Presentations

Presentations (2005-present)

2020

  1. 東 泰孝(2020)ストレスモデルによる回腸運動減少における新規調節機構の探索. 第163回日本獣医学会学術集会、9月14日、山口.
  2. 東 泰孝(2020)IL-19による肝線維化制御の可能性について.大阪府立大学「創薬シンポジウム」、2月10日、東京都中央区.

 

2019

  1. Azuma YT, Fujimoto Y(2019)Fatty acid transport protein 1 enhances the inflammatory response in macrophages.第48回日本免疫学会学術集会、12月13日、浜松.
  2. Fujimoto Y, Azuma YT(2019)An inhibitor of sodium- calcium exchanger downregulates pro-inflammatory cytokines production in macrophages and improves dextran sodium sulfate-induced colitis in mice. 第48回日本免疫学会学術集会、12月13日、浜松.
  3. Aono K, Fujimoto Y, Azuma YT(2019)TLR4 and NOD2 are associated with the pathological severity of chronic gastrointestinal diseases.第48回日本免疫学会学術集会、12月11日、浜松.
  4. 東 泰孝(2019)慢性消化器症状におけるTLR4とNOD2の発現量相関性について.第136回日本薬理学会近畿部会、11月23日、枚方.
  5. 東 泰孝(2019)肝臓の線維化におけるインターロイキン-19 の役割について.大阪市立大学 第7回ライフサイエンス談話会、11月19日、大阪.
  6. 東 泰孝(2019)Th2型炎症性腸疾患モデルマウスにおけるIL-19の新規調節機構.第69回日本薬学会関西支部総会・大会、10月12日、神戸.
  7. 牛飼裕美、藤本泰之、井澤武史、桑村 充、中嶋秀満、竹内正吉、東 泰孝(2019)NASHモデルを用いたIL-19が病態形成に及ぼす影響.第162回日本獣医学会学術集会、9月11日、つくば.
  8. 東 泰孝、西山和宏(2019)脂肪酸輸送タンパク質によるマクロファージ炎症応答の新規調節機構.第162回日本獣医学会学術集会、9月11日、つくば.
  9. 東 泰孝(2019)肝臓の線維化とインターロイキン-19について.アカデミア発シーズ探索研究会2019、9月7日、大阪.
  10. Uedo N, Nakamura S, Shoji M, Ozaki Y, Azuma YT, Takeuchi T, Nakajima H. A GAPDH nuclear translocation inhibitor (CGP34668) provides anti-depressional anxiety-like effects in social stressed mice. International Conference on Dementia & Alzheimer’s Disease, 2019: 7/9, Paris (FRANCE).
  11. Shoji M, Kita A, Uedo N, Ozaki Y, Azuma YT, Takeuchi T, Nakajima H. Oxidative stree-induced GAPDH nuclear translocation in the hippocampus causes depression behaviors by GR and BDNF downregulation in stressed mice. International Conference on Dementia & Alzheimer’s Disease, 2019: 7/9, Paris (FRANCE).
  12. Ozaki Y, Sato K, Nakamura S, Azuma YT, Takeuchi T, Nakajima H. Extracellular poly(ADP-ribose) upregulates glial cell line-derived neurotrophic facter (GDNF) both in vitro and in vivo. International Conference on Dementia & Alzheimer’s Disease, 2019: 7/9, Paris (FRANCE).
  13. 東 泰孝(2019)Th2型誘発性大腸炎におけるIL-19の新規調節作用.第135回日本薬理学会近畿部会、6月21日、岐阜.
  14. Nishiyama K, Azuma YT, Nakajima H, Takeuchi T. Renal impairment disturbs the intestinal microbiota and alters intestinal motility. The 9th Federation of the Asian and Oceanian Physiological Societies Congress (FAOPS2019), 2019; 3/29, Kobe (JAPAN).
  15. 東 泰孝(2019)The role of IL-19 in liver fibrosis. 第92回日本薬理学会年会、3月16日、大阪.(公募採択シンポジウム)
  16. 西山和宏、冨田拓郎、藤本泰之、田中智弘、遠山千恵実、西村明幸、東 泰孝、西田基宏(2019)抗がん剤の副作用を軽減する新規TRPC3-Nox2複合体阻害薬の同定.第92回日本薬理学会年会、3月15日、大阪.
  17. 東 泰孝(2019)抗炎症について考える-アカデミアが貢献できること-.一般社団法人予防薬理学研究所キックオフシンポジウム、3月13日、大阪.(招待講演)
  18. 東 泰孝(2019)インターロイキン-19を標的とするNASHの改善に向けたアプローチ.メディカルジャパン2019大阪、2月21日、大阪.
  19. 東 泰孝(2019)各種炎症性疾患モデルを用いたインターロイキン-19の多面的調節機能.第7回大阪府立大バイオメディカルフォーラム、2月4日、堺.

 

2018

  1. Aono K, Fujimoto Y, Azuma YT(2018)Intestinal microbiota altered by chronic kidney disease regulates intestinal inammation. 第47回日本免疫学会学術集会、12月10日、福岡.
  2. Fujimoto Y, Azuma YT(2018)The role of Interleukin-19 in hapten-induced contact hypersensitivity. 第47回日本免疫学会学術集会、12月10日、福岡.
  3. Azuma YT, Fujimoto Y(2018)Role of IL-19 in oxazolone-induced colitis. 第47回日本免疫学会学術集会、12月10日、福岡.
  4. 東 泰孝(2018)IL-19のオキサゾロン誘発性腸炎モデルにおける役割. 第55回日本消化器免疫学会総会、12月8日、福岡.
  5. 牛飼裕美、東 泰孝(2018)インターロイキン-19の肝線維化における役割. 第55回日本消化器免疫学会総会、12月8日、福岡.
  6. 東 泰孝(2018)肝線維化におけるインターロイキン-19の新規役割解明に関する研究.大阪府立大学アカデミア創薬シンポジウム、12月4日、東京都港区.
  7. 東 泰孝(2018)新生内膜過形成モデルにおけるIL-19の新規調節機構の解明. 心臓・血管系の頑健性と精緻な制御を支える分子基盤の統合的解明、心血管膜輸送研究会2018、 11月1日、岡崎.
  8. 中村素直、尾崎祐介、東 泰孝、竹内正吉、中嶋秀満(2018)社会性ストレスモデルにおけるGAPDHカスケードの病態生理学的意義の解明.第161回日本獣医学会学術集会、9月11日、つくば.
  9. 東 泰孝(2018)各種炎症性疾患モデルを用いたインターロイキン-19の多面的機能.アカデミア発シーズ探索研究会2018、9月9日、大阪.
  10. Ushikai U, Hirota K, Nakajima H, Takeuchi T, Azuma YT. The role of interleukin-19 in NAFLD/NASH mice model. The 5th European Congress of Immunology (ECI), 2018; 9/4, Amsterdam (NETHERLANDS).
  11. Miki M, Nakajima H, Takeuchi T, Azuma YT. The role of IL-19 in CCl4-induced liver fibrosis. The 5th European Congress of Immunology (ECI), 2018; 9/4, Amsterdam (NETHERLANDS).
  12. Azuma YT, Takeuchi T. Interleukin-19 protects Th2-mediated IBD model mice. The 5th European Congress of Immunology (ECI), 2018; 9/4, Amsterdam (NETHERLANDS).
  13. Aono K, Nishiyama K, Nakajima H, Takeuchi T, Azuma YT. Kidney disease alters the intestinal microbiota and regulates intestinal inflammation. The 5th European Congress of Immunology (ECI), 2018; 9/4, Amsterdam (NETHERLANDS).
  14. Fujimoto Y, Azuma YT. Hapten-induced contact hypersensitivity is upregulated in interleukin-19 knockout mice. The 5th European Congress of Immunology (ECI), 2018; 9/3, Amsterdam (NETHERLANDS).
  15. 西山和宏、東 泰孝、中嶋秀満、西田基宏、竹内正吉(2018)マクロファージに発現する脂肪酸輸送タンパク質の免疫学的役割. 第13回トランスポーター研究会年会、7月21日・22日、福岡.
  16. Nakamura S, Kuwamura M, Azuma YT, Takeuchi T, Hikida T, Nakajima H. Contribution of GAPDH nuclear translocation in the hippocampus to depression and anxiety-Like behavior in social stressed mice. The 18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology (WCP2018), 2018; 7/4, Kyoto (JAPAN).
  17. Nakajima H, Nakamura S, Kuwamura M, Azuma YT, Hikida T, Takeuchi T. Blockade of GAPDH nuclear translocation in the hippocampus contributes to anti-depressant-like action in stressed mice via HPA axis. The 18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology (WCP2018), 2018; 7/4, Kyoto (JAPAN).
  18. Nishiyama K, Azuma YT, Nakajima H, Takeuchi T. Microbiota and uremic toxin contribute to intestinal motility dysregulation induced by renal impairment. The 18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology (WCP2018), 2018; 7/3, Kyoto (JAPAN).
  19. Fujimoto Y, Nakajima H, Takeuchi T, Azuma YT. Interleukin-19 contributes to T cell-mediated contact hypersensitivity. The 18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology (WCP2018), 2018; 7/3, Kyoto (JAPAN).
  20. Miki M, Fujimoto Y, Nakajima H, Takeuchi T, Azuma YT. Interleukin-19 protects mice from oxazolone-induced colonic inflammation. The 18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology (WCP2018), 2018; 7/3, Kyoto (JAPAN).
  21. Aono K, Matsuo Y, Nakajima H, Takeuchi T, Azuma YT. Interleukin-19 reduces inflammation in DSS-induced acute colitis. The 18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology (WCP2018), 2018; 7/3, Kyoto (JAPAN).
  22. Ushikai Y, Hirota K, Nakajima H, Takeuchi T, Azuma YT. IL-19 plays an important role in the hepatic fibrosis induced by choline-deficient and high-fat (60%) diet with 0.1% methionine and 2% cholesterol. The 18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology (WCP2018), 2018; 7/3, Kyoto (JAPAN).
  23. Azuma YT, Matsuo Y, Nakajima H, Takeuchi T. Interleukin-19 is a negative regulator in TNBS-induced experimental colitis. The 18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology (WCP2018), 2018; 7/3, Kyoto (JAPAN).
  24. Tanaka K, Natsume C, Azuma YT, Fujita T. Fucoxanthin suppress GATA-3 positive immuno-responses. The 18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology (WCP2018), 2018; 7/3, Kyoto (JAPAN).

