西村和彦

CIMG0135西村 和彦 Kazuhiko Nishimura, D.V.M., Ph.D.

准教授 農学博士、獣医師

略歴

1987年 大阪府立大学大学院農学研究科博士前期課程修了

1987年 奈良県畜産試験場勤務

1992年 奈良県南和家畜保健衛生所勤務

1996年 大阪府立大学農学部獣医学科助手

2001年 大阪府立大学大学院農学生命科学研究科獣医学専攻 助手

2005年 大阪府立大学大学院生命環境科学研究科 助手

2008年 大阪府立大学大学院生命環境科学研究科 准教授

所属学会

日本獣医学会、日本毒性学会、日本薬理学会、日本畜産学会、American Society of Parasitologists、人と動物の関係学会、日本養豚学会、日本食品衛生学会、獣医疫学会、日本細菌学会、日本野生動物医学会、日本獣医師会、日本リスク研究学会

 

研究テーマ

  • エリスロポエチン産生機構の解明
  • トリパノソーマ感染動物における宿主応答の解析
  • 腸内細菌叢の胆汁酸代謝に及ぼす経口吸収される化学物質の影響
  • 薬物代謝酵素P450mRNA発現による環境汚染評価法の開発

研究活動実績

(1)学術論文

  1. T. Bessho, T. Okada, C. Kimura, T. Shinohara, A. Tomiyama, A. Imamura, M. Kuwamura, K. Nishimura, K. Fujimori, S. Shuto, O. Ishibashi, BK. Kubata, T. Inui. Novel Characteristics of Trypanosoma brucei Guanosine 5′-monophosphate Reductase Distinct from Host Animals. PLoS Negl Trop Dis. 10, e0004339. doi: 10.1371/journal.pntd.0004339, 2016
  2. Murakami K, Nakagawa H, Nishimura K, Matsuo S. Changes in peptidergic fiber density in the synovium of mice with collagenase-induced acute arthritis. Can J Physiol Pharmacol. 93, 435-441, 2015.
  3. Iwasaki N, Sugiyama Y, Miyazaki S, Nakagawa H, Nishimura K, Matsuo S. An ATF4-Signal-Modulating Machine Other Than GADD34 Acts in ATF4-to-CHOP Signaling to Block CHOP Expression in ER-Stress-Related Autophagy. J Cell Biochem. 116, 1300-1309, 2015.
  4. A. Hinenoya, K. Shima, M. Asakura, K. Nishimura, T. Tsukamoto, T. Ooka, T. Hayashi, T. Ramamurthy, SM Faruque, S. Yamasaki. Molecular characterization of cytolethal distending toxin gene-positive Escherichia coli from healthy cattle and swine in Nara, Japan.BMC Microbiol. 14:97 doi: 10.1186/1471-2180-14-97, 2014
  5. K. Nishimura, K. Tokida, H. Katsuyama H. Nakagawa, S. Matsuo. The effect of hemin-induced oxidative stress on erythropoietin production in HepG2 cells. Cell Biology International 38, 1321-1329, 2014
  6. K. Nishimura, H. Katsuyama H. Nakagawa, S. Matsuo. Stimulating Effect of Ethanol on Erythropoietin Production in the Liver Cells. Journal of Metabolic Syndrome 3, 164 doi: 10.4172/2167-0943.1000164, 2014
  7. H. Matsumoto, S. Miyazaki, S. Matsuyama, M. Takeda,M. Kjawano, H. Nakagawa, K. Nishimura, S. Matsuo. Selection of autophagy or apoptosis in cells exposed to ER-stress depends on ATF4 expression pattern with or without CHOP expression. Biology Open 2, 1084-1090, 2013
  8. H. Nakagawa, M. Ishizaki, S. Miyazaki, T. Abe, K. Nishimura, M. Komori, S. Matsuo. Sar1 translocation onto the ER-membrane for vesicle budding has different pathways for promotion and suppression of ER-to-Golgi transport mediateted through H89-sensitive kiase and ER-resident G protein. Mol Cell Biochem. 366:175-182, 2012
  9. H. Nakagawa, H. Umadome, S. Miyazaki, K. Tanaka, K. Nishimura, M. Komori, S. Matsuo. ER-resident G(i2) protein controls sar1 translocation onto the ER during budding of transport vesicles. J Cell Biochem. 112(9), 2250-2256, 2011
  10. H. Nakagawa, S. Miyazaki, T. Abe, H. Umadome, K. Tanaka, K. Nishimura, M. Komori, S. Matsuo. H89 sensitive kinase regulates the translocation of Sar1 onto the ER membrane through phosphorylation of ER-coupled ß-tubulin. Int. J Biochem. Cell Biol. 43, 423-430, 2011
  11. S. Mukai, H. Nakagawa, H. Ichikawa, S. Miyazaki, K. Nishimura, S. Matsuo. Effects of extracellular acidic-alkaline stresses on trigeminal ganglion neurons in the mouse embryo in vivo. Archives of Toxicol. 85, 149-154, 2011
  12. K. Nishimura, H. Nakaya, H. Nakagawa, S. Matsuo, Y. Ohnishi, S. Yamasaki. Effect of trypanosoma brucei brucei on erythropoiesis in infected rats. J Parasitol. 97: 88-93. 2011
  13. K. Nishimura, H. Nakaya, H. Nakagawa, S. Matsuo, Y. Ohnishi, S. Yamasaki. Differential effects of trypanosoma brucei gambiense and trypanosoma brucei brucei on rat macrophages. J Parasitol. 97: 48-54. 2011
  14. H. Nakagawa, S. Miyazaki, T. Abe, H. Umadome, K. Tanaka, K. Nishimura, M. Komori, S. Matsuo. H89 sensitive kinase regulates the translocation of Sar1 onto the ER membrane through phosphorylation of ER-coupled β-tubulin.Int. J. Biochem. Cell Biol. 43: 423-430, 2011
