研究業績

学術論文

  1. T. Bessho, T. Okada, C. Kimura, T. Shinohara, A. Tomiyama, A. Imamura, M. Kuwamura, K. Nishimura, K. Fujimori, S. Shuto, O. Ishibashi, BK. Kubata, T. Inui. Novel Characteristics of Trypanosoma brucei Guanosine 5′-monophosphate Reductase Distinct from Host Animals. PLoS Negl Trop Dis. 10, e0004339. doi: 10.1371/journal.pntd.0004339, 2016
  2. A. Hinenoya, K. Shima, M. Asakura, K. Nishimura, T. Tsukamoto, T. Ooka, T. Hayashi, T. Ramamurthy, SM Faruque, S. Yamasaki. Molecular characterization of cytolethal distending toxin gene-positive Escherichia coli from healthy cattle and swine in Nara, Japan.BMC Microbiol. 14:97 doi: 10.1186/1471-2180-14-97, 2014
  3. K. Nishimura, K. Tokida, H. Katsuyama H. Nakagawa, S. Matsuo. The effect of hemin-induced oxidative stress on erythropoietin production in HepG2 cells. Cell Biology International 38, 1321-1329, 2014
  4. K. Nishimura, H. Katsuyama H. Nakagawa, S. Matsuo. Stimulating Effect of Ethanol on Erythropoietin Production in the Liver Cells. Journal of Metabolic Syndrome 3, 164 doi: 10.4172/2167-0943.1000164, 2014

 

学会・国際会議報告

  1. 松本理沙、中川博史、松尾三郎、西村和彦:ケルセチンによるエリスロポエチン産生促進とアポトーシス誘導 第158回日本獣医学会学術集会 2015年9月 十和田
  2. 平林愛里沙、平岡真弘、勝山英明、中川博史、松尾三郎、西村和彦:HepG2細胞におけるピルビン酸のエリスロポエチン産生促進機構 第158回日本獣医学会学術集会 2015年9月 十和田
  3. 中川博史、硲 一樹、石田勝政、小森雅之、松尾三郎、西村和彦:rER-Golgi間タンパク輸送小胞形成へのPLD1およびPLD2の関与の検討 第158回日本獣医学会学術集会 2015年9月 十和田
  4. 志田原一葉、中川博史、松尾三郎、西村和彦:COPⅡ小胞輸送調節におけるcasein kinase IIの役割 第158回日本獣医学会学術集会 2015年9月 十和田
  5. 松尾三郎、中川博史、西村和彦:ストレスに対する細胞防御反応:autophagyとapoptosisの誘導調節 第42回毒性学会学術年会 2015年6月 金沢
  6. 西村和彦、米澤裕紀、中川博史、松尾三郎:HepG2細胞のエリスロポエチン産生抑制によるシスプラチンの抗ガン作用の増強 第42回毒性学会学術年会 2015年6月 金沢
  7. 中川博史、石田勝政、大竹 潤、硲 一樹、志田原一葉、松尾三郎、西村和彦:シスゴルジマーカーを用いた細胞内小胞輸送評価系 第42回毒性学会学術年会 2015年6月 金沢
  8. 西村和彦、勝山英明、平岡真弘、中川博史、松尾三郎:ソルビトールおよび乳酸添加がHepG2細胞のエリスロポエチン産生に及ぼす影響 第157回日本獣医学会学術集会 2014年9月 札幌
  9. 米澤裕紀、西村和彦、中川博史、松尾三郎:HepG2細胞が産生するエリスロポエチンによる細胞保護作用 第157回日本獣医学会学術集会 2014年9月 札幌
  10. 中川博史、小森雅之、西村和彦、松尾三郎:rER-Golgi間タンパク輸送小胞形成にrER膜とβ-tublinの結合が関与する 第157回日本獣医学会学術集会 2014年9月 札幌
  11. 硲 一樹、中川博史、松尾三郎、西村和彦:COPⅡ小胞輸送に関与するホスホリパーゼD(PLD)アイソフォームの検討  第157回日本獣医学会学術集会 2014年9月 札幌
  12. 杉山慶樹、松尾三郎、中川博史、西村和彦:autophagy活性化に伴うeIF2α-ATF4-CHOP経路におけるCHOP発現の抑制調節について 第157回日本獣医学会学術集会 2014年9月 札幌
  13. 岩崎 登、杉山慶樹、中川博史、西村和彦、松尾三郎:ストレス刺激に対して細胞が選ぶautophagyとapoptosisの選択課程におけるeIF2α-ATF4経路とGADD34の役割 第41回毒性学会学術年会 2014年7月 神戸
  14. 西村和彦、平岡真弘、勝山英明、中川博史、松尾三郎:HepG2細胞におけるエリスロポエチン産生に対するソルビトール及び乳酸添加の影響 第41回毒性学会学術年会 2014年7月 神戸