 

2017

  1.  Azuma YT(2017)Exacerbated TNBS-induced colitis in interleukin-19 knockout mice.第46回日本免疫学会学術集会、12月12日、仙台.
  2. Nakajima H, Nakamura S, Kita A, Senami C, Kuwamura M, Hikida T, Azuma YT, Takeuchi T. (2017) Blockade of GAPDH nuclear translocation in the hippocampus contributes to anti-depressant-like action in stressed mice. 47th annual meeting of the Society for Neuroscience, 11/15, Washington (DC, USA).
  3. 東 泰孝(2017)Th1型炎症性腸疾患モデルマウスにおけるIL-19の新規調節機構.第67回日本薬学会近畿支部大会、10月14日、神戸.
  4. 東 泰孝(2017)IL-19のバイオマーカーとしての可能性.アカデミア発シーズ探索研究会2017、10月8日、大阪.
  5. 東 泰孝、藤本泰之、松尾有希子、中嶋秀満、竹内正吉(2017)Th2型の炎症性腸疾患モデルマウスにおけるIL-19の役割について.第160回日本獣医学会学術集会、9月、鹿児島.
  6. 永山未月、中嶋秀満、東 泰孝、竹内正吉(2017)最適化GAPDH凝集阻害ペプチドによる新規脳卒中治療法の開発.第160回日本獣医学会学術集会、9月、鹿児島
  7. 瀬浪千穂、中嶋秀満、東 泰孝、竹内正吉(2017)ストレス性精神疾患モデルにおける海馬GAPDH核移行の病態生理学的意義.第160回日本獣医学会学術集会、9月、鹿児島.
  8. 藤本泰之、東 泰孝、中嶋秀満、竹内正吉(2017)アレルギー性皮膚炎におけるIL-19を介した新規調節機構の解明.第160回日本獣医学会学術集会、9月、鹿児島.
  9. 西山和宏、東 泰孝、中嶋秀満、竹内正吉(2017)マクロファージ細胞膜およびオルガネラ膜に発現する脂肪酸輸送タンパク質の免疫学的役割の新たな可能性.オルガネラ研究会2017-オルガネラダイナミクスの新規制御機構とその病態生理、5月、岡崎.
  10. 夏目知佳、高西美沙紀、水野佳奈、島田侑季、仙田圭祐、田邉甫樹、青山朋子、田中公輔、東 泰孝、藤田隆司(2017)フコキサンチンのアトピー性皮膚炎の治療に関する研究.第131回日本薬理学会近畿部会、6月30日、名古屋.
  11. 東 泰孝、常山幸一(2017)インターロイキン-19はコリン欠乏メチオニン含有高脂肪コレステロール添加食による肝線維過形成に関与する.第53回日本肝臓学会総会 6月9日、広島.
  12. 東 泰孝、竹内正吉(2017)複数の臓器における炎症モデルを用いたインターロイキン-19の多面的機能.日本薬学会第137年会、3月、仙台.(公募採択シンポジウム)
  13. 西山和宏、東 泰孝、中嶋秀満、竹内正吉(2017)Fatty acid transport protein 1 regulates LPS-induced inflammatory response of macrophage via a ceramide-JNK pathway.第90回日本薬理学会年会、3月、長崎.

 