  15. S. Mukai, H. Nakagawa, H. Ichikawa, S. Miyazaki, K. Nishimura, S. Matsuo. Effects of extracellular acidic-alkaline stresses on trigeminal ganglion neurons in the mouse embryo in vivo. Arch Toxicol. 85: 149-154, 2011
  16. K. Nishimura, T. Yanase, H. Nakagawa, S. Matsuo, Y. Ohnishi, S. Yamasaki. Effect of polyamine-deficient chow on Trypanosoma brucei brucei infection in rats. J. Parasitol. 95: 781-786, 2009
  17. K. Shima, N. Kawamura, A. Hinenoya, M. Asakura, Y. Wu, K. Nishimura, G.B. Nair, and S. Yamasaki. Rapid culture-free identification and molecular typing of Shiga toxin-producing Escherichia coli by PCR-RFLP. Microbiol. Immunol., 52: 310-313, 2009.
  18. K. Nishimura, S. Sakakibara, K. Mitani, J. Yamate, Y. Ohnishi, and S. Yamasaki. Inhibition of Interleukin-12 Production by Trypanosoma Brucei in Rat Macrophages. J. Parasitol. 94: 99-106, 2008
  19. K. Nishimura, M. Yagi, Y. Ohnishi, and S. Yamasaki. Cytokines and Nitric Oxide Production by Trypanosoma Brucei Infection in Polyamine-Deficient Chow Feeding Rats. J. Parasitol. 94: 107-113, 2008
  20. M. Asakura, W. Samosornsuk, A. Hinenoya, N. Misawa, K. Nishimura, A. Matsuhisa, and S. Yamasaki. Development of a cytolethal distending toxin (cdt) gene-based species-specific multiplex PCR assay for the detection of cdt genes in Campylobacter jejuni, Campylobacter coli and Campylobacter fetus. FEMS Immunol. Med. Microbiol. 52: 260-265, 2008.
  21. W. Samosornsuk, M. Asakura, E. Yoshida, T. Taguchi, K. Nishimura, B. Eampokalap, V. Phongsisay, W. Chaicumpa and S. Yamasaki. Evaluation of a cytolethal distending toxin (cdt) gene-based species-specific multiplex PCR assay for the identification of Campylobacter strains isolated from poultry in Thailand. Microbiol. Immunol. 51: 909-917, 2007.
  22. M. Asakura, W. Samosornsuk, M. Taguchi, K. Kobayashi, N. Misawa, M. Kusumoto, K. Nishimura, A. Matsuhisa, and S. Yamasaki. Comparative analysis of cytolethal distending toxin (cdt) genes among Campylobacter jejuni, C. coli and C. fetus strains. Microb. Pathog. 42: 174-183, 2007.
  23. K. Shima, Y. Wu, N. Sugimoto, M. Asakura, K. Nishimura, and S. Yamasaki. Comparison of the PCR-restriction fragment length polymorphism (PCR-RFLP) to pulsed-field gel electrophoresis: effect of repeated subculture and prolonged storage on RFLP patterns of Shiga toxin-producing Escherichia coli O157:H7. J. Clin. Microbiol., 44: 3963-3968, 2006.
  24. Ishii, T., Nishimura, K., Nishimura, M. Administration of xenobiotics with anti-estrogenic effects results in mRNA induction of adult male-specific cytochrome P450 (CYP) isozymes in the livers of adult female rats. J. Phamacol. Sci. 101: 250-255. 2006.
  25. Nishimura, K., Yanase T., Araki, N., Ohnishi, Y., Kozaki, S., Shima, K., Asakura, M., Samosomsuk, W., Yamasaki, Y. Effects of polyamines on two strains of Trypanosoma brucei in infected rats and in vitro culture. J. Parasitol. 92: 211-217, 2006.
  26. Shima, K., N, Yoshii, M. Akiba, K. Nishimura, M. Nakazawa, and S. Yamasaki Comparison of PCR-RFLP and PFGE for determining the clonality of enterohemorrhagic Escherichia coli strains. FEMS Microbiol. Lett., 257: 124-131, 2006.
  27. Nishimura, K.,Shima, K.,Asakura, M.,Ohnishi, Y., Yamasaki, S. Effects of heparin administration on Trypanosoma brucei gambiense infection in Rats. J. Parasitol. 91, 219-222 2005.
  28. Nishimura, K.,Hamashita, K., Okamoto, Y., Kawahara, F., Ihara, H., Kozaki, S., Ohnishi, Y., Yamasaki, S. Differential effects of interferon-γ on production of trypanosome-derived lymphocyte triggering factor by Trypanosoma brucei gambiense and Trypanosoma brucei brucei. J. Parasitol. 90, 740-745 2004.
  29. Shima, K., Terajima, J.,Sato , T., Nishimura, K., Tamura, K., Watanabe, H., Takeda, Y., Yamasaki, S. Development of a PCR-restriction fragment length polymorphism assayfor the epidemiological analysis of Shiga toxin-producing Escherichia Coli. J. Clin.microbial. 42, 5205-5213 2004.

