家族皆さまのQOLの維持を目標に、繰り返しご説明、ご相談させていただきながら、最適な治療方針をご提案できるよう努めてまいります。

専門分野:
皮膚疾患 / 内分泌疾患 / 循環器疾患
資格、所属学会:
日本獣医学会 / 日本獣医師会 / 野生動物医学会

准教授 | 西田 英高

神経病、整形外科疾患の診断および治療に取り組んでおります。動物の寿命が延び、ヒトと同様に様々な病気になってしまうことがあります。飼い主さまに寄り添い、より良い治療を選択していただけるように心がけております。また、最新の情報に関しても積極的に取り入れております。

専門分野:
神経病 / 整形外科 / 脊椎脊髄外科
資格、所属学会:
再生医療学会 / 獣医神経病学会 / 獣医麻酔外科学会

准教授 | 野口 俊助

高齢化に伴いがんに罹患する伴侶動物は増加しています。治療が難しいがんの子たちに対して、根治や生活の質の向上を目指して日々診療しています。また、より精度の高い診断法や効果の高い治療法の確立を目指して、特に口腔内や脳のがんについて患者さんにもご協力をいただきながら研究を行っています。

専門分野:
獣医腫瘍学
資格、所属学会:
日本獣医学会 / 日本獣医がん学会 / 日本癌学会

准教授 | 鳩谷 晋吾

内科全般の知識を駆使し一般内科を担当します。特に、①原因不明の貧血やリンパ腫・白血病等の診断・治療、②エコー検査や内視鏡検査を使用した嘔吐や下痢の診断、③電解質異常や内分泌異常、不明熱などの確実な診断を行います。飼い主さまと相談し、動物にとって最善な治療方針を一緒に考えていきたいと思います。

専門分野:
血液疾患 / 消化器疾患 / 内分泌・代謝疾患
資格、所属学会:
日本獣医学会 / 日本再生医療学会 / 日本獣医師会

准教授 | 藤本 由香

チーム医療は、臨床センタースタッフ、ホームドクター、そして動物のご家族も一員となってゴールを目指すものです。
外科診療科のメンバーとして、知識をアップデートすることを日々心がけ、外科治療のより良いサポートと、そして、それぞれの病態、動物に合わせた麻酔・疼痛管理となるように努めています。

専門分野:
周術期における麻酔・疼痛管理
資格、所属学会:
日本獣医麻酔外科学会 / 日本獣医学会 / 大阪府獣医師会(日本獣医師会)

准教授 | 古家 優

原因不明の症状や病気に対して確定診断をつけ、様々な治療法を提案し、実践することをモットーとしています。特に、伴侶動物の急速な高齢化により増加した腫瘍性疾患、難治性の自己免疫疾患や消化器疾患を主体に診療しています。動物と家族が楽しく暮らせるよう、お手伝いさせて頂きます。

専門分野:
腫瘍性疾患 / 自己免疫疾患 / 消化器疾患
資格、所属学会:
日本獣医師会 / 日本獣医がん学会 / 動物臨床医学会

准教授 | 松山 聡

物言わない動物に対する獣医療の診断には様々な検査が必要です。しかし,まだまだ動物の検査データは蓄積が少なく、その中でもオーナーさまにもしっかりと安心できる検査データをお届けし、素早く確実な診断への助力になればと日々尽力する所存です。これからもよろしくお願い申し上げます。

専門分野:
腫瘍検査 / 腫瘍遺伝子発現解析 / タンパク質解析
資格、所属学会:
日本獣医学会 / 日本放射線影響学会

准教授 | 井澤 武史

動物の病気にはまだまだ未解明な謎がたくさんあります。その謎を解明し、より良い獣医療の一助となれるような病理検査を目指していきたいと考えています。

専門分野:
獣医病理学 / 毒性病理学 / 肝臓学
資格、所属学会:
日本獣医病理学専門家(Japanese College of Veterinary Pathologists; JCVP) / 日本毒性病理学専門家(Japanese Society of Toxicologic Pathology; JSTP)

助教 | 三重 慧一郎

炎症反応は、外科手術後の術創の治癒や合併症、ならびに腫瘍疾患の病態に深く関与しています。犬や猫の周術期や腫瘍疾患における炎症反応について研究することで、より安全な周術期管理法の確立やより治療効果の高い抗腫瘍療法の確立を目指しています。