2016

  1. 西山和宏、東 泰孝、中嶋秀満、竹内正吉(2016)5/6 腎摘出腎不全モデルマウスにおける消化管運動機能の解析.第130回日本薬理学会近畿部会、11月、京都.
  2. Itakura M, Kubo T, Kaneshige A, Azuma YT, Hikida T, Takeuchi T, Nakajima H. (2016) Pharmacological Strategies to Prevent Injury from Stroke Molecular Factors. 46th annual meeting of the Society for Neuroscience, 11/13, SanDiego (CA, USA).
  3. 板倉正典、中嶋秀満、久保岳也、金重紀洋、東 泰孝、竹内正吉(2016)GAPDH凝集阻害を標的とした新規脳卒中治療法の開発.第159回日本獣医学会学術集会、9月、藤沢.
  4. 東 泰孝、森岡 愛、西山和宏、喜多紗斗美、中嶋秀満、岩本隆宏、竹内正吉(2016)NCX1トランスジェニックマウスにおける結腸弛緩反応の増大.第159回日本獣医学会学術集会、9月、藤沢.
  5. 西山和宏、東 泰孝、喜多紗斗美、中嶋秀満、岩本隆宏、竹内正吉(2016)回腸平滑筋運動におけるNa+/Ca2+ exchangerの生理学的役割.第159回日本獣医学会学術集会、9月、藤沢.
  6. 佐藤啓志、中嶋秀満、板倉正典、東 泰孝、竹内正吉(2016)細胞外ポリADPリボース(EC-PAR)のグリア細胞株由来神経栄養因子(GDNF)産生機構の解明.第159回日本獣医学会学術集会、9月、藤沢.
  7. 北 明讓、東 泰孝、中嶋秀満、竹内正吉(2016)GAPDHを基軸としたストレス性精神疾患の発症機序の解明.第159回日本獣医学会学術集会、9月、藤沢.
  8. 佐藤啓志、中嶋秀満、板倉正典、東 泰孝、竹内正吉(2016)細胞外ポリADPリボース(EC-PAR)のグリア細胞株由来神経栄養因子(GDNF)産生に及ぼす影響.第129回日本薬理学会近畿部会、6月、広島.
  9. 藤本泰之、東 泰孝、中嶋秀満、竹内正吉(2016)IL-19 によるアレルギー性炎症調節機構の解明.第129回日本薬理学会近畿部会、6月、広島.
  10. 北 明讓、中嶋秀満、東 泰孝、竹内正吉(2016)GAPDH カスケードを基軸としたストレス性精神疾患の発症機序の解明.第129回日本薬理学会近畿部会、6月、広島.
  11. Azuma YT, Matsuo Y, Nakajima H, Takeuchi T. Interleukin-19 reduces inflammation in TNBS-induced colitis. The 24th International Symposium of Macrophage Molecular and Cellular Biology (MMCB), 2016; 6/4, Tokyo (JAPAN).
  12. Itakura M, Sato K, Azuma YT, Takeuchi T, Nakajima H. Glyceraldehyde-3-phosphate dehydrogenase (GAPDH) regulates c-jun N-terminal kinase (JNK) activation under oxidative/nitrosative stresses. The 9th International Conference on the Biology, Chemistry, and Therapeutic Applications of Nitric Oxide in conjunction with the 16th Annual Scientific Meeting of the Nitric Oxide Society of Japan, 2016; 5/22, Sendai (JAPAN).
  13. Nakajima H, Itakura M, Higashida S, Semi Y, Kubo T, Azuma YT, Takeuchi T. Nitric Oxide-induced glyceraldehyde-3-phosphate dehydrogenase (GAPDH) aggregates participate in the pathogenesis of Alzheimer disease. The 9th International Conference on the Biology, Chemistry, and Therapeutic Applications of Nitric Oxide in conjunction with the 16th Annual Scientific Meeting of the Nitric Oxide Society of Japan, 2016; 5/22, Sendai (JAPAN).
  14. 板倉正典、中嶋秀満、東田周作、瀬見優子、久保岳也、東 泰孝、竹内正吉(2016)Glycelaldehyde-3-phosphate dehydrogenase (GAPDH) aggregates contribute to the pathogenesis of Alzheimer’s disease.第89回日本薬理学会年会、3月、横浜.
  15. 東 泰孝、竹内正吉(2016)The emerging role of interleukin-19 as inflammatory mediators.第89回日本薬理学会年会、3月、横浜.(公募採択シンポジウム)
  16. 西山和宏、東 泰孝、喜多紗斗美、中嶋秀満、岩本隆宏、竹内正吉(2016)Na+/Ca2+ exchanger 2-heterozygote knockout mice display the altered motility in the ileum. 第89回日本薬理学会年会、3月、横浜.

 

2015

  1. 東 泰孝、松尾有希子、中嶋秀満、竹内正吉(2015)IL-19遺伝子欠損マウスにおけるTNBS誘発性大腸炎の増悪.第128回日本薬理学会近畿部会、11月、豊中.
  2. 鈴木 翔、東 泰孝、東 直毅、喜多紗斗美、中嶋秀満、岩本隆宏、竹内正吉(2015)マウス結腸輪走筋収縮反応におけるTRPC6チャネルの生理学的役割.第128回日本薬理学会近畿部会、11月、豊中.
  3. Azuma YT, Hayashi S, Kita S, Nakajima H, Iwamoto T, Takeuchi T. Na+/Ca2+ exchanger 2-heterozygote knockout mice display increased relaxation in gastric fundus. United European Gastroenterology (UEG) Week 2015. 2015; 10/26, Barcelona (SPAIN).
  4. Azuma YT, Matsuo Y, Nakajima H, Takeuchi T. Interleukin-19 is critical for the development of acute TNBS-induced colitis in mice. United European Gastroenterology (UEG) Week 2015. 2015; 10/28, Barcelona (SPAIN).
  5. Suzuki S, Azuma YT, Kita S, Nakajima H, Iwamoto T, Takeuchi T. Role of transient receptor potential C6 channel on the contractility in circular muscles of mice ileum. United European Gastroenterology (UEG) Week 2015. 2015; 10/27, Barcelona (SPAIN).
  6. Takeuchi T, Samezawa N, Azuma YT. Differences on time to peak of carbachol-induced contraction in between circular and longitudinal smooth muscles of mouse ileum. United European Gastroenterology (UEG) Week 2015. 2015; 10/27, Barcelona (SPAIN).
  7. Tanioka K, Azuma YT, Kita S, Nakajima H, Iwamoto T, Takeuchi T. Roles of Na+/Ca2+ exchanger 1 and 2 in mouse diarrhea model. United European Gastroenterology (UEG) Week 2015. 2015; 10/27, Barcelona (SPAIN).
  8. Nishiyama K, Azuma YT, Kita S, Nakajima H, Iwamoto T, Takeuchi T. Role of Na+/Ca2+ exchanger 1 and 2 on the contractility in longitudinal muscles of mouse ileum. United European Gastroenterology (UEG) Week 2015. 2015; 10/27, Barcelona (SPAIN).
  9. Kita A, Kubo T, Semi Y, Higashida S, Kaneshige A, Itakura M, Azuma YT, Takeuchi T, Nakajima H. Glyceraldehyde-3-phosphate dehydrogenase aggregation inhibitor: Exploring a drug targeting for Alzheimer’s disease. 45th annual meeting of the Society for Neuroscience. 2015; 10/19, Chicago (IL, USA).
  10. Itakura M, Nakajima H, Kubo T, Semi Y, Kume S, Higashida S, Kaneshige A, Kita A, Sato K, Azuma YT, Inui T, Takeuchi T. Glycelaldehyde-3-phosphate dehydrogenase (GAPDH) aggregates contribute to the pathogenesis of Alzheimer’s disease via the acceleration of Aβ amyloidogenesis. 45th annual meeting of the Society for Neuroscience. 2015; 10/18, Chicago (IL, USA).
  11. Sato K, Itakura M, Azuma YT, Takeuchi T, Nakajima H. Glyceraldehyde-3-phosphate dehydrogenase regulates c-jun N-terminal kinase activation under oxidative stress conditions. 45th annual meeting of the Society for Neuroscience. 2015; 10/18, Chicago (IL, USA).
  12. 東 泰孝、松尾有希子、中嶋秀満、竹内正吉(2015)炎症性腸疾患モデルマウスにおけるIL-19による抗炎症効果.第158回日本獣医学会学術集会、9月、十和田.
  13. 藤本泰之、東 泰孝、中嶋秀満、竹内正吉(2015)接触型過敏症におけるIL-19の機能的役割.第158回日本獣医学会学術集会、9月、十和田.
  14. 西山和宏、東 泰孝、新宅一真、中嶋秀満、竹内正吉(2015)マウス遠位結腸輪走筋における弛緩機構の解明.第158回日本獣医学会学術集会、9月、十和田.
  15. 谷岡広大、東 泰孝、西山和宏、喜多紗斗美、中嶋秀満、岩本隆宏、竹内正吉(2015)マウス下痢モデルを用いた消化管運動におけるNa+/Ca2+exchangerの役割解明.第158回日本獣医学会学術集会、9月、十和田.
  16. 板倉正典、中嶋秀満、東田周作、瀬見優子、久保岳也、東 泰孝、竹内正吉(2015)アルツハイマー病の病態形成にGAPDH凝集体が関与する.第158回日本獣医学会学術集会、9月、十和田.
  17. 鈴木 翔、東 泰孝、東 直毅、喜多紗斗美、中嶋秀満、岩本隆宏、竹内正吉(2015)TRPC3およびTRPC6チャネルを介した回腸輪走筋収縮機能の制御.第158回日本獣医学会学術集会、9月、十和田.
  18. 西山和宏、東 泰孝、喜多紗斗美、東 直毅、林 里美、中嶋秀満、岩本隆宏、竹内正吉(2015)NCX1/NCX2ダブルヘテロマウスを用いた遠位結腸運動におけるNCXの生理学的役割の解析.第8回トランスポーター研究会九州部会、7月、鹿児島.
  19. 鈴木 翔、東 泰孝、喜多紗斗美、中嶋秀満、岩本隆宏、竹内正吉(2015)マウス回腸輪走筋の収縮運動におけるTRPC3チャネルの生理学的役割.第127回日本薬理学会近畿部会、6月、岐阜.
  20. 谷岡広大、東 泰孝、喜多紗斗美、中嶋秀満、岩本隆宏、竹内正吉(2015)マウス下痢モデルにおけるNa+/Ca2+ exchangerの関与.第127回日本薬理学会近畿部会、6月、岐阜.
  21. 平宗一郎、松井 澪、田邊甫樹、馬屋原慈理、高倉祐希、東 泰孝、藤田隆司(2015)フコキサンチンによる肥満細胞形成阻害効果.第127回日本薬理学会近畿部会、6月、岐阜.
  22. 平宗一郎、松井 澪、田邊甫樹、馬屋原慈理、高倉祐希、東 泰孝、藤田隆司(2015)フコキサンチンによるアトピー性皮膚炎予防効果.第62回日本生化学会近畿支部例会、5月、草津.
  23. 馬屋原慈理、松井 澪、田邊甫樹、東 泰孝、藤田隆司(2015)フコキサンチンによる肥満細胞形成阻害効果.第62回日本生化学会近畿支部例会、5月、草津.
  24. 東 泰孝、竹内正吉(2015)消化管平滑筋運動におけるNCXによる新規調節機構.日本薬学会第135年会、3月、神戸.(公募採択シンポジウム)
  25. 鈴木 翔、東 泰孝、喜多紗斗美、中嶋秀満、岩本隆宏、竹内正吉(2015)Functional role of transient receptor potential C6 channel in circular muscle contractility of mouse ileum. 第88回日本薬理学会年会、3月、名古屋.