(2)国際会議論文・プローシーディング

  1. 西村和彦、八木道子、三谷康介、大西義博、山崎伸二 Trypanosoma brucei感染ラット脾臓におけるポリアミン合成に及ぼす低ポリアミン飼料給与の影響 Jpn. J. Vet. Prasitol. 6: 110. 2008
  2. 西村和彦、八木道子、三谷康介、大西義博、山崎伸二 低ポリアミン飼料給与がTrypanosoma brucei感染ラットのサイトカイン産生へ及ぼすの影響 Jpn. J. Vet. Prasitol. 5: 60. 2007
  3. 西村和彦、八木道子、三谷康介、大西義博、山崎伸二 低ポリアミン飼料給与がTrypanosoma brucei感染ラットのサイトカイン産生へ及ぼすの影響 Jpn. J. Vet. Prasitol. 5: 60. 2007
  4. 西村和彦、八木道子、三谷康介、嶋 謙介、朝倉昌博、杉本典彦、大西義博、山崎伸二 培養ラット腹腔マクロファージサイトカイン産生へ及ぼすTrypanosoma bruceiの影響Jpn. J. Vet. Prasitol. 4: 21. 2006
  5. Toshiaki Ishii, K. Nishimura, M. Nishimura. Comparison of mRNA levels of adult male-specific cytochrome P450 (CYP) isozymes in the liver of adult roof rats captured in environmentally distinct areas. J. Phamacol. Sci. 100 Suppl 1, 163P, 2006
  6. 西村和彦、榊原信介、八木道子、嶋 謙介、大西義博、山崎伸二 Trypanosoma brucei増殖におけるポリアミンの影響 Jpn. J. Vet. Prasitol. 3: 65. 2005
  7. 榊原信介、西村和彦、岡本泰幸、大西義博、山崎伸二 Trypanosoma brucei感染ラットにおける感染初期のサイトカイン動態 Jpn. J. Vet. Prasitol. 3: 15. 2005
  8. 西村和彦、榊原信介、嶋 謙介、大西義博、山崎伸二 ヘパリンがトリパノソーマ感染ラットに及ぼす影響 Jpn. J. Vet. Prasitol. 3: 9. 2005

