大学院生の研究テーマ

学位取得大学院生の研究課題:

新 真智(2020年度)
Pathological studies on the modulation of chronic liver diseases by dietary iron overload using rat experimental models
(ラット実験モデルを用いた食餌性鉄過剰による 慢性肝疾患の病態修飾に関する病理学的研究)

倉持 瑞樹(2019年度)
Pathological studies on characteristics of macrophages and damage-associated molecular patterns (DAMPs) in thioacetamide-induced rat liver injury
(チオアセトアミド誘発ラット肝障害に関与するマクロファージの特徴とダメージ関連分子群に関する病理学的研究)

Rahman Nahid(2019年度)
Pathogenesis of D-galactosamine-induced rat liver failure with special emphasis on macrophages and myofibroblasts
(マクロファージと筋線維芽細胞に基づいたガラクトサミン誘発ラット肝障害の病理発生機序)

山口 達弘(2019年度)
Generation of visualizing mice of type I collagen-producing cells and application on renal fibrosis
(1型コラーゲン産生細胞可視化マウスの作製と腎線維化における応用)

古賀 真昭(2018年度)
Pathogenesis of rat myocardial fibrosis on the basis of cellular properties of macrophages and myofibroblasts
(マクロファージと筋線維芽細胞の特性に基づいたラット心筋線維化の病理発生に関する研究)

中村 隆一(2018年度)
Identification of novel pathogenic auto-antibodies of myasthenia gravis and pathologic analysis of experimental autoimmune myasthenia gravis
(重症筋無力症の病原性自己抗体の同定及び実験的自己免疫性重症筋無力症モデルの病態解析)

加藤 祐樹(2018年度)
Toxicological pathology of chemically induced injuries and tumors in rat islets based on global gene expression analysis
(網羅的遺伝子発現解析に基づいたラット膵島における薬剤誘発性傷害及び腫瘍の毒性病理学的研究)

橋本 愛(2018年度)
膵線維化におけるマクロファージ及び筋線維芽細胞の免疫表現型に関する病理学的研究
Pathological studies on immunophenotypes of macrophages and myofibroblasts in pancreatic fibrosis

見鳥 光(2018年度)
新生児ラットにおける網膜興奮毒性の病理発生に関する研究
Studies on pathogenesis of retinal excitotoxicity in neonatal rats

笠本 佐和子(2018年度)
遺伝毒性の複数エンドポイントを同時検出するための試験戦略に関する基礎研究
Basic studies on the strategy for simultaneous detection of multiple-endpoint in genotoxicity

Munmun Pervin(2017年度)
Pathological study on liver homeostasis and hepatotoxicity based on macrophage functions and autophagy in rats
(マクロファージ機能とオートファジーに基づいたラットの肝恒常性と肝毒性に関する病理学的研究)

Bondoc Alexandra Ioana(2016年度)
Characterization of rat amelanotic melanoma-derived homotransplantable tumor line and cultured cell lines, with particular reference to tumor microenvironments
(ラットの無色素性黒色腫の同系可移植腫瘍株と培養細胞株の特性、特に腫瘍微小環境について)

加藤(市川)智彩(2016年度)
Studies on the epitope of rat somatic stem cell-recognizing antibody (A3), and the participation of labeled cells in hair follicle formation and cutaneous wound healing
(ラット体性幹細胞認識抗体A3のエピトープと毛包形成及び皮膚創傷治癒におけるその標識細胞の関与に関する研究)

井澤(緒方) 敬子(2016年度)
Studies on histopathological characteristics and alterations of miRNA expression in chemically induced neurotoxicity models
(化学物質誘発性神経障害ラットモデルの病理組織学的特徴およびmiRNA発現変動に関する研究)

爰島 洋子(2016年度)
Pathological studies on dwarf rats derived from Wistar Hannover GALAS rats, with particular reference to thyroid, pituitary and bone
(Wistar Hannover GALASラット由来侏儒症ラットの病理学的研究:特に甲状腺,下垂体及び骨について)

田中 夏樹(2015年度)
Functional analyses of Ccdc85c, a causative gene for genetic hydrocephalus
(遺伝性水頭症の原因遺伝子Ccdc85cの機能解析)

穴山 久志(2015年度)
Studies on distribution and differentiation of adipose progenitor cells in rat adipose tissue
(ラット脂肪組織における前駆脂肪細胞の局在と分化に関する研究)

小寺 喬(2015年)
Pathological studies on histogenesis of stem cell-derived rat tumors, with particular references to cellular properties of malignant fibrous histiocytoma and malignant teratoma
(ラット幹細胞由来腫瘍の組織発生に関する病理学的研究:特に,悪性線維性組織球腫と悪性奇形腫の細胞生物学的特性について)

