教室希望学生へ

教室配属後、卒業までの大まかなスケジュールと学習スタイルのイメージ

 

過去の学生の卒業研究タイトル(卒業年度)(学会発表数)
現在の研究テーマに関連するタイトルのみ記載

・大腸炎モデルマウスにおけるIL-19の免疫学的役割(H20)(1回)
・消化管における Na+/Ca2+ exchangerの病態生理学的役割(H22)(5回)
・平滑筋特異的NCX過剰発現マウスにおける結腸運動調節機構に関する研究(H23)(1回)
・消化管運動におけるNa+/Ca2+ exchangerの生理学的役割に関する研究(H24)(1回)
・Transient receptor potential C channelの消化管における生理学的役割に関する研究(H25)(4回)
・胃運動におけるNa+/Ca2+ 交換輸送体の役割(H26)(5回)
・下部消化管運動におけるTRPC3およびC6の役割に関する薬理学的研究(H27)(5回)
・Na+/Ca2+ exchangerによる結腸の運動機能調節におけるin vivoからの検討(H27)(3回)
・IL-19のアレルギー性皮膚炎調節機構の解明(H28)(2回)
・非アルコール性脂肪肝炎(NASH)進展に伴う肝線維化におけるIL-19の調節機構の解明(H29)(0回)
・IL-19の肝線維化における役割解明(H30)(2回)
・IL-19の過剰発現がDSS誘発性大腸炎に与える影響の解析(R1)(4回)
・NASH病態におけるIL-19の発現動態および機能的役割の解明(R1)(4回)

 

薬理では、教育効果の一環として学会発表を重要視しています
この学会発表に併せて教室旅行に行くことが多いです
過去の教室旅行の行き先

H17 金沢(薬理学会近畿部会)
H18 倉敷(薬理学会近畿部会)
H19 名古屋(薬理学会近畿部会)
H20 岡山(薬理学会近畿部会)
H21 金沢(薬理学会近畿部会)
H22 帯広(獣医学会)
H23 道後温泉(学会関係なし)・福岡(薬理学会西南部会)
H24 盛岡(獣医学会)
H25 岐阜(獣医学会)
H26 札幌(獣医学会)
H27 岐阜(薬理学会近畿部会)・十和田(獣医学会)・スペイン(UEG)
H28 藤沢(獣医学会)
H29 なし
H30 京都(国際薬理学会)・オランダ(ECI)
R1   福岡(免疫学会)