(6)学会・国際会議報告

  1. 松本理沙、中川博史、松尾三郎、西村和彦:ケルセチンによるエリスロポエチン産生促進とアポトーシス誘導 第158回日本獣医学会学術集会 2015年9月 十和田
  2. 平林愛里沙、平岡真弘、勝山英明、中川博史、松尾三郎、西村和彦:HepG2細胞におけるピルビン酸のエリスロポエチン産生促進機構 第158回日本獣医学会学術集会 2015年9月 十和田
  3. 中川博史、硲 一樹、石田勝政、小森雅之、松尾三郎、西村和彦:rER-Golgi間タンパク輸送小胞形成へのPLD1およびPLD2の関与の検討 第158回日本獣医学会学術集会 2015年9月 十和田
  4. 志田原一葉、中川博史、松尾三郎、西村和彦:COPⅡ小胞輸送調節におけるcasein kinase IIの役割 第158回日本獣医学会学術集会 2015年9月 十和田
  5. 松尾三郎、中川博史、西村和彦:ストレスに対する細胞防御反応:autophagyとapoptosisの誘導調節 第42回毒性学会学術年会 2015年6月 金沢
  6. 西村和彦、米澤裕紀、中川博史、松尾三郎:HepG2細胞のエリスロポエチン産生抑制によるシスプラチンの抗ガン作用の増強 第42回毒性学会学術年会 2015年6月 金沢
  7. 中川博史、石田勝政、大竹 潤、硲 一樹、志田原一葉、松尾三郎、西村和彦:シスゴルジマーカーを用いた細胞内小胞輸送評価系 第42回毒性学会学術年会 2015年6月 金沢
  8. 西村和彦、勝山英明、平岡真弘、中川博史、松尾三郎:ソルビトールおよび乳酸添加がHepG2細胞のエリスロポエチン産生に及ぼす影響 第157回日本獣医学会学術集会 2014年9月 札幌
  9. 米澤裕紀、西村和彦、中川博史、松尾三郎:HepG2細胞が産生するエリスロポエチンによる細胞保護作用 第157回日本獣医学会学術集会 2014年9月 札幌
  10. 中川博史、小森雅之、西村和彦、松尾三郎:rER-Golgi間タンパク輸送小胞形成にrER膜とβ-tublinの結合が関与する 第157回日本獣医学会学術集会 2014年9月 札幌
  11. 硲 一樹、中川博史、松尾三郎、西村和彦:COPⅡ小胞輸送に関与するホスホリパーゼD(PLD)アイソフォームの検討  第157回日本獣医学会学術集会 2014年9月 札幌
  12. 杉山慶樹、松尾三郎、中川博史、西村和彦:autophagy活性化に伴うeIF2α-ATF4-CHOP経路におけるCHOP発現の抑制調節について 第157回日本獣医学会学術集会 2014年9月 札幌
  13. 岩崎 登、杉山慶樹、中川博史、西村和彦、松尾三郎:ストレス刺激に対して細胞が選ぶautophagyとapoptosisの選択課程におけるeIF2α-ATF4経路とGADD34の役割 第41回毒性学会学術年会 2014年7月 神戸
  14. 西村和彦、平岡真弘、勝山英明、中川博史、松尾三郎:HepG2細胞におけるエリスロポエチン産生に対するソルビトール及び乳酸添加の影響 第41回毒性学会学術年会 2014年7月 神戸
  15. 平岡真弘、西村和彦、中川博史、松尾三郎:HepG2細胞におけるエリスロポエチン産生への乳酸の影響 第156回日本獣医学会学術集会 2013年9月 岐阜
  16. 大竹 潤、中川博史、西村和彦、松尾三郎:COPⅡ小胞形成におけるコートタンパク移動調節へのcasein kinase Ⅱの関与 第156回日本獣医学会学術集会 2013年9月 岐阜
  17. 中川博史、小森雅之、西村和彦、松尾三郎:細胞内脂質輸送小胞に関与するタンパクの検討について 第156回日本獣医学会学術集会 2013年9月 岐阜
  18. 中川博史、西村和彦、松尾三郎:シスゴルジマーカーを用いた細胞内タンパク小胞輸送評価系の検討 第40回日本毒性学会学術年会 2013年6月 東京
  19. 松本弘輝、岩崎 登、中川博史、西村和彦、松尾三郎:ER-stressで導かれる2つの防御反応(autophagyとapoptosis)の選択はATF4発現に加えてのCHOP発現の有無で調節される 第40回日本毒性学会学術年会 2013年6月 東京