Tennakoon Mudiyanselage Anusha Hemamali Tennakoon(2014年度)
Pathological studies on myofibroblast properties in thioacetamide-induced rat liver fibrosis and cirrhosis with special emphasis on glial fibrillary acidic protein expression
(グリア線維性酸性蛋白質の発現に重点を置いたチオアセトアミド誘発ラット肝線維化と肝硬変における筋線維芽細胞の特性に関する病理学的研究)

田中 美有(2014年度)
Pathological and genetical studies on the novel myelin mutant VF rat
(新規ミエリン異常ミュータントVFラットの病理学的・遺伝学的研究)

鈴木 唯(2014年度)
Pathological study on the 5/6 nephrectomy renal failure model using common marmoset monkey (Callithrix jacchus)
(コモンマーモセットを用いた5/6腎摘出による腎障害モデルの病理学的研究)

西村(森)陽子(2014年度)
Studies on establishment of cardiotoxicity biomarkers in rats based on toxicogenomic technologies
(トキシコゲノミクス手法を用いたラットにおける心筋毒性バイオマーカーの構築に関する研究)

Rajapaksa Rathnayaka Mudiyanselage Kavindra Kumara Wijesundera(2014年度)
Pathogenesis of thioacetamide-induced rat hepatic fibrosis based on heterogeneous functions of macrophages
(マクロファージの多様な機能特性に基づいたチオアセトアミド誘発ラット肝線維化の病理発生)

柏木(山本)絵美(2013年度)
Pathological studies on regenerating renal tubules in cisplatin-induced rat renal failure, with particular references to prostaglandin E2, neutrophil gelatinase-associated lipocalin and osteopontin
(シスプラチン誘発ラット急性腎障害における再生尿細管に関する病理学的研究;特にプロスタグランジンE2、好中球ゼラチナーゼ関連リポカリン及びオステオポンチンの役割について)

湯浅 隆宏(2013年度)
Pathological studies on Thy-1-expressing cells in rat renal interstitial fibrosis, with particular relation to myofibroblast development
(ラットの腎間質線維化におけるThy-1発現細胞に関する病理学的研究:特に筋線維芽細胞形成との関連について)

近藤 千晶(2012年度)
Studies on toxicity biomarker research and usability validation based on toxicogenomic technologies: particular reference to drug-induced nephrotoxicity and myelosuppressive anemia
(トキシコゲノミクス手法を用いた毒性バイオマーカーの探索と有用性評価に関する研究:特に薬剤誘発性腎障害及び骨髄抑制性貧血について)

武田 賢和(2011年度)
Pathological studies on the property changes of corpora lutea during incomplete estrous cycle and the luteal effects of ovarian toxicants in rats
(ラットの不完全発情周期における黄体の特性変化および卵巣毒性化学物質の黄体に及ぼす影響に関する病理学的研究)

Hossain Md. Golbar(2011年度)
Pathological studies on the biliary fibrosis with special reference to macrophage properties in relation to myofibroblast development
(胆管線維症に関する病理学的研究:特に筋線維芽細胞形成との関連におけるマクロファージの特性について)

Vetnizah Juniantito(2010年度)
Pathological studies on macrophage properties in developing skin and cutaneous fibrosis in rats, with particular relation to myofibroblasts
(ラットの皮膚の発生と線維化におけるマクロファージ特性に関する病理学的研究;特に筋線維芽細胞との関連性について)

藤澤 可恵(2010年度)
Toxicologic pathological study on expression patterns of heat shock protein 25 and adipophilin in different rat hepatic failure models
(異なるラット肝障害モデルにおけるHeat shock protein 25とAdipophilinの発現動態に関する毒性病理学的研究)

井澤 武史(2009年度)
Pathological studies on the cell characteristics and roles of glial cells in myelin mutant rats
(ミエリン疾患ミュータントラットにおけるグリア細胞の特性と役割に関する病理学的研究)

小林 欣滋(2009年度)
Molecular pathological study on interstrain differences in the skeletal muscle lesions between dysferlin-deficient SJL and A/J Mice
(Dysferlinを欠損するSJLおよびA/Jマウスにおける骨格筋病変の系統間差に関する分子病理学的研究)

在籍大学院生の研究課題:

小西 静香
各種てんかんモデル動物を用いた比較病態解析

武田 周二
カナバン病モデルAspaノックアウトラットの病態解析

稲井 洋平
化合物誘発性急性肝障害における食餌性鉄過剰の病態修復メカニズム解析

仁科 嘉修
ラットの結腸の発生と線維化における体性幹細胞認識抗体(A3)陽性細胞の動態解析

沼倉 佑樹
NER(Noda epileptic rat)の候補原因遺伝子産物の脳内における発現解析

堀内貴至
慢性肝疾患の進展に関わるmicroRNAの役割