 

2014

  1. Itakura M, Nakajima H, Kohda T, Kubo T, Semi Y, Nishiyama K, Azuma YT, Kozaki S, Takeuchi T (2014) Botulinum neurotoxin A subtype 2 reduces pathological behaviors more effectively and confers greater safety than subtype 1 in a rat Parkinson’s disease model. 44th annual meeting of the Society for Neuroscience. 11/18, Washington (DC, USA).
  2. 西山和宏、東 泰孝、喜多紗斗美、中嶋秀満、岩本隆宏、竹内正吉(2014)遺伝子改変マウスを用いた遠位結腸運動におけるNa+/Ca2+exchangerの生理学的役割の解析.第7回トランスポーター研究会九州部会、11月、北九州.
  3. 林 里美、東 泰孝、喜多紗斗美、中嶋秀満、岩本隆宏、竹内正吉(2014)平滑筋特異的NCX1過剰発現マウスを用いたNCX1による胃運動調節機構の解明.第126回日本薬理学会近畿部会、10月、和歌山.
  4. 金重紀洋、久保岳也、板倉正典、中嶋秀満、東 泰孝、竹内正吉 (2014) GAPDH凝集体はミトコンドリア機能障害を惹起する.第157回日本獣医学会学術集会、9月、札幌.
  5. 西山和宏、東 泰孝、喜多紗斗美、東 直毅、林 里美、中嶋秀満、岩本隆宏、竹内正吉(2014)
    NCX1/NCX2ダブルヘテロマウスを用いた遠位結腸運動調節におけるNCXの機能解析.第157回日本獣医学会学術集会、9月、札幌.
  6. 林 里美、東 泰孝、喜多紗斗美、中嶋秀満、岩本隆宏、竹内正吉(2014)胃底部輪走筋の運動調節機構におけるNa+/Ca2+ exchangerの関与.第157回日本獣医学会学術集会、9月、札幌.
  7. 板倉正典、久保岳也、金重紀洋、中嶋秀満、東 泰孝、竹内正吉(2014)パーキンソン病モデルラットにおけるボツリヌスA1型およびA2型毒素の治療効果の比較.第157回日本獣医学会学術集会、9月、札幌.
  8. 西山和宏、東 泰孝、喜多紗斗美、中嶋秀満、岩本隆宏、竹内正吉(2014)遠位結腸運動におけるNa+/Ca2+exchangerの生理学的役割について遺伝子改変マウスを用いた解析.心血管膜輸送分子の構造・機能・病態の統合的研究戦略 心血管膜輸送研究会2014、 9月、岡崎.
  9. 林 里美、東 泰孝、喜多紗斗美、中嶋秀満、岩本隆宏、竹内正吉(2014)胃運動調節機構におけるNa+/Ca2+交換体の役割解析.心血管膜輸送分子の構造・機能・病態の統合的研究戦略 心血管膜輸送研究会2014、 9月、岡崎.
  10. Nakajima H, Kubo T, Itakura M, Kaneshige A, Fukuhara A, Azuma YT, Inui T, Takeuchi T(2014)Glyceraldehyde-3-phospahte dehydrogenase aggregates acts as a seed of amyloid beta-40 amyloidogenesis and enhances the cell death both in vitro and in vivo.Alzheimer’s Association International Conference 2014.7/16, Copenhagen (DENMARK).
  11. 林 里美、東 泰孝、喜多紗斗美、中嶋秀満、岩本隆宏、竹内正吉(2014)Na+/Ca2+ exchanger 1による胃運動調節機構の遺伝子改変マウスを用いた検討.第125回日本薬理学会近畿部会、6月、岡山.
  12. 東 泰孝、松尾有希子、中嶋秀満、竹内正吉(2014)Role of IL-19 in T cell-mediated immune responses.第87回日本薬理学会年会、3月、仙台.
  13. 林 里美、東 泰孝、喜多紗斗美、中嶋秀満、岩本隆宏、竹内正吉(2014)Na+/Ca2+ exchanger 2-heterozygote knockout mice display increased relaxation in gastric fundus. 第87回日本薬理学会年会、3月、仙台.
  14. 金重紀洋、久保岳也、板倉正典、森山光章、東 泰孝、中嶋秀満、竹内正吉 (2014) GAPDH aggregation induces mitochondrial dysfunction. 第87回日本薬理学会年会、3月、仙台

 

