大動物科

繁殖障害の新たな診断・治療・予防の
確立を目指しています。

牛、山羊、緬羊、豚、馬の診療(主に繁殖関連)を担当します。当センターでは、牛の繁殖学の専門医が、牛の繁殖と群管理を中心に診療いたします。

牛(往診) 繁殖検診(妊娠診断・過剰排卵処置と受精卵回収・受精卵移植を含む)および群管理(代謝プロファイルテスト等)
山羊・緬羊
(外来・往診)
去勢・断角および内外科診療
豚(外来・往診) 内外科診療
馬(外来) 外科診療(要相談)

こんな症状がみられたら要チェック!

発情が見つからない  妊娠しない  生殖器に異常がある  群を改良したい 
群の状態が悪い

取り扱う疾患

卵巣疾患、子宮疾患、精巣疾患、外部生殖器疾患、蹄疾患、寄生虫症、不妊症

主なスタッフ

私たちがあんしん獣医療をお届けします

症例・実績

下記のホームページ(獣医繁殖学教室の業績)をご覧ください。
http://www.vet.osakafu-u.ac.jp/reprod/publications/

ここが強み!
大動物科トピックス

牛・山羊の発情同期化、生殖器疾患の治療、繁殖機能抑制に関する研究を行う他、ホルモン測定やカラードップラー超音波装置による、繁殖機能診断法の開発にも取組んでいます。また、牛卵子の体外培養や牛群管理においては、ICT技術を利活用する研究にも取組んでいます。