専門分野:
軟部組織外科 / 腫瘍
資格、所属学会:
日本獣医学会 / 日本獣医麻酔外科学会 / 大阪府獣医師会

助教 | 酒居 幸生

内科および検査科を担当しております。動物の病気を正しく診断し、適切な治療を行うよう心掛けております。最新の知見を取り入れながら、動物とご家族の皆さまにより良い獣医療を提供したいと思います。診療においてご不明な点がございましたら、お気軽にお尋ねください。

専門分野:
腫瘍性疾患 / 消化器疾患 / 内分泌疾患

講師 | 古山 敬祐

牛の生殖工学および群管理を専門としており、牛の体外成熟・受精および牛群管理の高度化技術に関する研究を行っています。当センターでは大動物診療科を担当しています。生殖器疾患が専門ではありますが、牛、馬、豚、山羊、緬羊に関して、何かお困りの際は、気軽にご連絡ください。誠意を持って対応させていただきます。

専門分野:
産業動物臨床(特に牛の生殖器疾患) / 牛受精卵回収・移植・凍結 / 群管理(特に乳牛)
資格、所属学会:
日本獣医学会 / 日本繁殖生物学会 / 日本獣医師会 / 日本畜産学会 / 日本胚移植研究会

特任臨床講師 | 嶋崎 等

私は常々、正確な診断があってこそ良い治療が出来ると思っております。近年、獣医療界にもCT・MRIが普及してきております。そうした中、過去の経歴を活かしCT・MRIの画像診断を専門に実践しております。「見えないものは診断出来ません!」をテーマに撮影技術にも力を入れて、動物達・飼い主さまにとって有意な画像診断を目指しております。

専門分野:
画像診断 / 血管内治療(IVR)
資格、所属学会:
診療放射線技師免許取得 / 獣医画像診断学会会員 / 獣医CT・MRI研究会 会長

特任臨床講師 | 山﨑 裕毅

化学療法は、がんの種類と飼い主さまの家庭環境に応じて使用する抗がん剤を選びます。したがって、抗がん剤に対する認識に加えて、飼い主さまの在宅管理が重要となります。当センターでは服薬指導や在宅介護支援にも力を入れおります。また、新規の抗がん剤治療にも積極的に取り組んでいますので、ぜひ、一度ご相談ください。

専門分野:
獣医臨床腫瘍学(内科)
資格、所属学会:
日本獣医がん学会 / 日本獣医麻酔外科学会 / アメリカ獣医がん学会(veterinary cancer society)

特任臨床助教 | 今井 泉

獣医臨床センターのコンセプトである「あんしん獣医療」の心のケアに関連した部分を担当しております。獣医学専攻学生に向けて、家族である動物に対する飼い主の思いに寄り添う獣医師育成を目的とした獣医コミュニケーション講座を担当しています。

専門分野:
獣医コミュニケーション / グリーフケア / 医療メディエーション
資格、所属学会:
大阪府獣医師会 / 日本スピリチュアルケア学会(スピリチュアルケア師専門取得) / 日本医療メディエーター協会

特任臨床助教 | 金城 綾二

スタッフ一同協力して診療に邁進し、ご来院いただく患者さまとそのご家族さまが安心・納得を得られるよう心掛けております。お困り事やお悩みなどがございましたら、いつでもお気軽にお申し付けください。

専門分野:
内分泌疾患 / 血液疾患 / 自己免疫疾患
資格、所属学会:
大阪府獣医師会

特任臨床講師 | 田中 利幸

獣医療におけるCT・MRI検査所見に関するデータは多くありません。各疾患のデータを蓄積・解析することで、各疾患における特異所見を明らかにし、診断精度を上げていくことを目指します。

専門分野:
画像診断(CT,MRI) / 腫瘍
資格、所属学会:
大阪府獣医師会 / 日本獣医画像診断学会 / 日本獣医麻酔外科学会

特任臨床助教 | 鍋谷 知代

飼い主さまの気持ちに寄り添った診察を心がけています。診察に関わるご不安を減らすべく丁寧にご説明させていただきます。

専門分野:
消化器疾患 / 血液疾患 / 免疫疾患
資格、所属学会:
日本獣医がん学会

特任臨床助教 | 平田 翔吾

「飼い主さまが安心・納得できる診療」をモットーに診察しています。これまでたくさんの飼い主さまやそのご家族である動物たちと出会い、その診療を通して大変貴重な経験を積ませていただきました。これまでの経験で培った知識や技術を、病気の動物たちの治療に還元できるようここれからも精進してまいりたいと思います。