2013

  1. Itakura M, Kubo T, Nakajima H, Fukuhara A, Kuwamura M, Azuma YT, Inui T, Takeuchi T (2013) Glyceraldehyde-3-phosphate dehydrogenase aggregates enhance alpha-synuclein amyloidogenesis and augment dopamine-induced neurotoxicity both in vitro and in vivo. Neuro2013 Nov. 13 (San Diego, CA).
  2. Nakajima H, Kubo T, Ihara H, Hikida T, Danjo T, Shahani N, Itakura M, Azuma YT, Takeuchi T, Sawa A (2013) Role for GAPDH-PARP-1 signaling in stroke brain damage. Neuro2013 Nov. 12 (San Diego, CA).
  3. Kubo T, Nakajima H, Itakura M, Kaneshige A, Azuma YT, Takeuchi T (2013) A mechanism of GAPDH aggregates-elicited cell death under nitric oxide in SH-SY5Y cells. Neuro2013 Nov. 12 (San Diego, CA).
  4. Kaneshige A, Kubo T, Nakajima H, Fukuhara A, Itakura M, Higashida S, Azuma YT, Inui T, Takeuchi T (2013) Glyceraldehyde-3-phospahte dehydrogenase aggregates acts as a seed of amyloid-beta40 amyloidogenesis and enhances the cell death in PC12 cells. Neuro2013 Nov. 9 (San Diego, CA).
  5. 東 直毅、東 泰孝、喜多紗斗美、中嶋秀満、岩本隆宏、竹内正吉(2013)平滑筋特異的トランスジェニックマウスを用いたTRPC3チャネルとTRPC6チャネルの消化管運動調節における役割の相違.第124回日本薬理学会近畿部会、11月、京都.
  6. 板倉正典、久保岳也、中嶋秀満、東 泰孝、竹内正吉(2013)ASK1-GAPDH経路における新規細胞内シグナル伝達の解明.第156回日本獣医学会学術集会、9月、岐阜.
  7. 東 直毅、東 泰孝、喜多紗斗美、中嶋秀満、岩本隆宏、竹内正吉(2013)平滑筋特異的トランスジェニックマウスを用いたTRPCチャネルによる消化管運動調節の部位特異性.第156回日本獣医学会学術集会、9月、岐阜.
  8. 東田周作、久保岳也、板倉正典、中嶋秀満、東 泰孝、竹内正吉(2013)GAPDH凝集阻害による新規アルツハイマー病治療薬の創製 第123回日本薬理学会近畿部会 7月、名古屋.
  9. 東 直毅、東 泰孝、喜多紗斗美、中嶋秀満、岩本隆宏、竹内正吉(2013)TRPC6チャネルによる回腸平滑筋収縮制御機構の解明.第123回日本薬理学会近畿部会、7月、名古屋.
  10. 東 泰孝、西山和宏、喜多紗斗美、小室一成、中嶋秀満、岩本隆宏、竹内正吉(2013)遺伝子改変マウスを用いたNa+/Ca2+ exchangerによる遠位結腸運動の機能調節.第155回日本獣医学会学術集会、3月、東京.
  11. 東 直毅、東 泰孝、喜多紗斗美、中嶋秀満、岩本隆宏、竹内正吉(2013)マウス回腸運動におけるTRPC6チャネルの生理学的役割.第155回日本獣医学会学術集会、3月、東京.
  12. 東田周作、久保岳也、板倉正典、中島秀満、東 泰孝、竹内正吉(2013)新規に創製したGAPDH凝集阻害ペプチドの薬理学的性状の解析.第155回日本獣医学会学術集会、3月、東京.
  13. 東 泰孝、西山和宏、喜多紗斗美、小室一成、中嶋秀満、岩本隆宏、竹内正吉(2013)NCX1/NCX2-double heterozygote knockout mice display altered colonic motility in vivo.第86回日本薬理学会年会、3月、福岡.
  14. 東 泰孝、竹内正吉(2013)The emerging role of interleukin-19 as inflammatory mediators in inflammatory bowel disease.第86回日本薬理学会年会、3月、福岡.(公募採択シンポジウム)
  15. 久保岳也、中嶋秀満、板倉正典、Shahani Neelam、東 泰孝、澤 明、竹内正吉(2013)ラットMCAOモデルにおいて核移行GAPDHはPARP-1の活性化を促進する.第86回日本薬理学会年会、3月、福岡.
  16. Nakajima H, Kubo T, Fukuhara A, Itakura M, Kuwamura M, Azuma YT, Inui T, Takeuchi T (2013) Glyceraldehyde-3-Phospahte Dehydrogenase Act as a Seed of Alpha-Synuclein Amyloidogenesis in Oxidative Stress-induced Neurotoxicity Both in Vitro and in Vivo. 11th International Conference on Alzheimer’s and Parkinson’s Diseases, 3/6-10, Florence (ITALY).
  17. Kubo T, Nakajima H, Semi Y, Kume S, Itakura M, Higashida S, Kuwamura M, Azuma YT, Inui T, Takeuchi T (2013) Glyceraldehyde-3-phospahte Dehydrogenase Aggregates Accelerates Amyloidogenesis of Amyloid-Β40 and Promotes Amyloid-Β40-induced Cell Death. 11th International Conference on Alzheimer’s and Parkinson’s Diseases, 3/6-10, Florence (ITALY).

 

2012

  1. 板倉正典、久保岳也、中嶋秀満、東 泰孝、竹内正吉(2012)新規 ASK1-GAPDH経路の分子メカニズム解明.第122回日本薬理学会近畿部会、11月、豊中.
  2. 吉田夏帆、東 泰孝、西山和宏、喜多紗斗美、小室一成、中嶋秀満、岩本隆宏、竹内正吉(2012)消化管運動におけるNa+/Ca2+ exchangerの役割.第122回日本薬理学会近畿部会、11月、豊中.
  3. 池田慶仁、東 泰孝、中嶋秀満、竹内正吉(2012)結腸輪走筋運動に対する飼育環境変化の影響.第122回日本薬理学会近畿部会、11月、豊中.
  4. 久保岳也、中嶋秀満、Shahani Neelam、東 泰孝、竹内正吉、澤 明(2012)Nuclear GAPDH activates PARP-1 in rat MCAO model.第55回日本神経化学会大会、9月、神戸.
  5. 久保岳也、中嶋秀満、Shahani Neelam、東 泰孝、竹内正吉、澤 明(2012) ラットMCAOモデルにおいて、 核移行したGAPDHはPARP-1に直接結合し活性化させる. 第154回日本獣医学会学術集会、9月、盛岡.
  6.  泰孝、西山和宏、喜多紗斗美、小室一成、中嶋秀満、岩本隆宏、竹内正吉(2012) Na+/Ca2+ exchangerによる消化管運動の調節. 第54回日本平滑筋学会総会、8月、東京.
  7. 東 泰孝、松尾有希子、中嶋秀満、竹内正吉(2012) IL-19のTNBS誘発性炎症性腸疾患モデルにおける役割. 第49回日本消化器免疫学会総会、7月、鹿児島.
  8. 東 泰孝、松尾有希子、中嶋秀満、竹内正吉(2012) TNBS誘発性炎症性腸疾患モデルにおけるIL-19遺伝子欠損マウスを用いた解析. 第153回日本獣医学会学術集会、3月、さいたま.
  9. 久保岳也、瀬見優子、中嶋秀満、田島久男、東 泰孝、竹内正吉(2012) Amyloid-like fibril of GAPDH enhances aggregation and neurotoxicity of a-synuclein. 第85回日本薬理学会年会、3月、京都.
  10. Azuma YT (2012) Interleukin-19 protects mice from innate-mediated colonic inflammation. University California at Davis-Center for Comparative Respiratory Biology and Medicine Seminar. 2/2, Davis (CA, USA). (Invited)
  11. Azuma YT, Matsuo Y, Nakajima H, Takeuchi T (2012) Interleukin-19 is critical for the development of Th1 cell-mediated colitis in mice. 10th Annual Conference on Cytokine & Inflammation, 1/30-31, San Diego (CA, USA).