専門分野:
軟部組織外科疾患 / 循環器疾患
資格、所属学会:
大阪府獣医師会 / 日本獣医麻酔外科学会 / 日本獣医循環器学会

特任臨床助教 | 船山 麻理菜

診療に従事する際、常に心掛けていることは、「診断と治療は適切か」「自己満足の治療になっていないか」「飼い主さまの大切な家族に寄り添う治療ができているか」ということです。学会や院内セミナーを通して、日々進歩する獣医療を学びながら、皆さまが毎日笑顔で過ごせるように、お手伝いさせていただきたいと思います。

専門分野:
軟部組織外科 / 心臓外科
資格、所属学会:
博士(獣医学) / 日本獣医循環器学会 / 日本獣医麻酔外科学会

特任臨床助教 | 和田 悠佑

放射線治療は外科治療、抗がん剤治療と並んでがんの三大治療とされております。まだまだ馴染みのない治療に思われる方も多いと思います。些細なことでも結構ですので不明な点がございましたらお気軽にご相談ください。

専門分野:
放射線治療 / 画像診断
資格、所属学会:
日本獣医がん学会

特任臨床助教 | 田中 美有

臨床センター常駐の病理診断医として、臨床医・スタッフとのコミュニケーションを大切にし、臨床医・病理医の両方の立場からディスカッションを行うことで、病理診断の精度の向上を目指したいと考えています。

専門分野:
獣医病理学
資格、所属学会:
日本獣医病理学専門家協会 (JCVP) 会員(JCVP 認定医) / 日本獣医学会 / 日本毒性病理学会

獣医師 | 柴 康太郎

たとえ同じ病気でも、患者さんによって症状は異なりますし、合わせて治療法も変わってきます。飼い主さま、患者さんと相談しながら、その子に合った治療を一緒に進めていきたいと考えています。よくわからないこと、気になること等あれば、どんどん質問してください。よろしくお願い致します。

獣医師 | 飯盛 安真

現在の獣医療では、分からない病気、治せない病気があります。その原因を究明し、飼い主さまが動物と安心して暮らせる獣医療を提供するのが獣医師の使命であると思っています。高度医療を必要とする動物の命を一つでも多く救い、開業の先生方と共に、日本の獣医療をより良いものへと変えることを目指しています。

専門分野:
軟部外科 / 腫瘍 / 麻酔
資格、所属学会:
日本獣医麻酔外科学会 / 日本獣医がん学会 / 動物臨床医学研究会

非常勤獣医師 | 塚本 雅也

病気で苦しむ動物を救うのはもちろんですが、飼い主さまが感じておられる不安を少しでも解消できるよう、尽力したいと考えております。

専門分野:
消化器疾患

非常勤獣医師 | 駒井 仁史

循環器診療科のスタッフとして診断・治療のお手伝いをさせていただいております。循環器疾患は腫瘍や腎疾患と並び犬・猫の主な死亡原因のひとつであり、獣医療において重要な位置を占めております。まだまだわからないことやできないことは多いですが少しでも人と動物のお役に立てるように頑張っていきたいと思います。

専門分野:
循環器

獣医師 | 濱川 瑞穂

ご家族さまとその最愛の動物が幸せな生活を送れるよう尽力します。

獣医師 | 武富 愛

患者さまとそのご家族の方々が安心・納得して治療を受け、健やかに、幸せに過ごすお手伝いが出来れば、と思っております。

勤務獣医師 | 桃木 啓輔

獣医療は急速に発展しておりますが、それでも原因が分からない病気が存在します。原因がわからず、不安な思いを抱いて大学病院を受診される飼い主さまに対して、少しでもその不安を軽減できるように丁寧な説明を心掛けて診察しております。わからないことがありましたら、どんなことでも相談してください。

専門分野:
内分泌疾患 / 消化器疾患

研修獣医師 | 日下 拓哉

ペットはオーナーさまにとって、家族の一員です。
そのかけがえのない家族にとって最善の治療をオーナーさまと一緒に見つけていける獣医師を目指しております。
全身全霊を込めて診療させていただきますので、よろしくお願いいたします。

研修獣医師 | 岡田 久功

「動物にとって、ご家族にとって『最も良い獣医療』とは何か」を常に考え、提供できるよう日々精進しています。何かお困りのことやご心配なことがございましたら、いつでもお声かけください。

専門分野:
鋭意勉強中

教育アドバイザー

特任臨床教授 | 加藤 元

ダクタリ動物病院
総合院長
北海道大学
客員教授、アンバサダー
コロラド州立獣医科大学
客員教授、アンバサダー

特任臨床教授 | 松木 直章