 

2011

  1. 森岡 愛、東 泰孝、喜多紗斗美、中嶋秀満、岩本隆宏、竹内正吉(2011) 平滑筋特異的NCX過剰発現マウスにおける遠位結腸運動の変動. 第64回日本薬理学会西南部会、11月、福岡.
  2. 鮫澤奈々子、東 泰孝、中嶋秀満、竹内正吉(2011) ムスカリン受容体を介したマウス回腸輪走筋における収縮反応 の縦走筋との相違. 第64回日本薬理学会西南部会、11月、福岡.
  3. 瀬見優子、中嶋秀満、久保岳也、板倉正典、東 泰孝、竹内正吉(2011) アミロイドβのアミロイド化と細胞死に対するGAPDHアミロイド様線維の増強効果. 第64回日本薬理学会西南部会、11月、福岡.
  4. 久保岳也、中嶋秀満、桑村 充、井澤武史、東 泰孝、竹内正吉(2011) 新型siRNAのラット側脳室内単回投与によるin vivo脳内蛋白質ノックダウンの有用性、 第64回日本薬理学会西南部会、11月、福岡.
  5. 東 泰孝、中嶋秀満、竹内正吉(2011) DSS誘発性大腸炎におけるPPARaの機能的役割. 第120回日本薬理学会近畿部会、11月、京都.
  6. 久保岳也、中嶋秀満、瀬見優子、桑村 充、井澤武史、東 泰孝、竹内正吉(2011) Accell siRNAの単回脳室内投与による脳内の遺伝子サイレンシング効果. 第54回日本神経化学会大会、9月、加賀.
  7. 瀬見優子、中嶋秀満、久保岳也、板倉正典、東 泰孝、竹内正吉(2011) GAPDH凝集物はアミロイドβの線維化を促進する. 第54回日本神経化学会大会、9月、加賀.
  8. 鮫澤奈々子、東 泰孝、中嶋秀満、竹内正吉(2011) マウス回腸輪走筋におけるムスカリン受容体を介した収縮反応 -縦走筋との相違-. 第152回日本獣医学会学術集会、9月、堺.
  9. 久保岳也、中嶋秀満、桑村 充、井澤武史、東 泰孝、竹内正吉(2011) AccellTM siRNAのラット側脳室内投与による脳内遺伝子発現のサイレンシング. 第152回日本獣医学会学術集会、9月、堺.
  10. 瀬見優子、中嶋秀満、久保岳也、板倉正典、東 泰孝、竹内正吉(2011) GAPDHアミロイド様線維はアミロイドβの凝集を促進する. 第152回日本獣医学会学術集会、9月、堺.
  11. Azuma YT, Matsuo Y, Nakajima H, Takeuchi T (2011) Interleukin-19 is a negative regulator of innate immunity and contributes to colonic protection in mice with colitis. Joint meeting of the 79th Meeting of the Japanese Society for Interferon and Cytokine Research (JSICR) and the 19th International Symposium of Macrophage Molecular and Cellular Biology (MMCB), 5/25-27, Izumisano (JAPAN).

 

2010

  1. Azuma YT, Nakajima H, Takeuchi T (2010) Interleukin-19 is a negative regulator of innate-mediated colonic inflammation. 20th Japan- Korea Joint Seminar on Pharmacology, 11/26, Kagoshima (JAPAN).
  2. 三崎翔平、中嶋秀満、東 泰孝、一條秀憲、竹内正吉(2010) GAPDH とASK1 の機能的相互作用. 第118回日本薬理学会近畿部会、11月、豊中.
  3. 西山和宏、東 泰孝、喜多沙斗美、小室一成、中嶋秀満、岩本隆宏、竹内正吉(2010) 消化管運動におけるNa+/Ca2+ exchangerの生理学的役割. 第118回日本薬理学会近畿部会、11月、豊中.
  4. 中西信人、東 泰孝、中嶋秀満、竹内正吉(2010) 腸内細菌叢の変化に伴う消化管運動調節機構の変動. 第118回日本薬理学会近畿部会、11月、豊中.
  5. 東 泰孝、中嶋秀満、竹内正吉(2010) 炎症性腸疾患におけるインターロイキン-19の抑制的役割と作用機序の解明. 第60回日本薬学会近畿支部総会・大会、10月、枚方.
  6. 久保岳也、瀬見優子、中嶋秀満、田島久男、東 泰孝、竹内正吉(2010) GAPDHアミロイド様繊維とα-synucleinのクロストークと神経細胞死. 第150回日本獣医学会学術集会、9月、帯広.
  7. 三崎翔平、中嶋秀満、東 泰孝、竹内正吉(2010) 新規酸化ストレスカスケード:GAPDH-ASK1経路の病態生理学的意義の解明. 第150回日本獣医学会学術集会、9月、帯広.
  8. 西山和宏、東 泰孝、中嶋秀満、竹内正吉(2010) PPARαの活性化はDSS誘発性大腸炎を抑制する. 第150回日本獣医学会学術集会、9月、帯広.
  9. 中西信人、新宅一真、東 泰孝、中嶋秀満、竹内正吉(2010) 消化管運動に対する環境因子の影響. 第150回日本獣医学会学術集会、9月、帯広.
  10. 東 泰孝、中嶋秀満、竹内正吉(2010) PACAP遺伝子欠損マウスではDSS誘発性大腸炎に対する病態が悪化する. 第150回日本獣医学会学術集会、9月、帯広.
  11. 久保岳也、中嶋秀満、東 泰孝、竹内正吉(2010) GAPDH凝集特異的ドミナントネガティブ分子による酸化ストレス誘導性神経細胞死の抑制. Neuro2010(第33回日本神経科学大会第53回日本神経化学会大会第20回日本神経回路学会大会合同大会)、9月、神戸.
  12. Azuma YT, Matsuo Y, Kuwamura M, Nakajima H, Takeuchi T (2010) Interleukin-19 is a negative regulator of innate immunity and critical for colonic protection. The 14th International Congress of Immunology (ICI 2010), 8/25, Kobe (JAPAN).
  13.  泰孝、松尾有希子、桑村 充、中嶋秀満、竹内正吉(2010) インターロイキン-19のマウス腸炎モデルにおける抑制作用. 第47回日本消化器免疫学会総会、7月、大津.(シンポジウム)
  14. 西山和宏、東 泰孝、中嶋秀満、竹内正吉(2010) PPARαを介さないクロフィブレートによるマウス遠位結腸の弛緩. 第52回日本平滑筋学会総会、7月、仙台.
  15. 中西信人、新宅一真、東 泰孝、中嶋秀満、竹内正吉(2010) 遠位結腸輪走筋における弛緩の動物種差. 第52回日本平滑筋学会総会、7月、仙台.
  16. 西山和宏、東 泰孝、中嶋秀満、竹内正吉(2010) マウス遠位結腸縦走筋におけるクロフィブレートによる弛緩機構. 第149回日本獣医学会学術集会、3月、武蔵野.
  17. 東 泰孝、竹内正吉(2010) 炎症性腸疾患におけるIL-19の役割. 第149回日本獣医学会学術集会、3月、武蔵野.(シンポジウム)
  18. 西山和宏、東 泰孝、中嶋秀満、竹内正吉(2010) Clofibrate-induced relaxation in the longitudinal muscle of mouse distal colon. 第83回日本薬理学会年会、3月、大阪.
  19. 中嶋秀満、久保岳也、東 泰孝、竹内正吉、澤 明(2010) 酸化ストレスにより核移行したGAPDHはPARP-1を活性化する. 第83回日本薬理学会年会、3月、大阪.

 

2009

  1. 新宅一真、中嶋秀満、東 泰孝、竹内正吉(2009) マウス遠位結腸輪走筋における弛緩機構の解明. 第116回日本薬理学会近畿部会、11月、大津.
  2. Azuma YT, Kuwamura M, Shintani N, Nakajima H, Hashimoto H, Baba A, Takeuchi T (2009) PACAP protects mice with dextran sodium sulfate -induced acute colitis. 9th International Symposium on VIP, PACAP and Related Peptides, 10/6, Kagoshima (JAPAN).
  3. 久保岳也、中嶋秀満、東 泰孝、竹内正吉(2009) GAPDHドミナントネガティブ分子による神経細胞保護効果. 第148回日本獣医学会学術集会、9月、鳥取.
  4. 中嶋秀満、久保岳也、東 泰孝、田嶋久男、竹内正吉(2009) メタンフェタミン誘発神経障害モデルにおけるGAPDH凝集. 第148回日本獣医学会学術集会、9月、鳥取.
  5. 東 泰孝、松尾有希子、桑村 充、中嶋秀満、竹内正吉(2009) IL-19遺伝子欠損マウスにおけるDSS誘発性大腸炎の増悪. 第46回日本消化器免疫学会総会、7月、松山.
  6. 河崎哲也、中嶋秀満、東 泰孝、竹内正吉(2009) マウス膀胱括約筋におけるmuscarinic 3受容体を介する弛緩におけるprostaglandinsの関与. 第51回日本平滑筋学会総会、7月、名古屋.
  7. Azuma YT, Matsuo Y, Kuwamura M, Nakajima H, Takeuchi T (2009) Interleukin-19 protects mice from innate-mediated colonic inflammation. 14th International Congress of Mucosal Immunology, 7/5-9, Boston (MA, USA).
  8. 久保岳也、中嶋秀満、東 泰孝、竹内正吉(2009) 変異体GAPDHによる神経細胞保護作用. 第115回日本薬理学会近畿部会、6月、金沢.
  9. 中嶋秀満、久保岳也、東 泰孝、田嶋久男、竹内正吉(2009) 全身性GAPDHトランスジェニックマウスにおけるメタンフェタミン誘発性ドーパミン神経細胞死の増強. 第115回日本薬理学会近畿部会、6月、金沢.
  10. 東 泰孝、桑村 充、新谷紀人、中嶋秀満、橋本 均、馬場明道、竹内正吉(2009) DSS誘発性大腸炎におけるPACAPの機能的役割. 第115回日本薬理学会近畿部会、6月、金沢.
  11. 東 泰孝、松尾有希子、桑村 充、中嶋秀満、竹内正吉(2009) 炎症大腸炎モデルを用いたIL-19による腸管免疫調節機構の解明. 第147回日本獣医学会学術集会、4月、宇都宮.(プレナリーセッション)
  12. Azuma YT, Matsuo Y, Kuwamura M, Nakajima H, Takeuchi T (2009) Interleukin-19 protects mice with DSS-induced acute colitis. 7th Annual Conference on Cytokine & Inflammation、 1月29日、San Diego (CA, USA).

 

2008

  1. 松尾有希子、東 泰孝、桑村 充、中嶋秀満、竹内正吉(2008) 慢性大腸炎モデルにおけるIL-19遺伝子欠損マウスを用いた解析. 第114回日本薬理学会近畿部会、11月、神戸.
  2. 新島和子、中嶋秀満、東 泰孝、竹内正吉(2008) マウス胃体部縦走筋におけるPGE2受容体サブタイプの役割. 第114回日本薬理学会近畿部会、11月、神戸.
  3. 小野葉子、居原 秀、中嶋秀満、東 泰孝、竹内正吉(2008) 酸化ストレスによるGAPDHの核内移行とその役割. 第114回日本薬理学会近畿部会、11月、神戸.
  4. 中嶋秀満、小野葉子、東 泰孝、竹内正吉(2008) 酸化ストレス誘発性細胞死における核内GAPDHのシグナル伝達経路. 第146回日本獣医学会学術集会、9月、宮崎.
  5. 日高彩子、中嶋秀満、東 泰孝、竹内正吉(2008) マウス遠位結腸弛緩に関与する神経伝達物質の解明. 第146回日本獣医学会学術集会、9月、宮崎.
  6. 小野葉子、居原 秀、中嶋秀満、東 泰孝、竹内正吉(2008) 酸化ストレス誘発性神経細胞死において、核内GAPDHがPARP-1を活性化する. 第51回日本神経化学会大会、9月、富山.
  7. 東 泰孝、新谷紀人、桑村 充中嶋秀満、橋本 均、馬場明道、竹内正吉(2008) PACAP欠損マウスにおけるdextran sodium sulfate誘発性大腸炎の増悪. 第45回日本消化器免疫学会総会、7月、京都.
  8. 東 泰孝、松尾有希子、桑村 充、中嶋秀満、竹内正吉(2008) デキストラン硫酸ナトリウム誘発性急性大腸炎におけるIL-19の機能的役割. 第113回日本薬理学会近畿部会、6月、岡山.
  9. 中嶋秀満、東 泰孝、竹内正吉(2008) Moolighting Protein GAPDHによる神経細胞死の分子メカニズム解明~GAPDHによるアミロイド様凝集の発見と創薬への展望~. 第145回日本獣医学会学術集会、3月、相模原.
  10. 中嶋秀満、天野 渉、福原綾乃、東 泰孝、乾 隆、竹内正吉(2008) 酸化ストレスによるヒトグリセロアルデヒド3リン酸脱水素酵素のアミロイド様凝集と神経細胞死への関与. 第145回日本獣医学会学術集会、3月、相模原.
  11. 東 泰孝、松尾有希子、桑村 充、中嶋秀満、竹内正吉(2008) Dextran sodium sulfate誘発性大腸炎におけるIL-19の機能的役割. 第145回日本獣医学会学術集会、3月、相模原.
  12. 中嶋秀満、天野 渉、東 泰孝、竹内 正吉 (2008) 酸化ストレス誘発性神経細胞死におけるヒトGAPDH活性中心システインの重要性. 第81回日本薬理学会年会、3月、横浜.
  13. 東 泰孝、竹内正吉 (2008) 下部消化管炎症における消化管ペプチドの役割. 第81回日本薬理学会年会、3月、横浜.(公募採択シンポジウム)
  14. 竹内正吉、萩 清美、中嶋秀満、東 泰孝(2008) マウス胃底部輪走筋の持続性弛緩における一酸化窒素とBKチャネル. 第81回日本薬理学会年会、3月、横浜.

 

2007

  1. 竹内正吉、中嶋秀満、東 泰孝(2007) ラット結腸平滑筋の収縮および弛緩における筋小胞体の異なる役割. 第112回日本薬理学会近畿部会、11月、豊中.
  2. 天野 渉、中嶋秀満、東 泰孝、竹内正吉 (2007) グリセロアルデヒド3リン酸脱水素酵素のアミロイド様凝集と神経細胞死への関与. 第30回日本神経科学大会/第50回日本神経化学会大会/第17回日本神経回路学会大会合同学会、9月、横浜.
  3. 中嶋秀満、天野 渉、東 泰孝、竹内正吉 (2007) 酸化ストレスによるグリセロアルデヒド3リン酸脱水素酵素のアミロイド様凝集には活性中心システイン残基が重要である. 第30回日本神経科学大会/第50回日本神経化学会大会/第17回日本神経回路学会大会合同学会、9月、横浜.
  4. 天野 渉、中嶋秀満、東 泰孝、竹内正吉 (2007) ヒトグリセロアルデヒド3リン酸脱水素酵素の酸化ストレスによるアミロイド様凝集と神経細胞死. 第144回日本獣医学会学術集会、9月、江別.
  5. 日高彩子、中嶋秀満、東 泰孝、竹内正吉 (2007) マウス遠位結腸の弛緩に関わるNANC性メディエイター. 第144回日本獣医学会学術集会、9月、江別.
  6. Azuma YT, Shintani N, Nakajima H, Hashimoto H, Baba A, Takeuchi T (2007) PACAP provides colonic protection against dextran sodium sulfate induced colitis. 第4回Pfizer Science and Research Symposium 「消化管運動と機能性胃腸障害 基礎から臨床まで」、8月、名古屋.
  7. 河崎哲也、中嶋秀満、東 泰孝、松井 稔、竹内正吉(2007) マウス膀胱括約筋でのムスカリン受容体活性化による弛緩機構. 第49回日本平滑筋学会総会、7月、橿原.
  8. 日高彩子、中嶋秀満、東 泰孝、竹内正吉(2007) マウス遠位結腸の弛緩に関わる抑制性神経伝達物質. 第49回日本平滑筋学会総会、7月、橿原.
  9. 天野 渉、中嶋秀満、東 泰孝、竹内正吉(2007) 酸化ストレスによるヒトグリセロアルデヒド3リン酸脱水素酵素のアミロイド様凝集と神経細胞死への関与. 第111回日本薬理学会近畿部会、6月、名古屋.
  10. 日高彩子、中嶋秀満、東 泰孝、竹内正吉(2007) マウス遠位結腸におけるNANC性弛緩メディエイターの解明. 第111回日本薬理学会近畿部会、6月、名古屋.
  11. 河崎哲也、中嶋秀満、東 泰孝、松井 稔、竹内正吉(2007) マウス膀胱括約筋におけるムスカリン受容体を介した弛緩機構の解明. 第111回日本薬理学会近畿部会、6月、名古屋.
  12. 東  泰孝、萩  清美、中嶋秀満、新谷紀人、橋本  均、馬場明道、竹内正吉 (2007) マウス胃体部における抑制性伝達物質間の相互作用とK+チャネルの関連性 第143回日本獣医学会学術集会、4月、つくば.
  13. 中嶋秀満、中村あき、天野 渉、小野葉子、東  泰孝、竹内正吉 (2007) 酸化ストレス誘発性アポトーシスにおいて核内GAPDHはPARP-1と相互作用する 第143回日本獣医学会学術集会、4月、つくば.
  14. 中嶋秀満、藤田秋一、天野 渉、中村あき、福原彩乃、東  泰孝、乾 隆、竹内正吉 (2007) 酸化ストレスによるグリセロアルデヒド3リン酸脱水素酵素のアミロイド様繊維形成と神経細胞死 第80回日本薬理学会年会、3月、名古屋.
  15. 東  泰孝、Flavell, Richard、竹内正吉 (2007) 炎症応答および腸炎におけるインターロイキン-19の機能的役割 第80回日本薬理学会年会、3月、名古屋.

 

2006

  1. 東 泰孝、Tran, Elise、竹内正吉、Flavell, Richard (2006) 実験的自己免疫性脳脊髄炎(EAE)発症におけるc-Jun N-terminal kinaseファミリーの異なる役割 第110回日本薬理学会近畿部会、11月、京都.
  2. 中村あき、中嶋秀満、東 泰孝、竹内正吉 (2006) アポトーシス誘導時における核内グリセロアルデヒド3リン酸脱水素酵素(GAPDH)の病態生理学的役割に関する研究 第110回日本薬理学会近畿部会、11月、京都.
  3. 萩 清美、中嶋秀満、東 泰孝、新谷紀人、橋本 均、馬場明道、竹内正吉 (2006) マウス胃体部における抑制性伝達の解明−抑制性伝達物質間の相互作用とK+チャネルによる調節− 第110回日本薬理学会近畿部会、11月、京都.
  4. 東 泰孝、Tran, Elise、竹内正吉、Flavell, Richard (2006) c-Jun N-Terminal Kinase-1の抑制はIL-10産生を高め自己免疫炎症を軽減する 第142回日本獣医学会学術集会、9月、山口.
  5. 中嶋秀満、藤田秋一、中村あき、天野 渉、東 泰孝、竹内正吉 (2006) 酸化ストレスによるグリセルアルデヒド-3-リン酸脱水素酵素(GAPDH)のアミロイド様繊維形成 第142回日本獣医学会学術集会、9月、山口.
  6. Nakajima H, Fujita A, Nakamura A, Amano W, Azuma YT, Hata F, Takeuchi T (2006) Amyloid-like aggregate of GAPDH induced by oxidative stress is involved in neuronal cell death 第28回日本生物学的精神医学会/第36回日本神経精神薬理学会/第49回日本神経化学会大会 合同年会、9月、名古屋.
  7. 東 泰孝、佐藤友治、置塩 豊、中嶋秀満、畑 文明、竹内正吉 (2006) オレキシンAのマウス空腸伸展刺激における役割 第48回日本平滑筋学会総会、7月、岡山.
  8. 東 泰孝、佐藤友治、置塩 豊、中嶋秀満、畑 文明、竹内正吉 (2006) マウス空腸における上行性および下行性神経経路におけるオレキシンA作動性神経の役割 第109回日本薬理学会近畿部会、6月、倉敷.
  9. 中嶋秀満、後藤洋人、東 泰孝、竹内正吉 (2006) モルモット回腸神経細胞におけるSK2 channelとニコチン性ACh受容体との相互作用 第141回日本獣医学会学術集会、3月、つくば.
  10. 東 泰孝、竹内正吉、Flavell, Richard(2006) IL-19のToll様受容体シグナリングにおける生理学的役割と病態モデルによる機能解析 第141回日本獣医学会学術集会、3月、つくば.(プレナリーセッション)
  11. 東 泰孝、Tran, Elise、竹内正吉、Flavell, Richard (2006) c-Jun N-Terminal Kinase-1欠損によるマクロファージIL-10産生能の増強 第79回日本薬理学会年会、3月、横浜.
  12. 中嶋秀満、後藤洋人、畑 文明、東 泰孝、竹内正吉 (2006) モルモット腸神経におけるSK2チャネルとニコチン受容体の機能的相互作用 第79回日本薬理学会年会、3月、横浜.
  13. 竹内正吉、田中圭介、中嶋秀満、松井  稔、東 泰孝 (2006) マウス小腸の電気刺激誘発性収縮におけるムスカリン受容体の関与 第79回日本薬理学会年会、3月、横浜.

 

2005

  1. 後藤洋人、中嶋秀満、東 泰孝、竹内正吉 (2005) Small conductance Ca2+-activated K+ channelの消化管組織における分布 第108回日本薬理学会近畿部会、11月、西宮.
  2. 東 泰孝、竹内正吉 (2005) ATPおよびアデノシンによるマクロファージの機能変動 第108回日本薬理学会近畿部会、11月、西宮.
  3. 東 泰孝、竹内正吉 (2005) 15-deoxy-D12,14-prostaglandin J2および前駆体によるヒト白血病細胞株の増殖能増強メカニズム 第140回日本獣医学会学術集会、9月、鹿児島.
  4. 山城德之、畑  文明、藤田秋一、東 泰孝、中嶋秀満、松井  稔、竹内正吉 (2005) 膀胱からのACh遊離を抑制するムスカリン受容体のサブタイプ:ムスカリン受容体欠損マウスを用いた検討 第107回日本薬理学会近畿部会、6月、金沢.
  5. 東 泰孝、竹内正吉 (2005) 15-deoxy-D12,14-prostaglandin J2および前駆体による各種ヒト白血病細胞株の増殖能に対する比較検討 第107回日本薬理学会近畿部会、6月、金沢.
  6. Oliver Schulz, Sandra S. Diebold, Margaret Chen, Tanja I. Naslund, Martijn A. Nolte, Lena Alexopoulou, Yasu-Taka Azuma, Richard A. Flavell, Peter Liljestrom and Caetano Reis e Sousa (2005) TLR3 promotes cross-priming to virally-infected cells European Network of Immunology Institutes Conference 2005, 5/18-22, lle des Embiez (FRANCE).