  20. 西村和彦、勝山英明、平岡真弘、中川博史、松尾三郎:HepG2細胞におけるエリスロポエチン産生に対するエタノール添加の影響 第40回日本毒性学会学術年会 2013年6月 東京
  21. 西村和彦、勝山英明、中川博史、松尾三郎:HepG2細胞におけるエリスロポエチン産生に対するソルビトール添加の影響 第155回日本獣医学会学術集会 2013年3月 東京
  22. 勝山英明、西村和彦、中川博史、松尾三郎:ソルビトールが有するエリスロポエチン産生促進効果 第154回日本獣医学会学術集会 2012年9月 盛岡
  23. 中川博史、小森雅之、西村和彦、松尾三郎:rER-Golgi間輸送小胞形成過程におけるH89感受性kinaseの作用部位について 第154回日本獣医学会学術集会 2012年9月 盛岡
  24. 石田勝政、中川博史、西村和彦、松尾三郎:COPⅡ小胞輸送におけるホスホリパーゼD活性の関与 第154回日本獣医学会学術集会 2012年9月 盛岡
  25. 松本弘輝、松尾三郎、西村和彦、中川博史:ER(小胞体)ストレスが導くautophagyとUPR発現調節機構の差異 第154回日本獣医学会学術集会 2012年9月 盛岡
  26. K. Nishimura, M. Tokida, H. Katsuyama, H. Nakagawa, S. Matsuo Effect of oxidative stress of iron on erythropoietin production in HepG2 cell. The 6th International congress of asian society of toxicology 2012年7月 仙台
  27. 西村和彦、常田将宏、勝山英明、中川博史、松尾三郎:エリスロポエチン産生に及ぼす鉄の2つの効果 第39回日本毒性学会学術年会 2012年7月 仙台
  28. 西村和彦, 常田将宏, 勝山英明, 中川博史, 松尾三郎:鉄によるエリスロポエチン産生抑制に対する酸化ストレスの影響, 第153回日本獣医学会学術集会 2012年3月、大宮
  29. 常田将宏, 西村和彦, 中川博史, 松尾三郎:低酸素状態におけるエリスロポエチン産生に鉄投与が与える影響について, 第152回日本獣医学会学術集会 2011年9月、大阪
  30. 西村和彦, 勝山英明, 常田将宏, 中川博史, 松尾三郎:エリスロポエチン産生に及ぼすエタノールの影響, 第152回日本獣医学会学術集会 2011年9月、大阪
  31. 中川博史, 小森雅之, 西村和彦, 松尾三郎:rER-Golgi間輸送制御における三量体Gタンパクとkinaseシグナリングの関係, 第152回日本獣医学会学術集会 2011年9月、大阪
  32. 中川博史, 小森雅之, 西村和彦, 松尾三郎:腎近位尿細管由来株化細胞を用いたrER-Golgi間輸送制御におけるMastoparan感受性シグナルの検討, 第151回日本獣医学会学術集会 2011年3月、東京
  33. 常田将宏, 西村和彦, 中川博史, 松尾三郎:低酸素状態のエリスロポエチン産生に対する鉄の影響, 第151回日本獣医学会学術集会 2011年3月、東京
  34. 松尾三郎, 中川博史, 西村和彦:Differences in activation signals between ER-stress induced autophagy and unfolded protein response., 日本解剖学会第86回近畿支部学術集会 2010年11月,大阪
  35. 中川博史, 小森雅之, 西村和彦, 松尾三郎:rER-Golgi間輸送制御におけるPCTAIRE-1 kinaseの動態, 第150回日本獣医学会学術集会 2010年9月、帯広
  36. 西村和彦, 中川博史, 松尾三郎:酸化還元状態がエリスロポエチン産生に及ぼす影響, 第150回日本獣医学会学術集会 2010年9月,帯広
  37. 中川博史, 小森雅之, 西村和彦, 松尾三郎:腎近位尿細管細胞rER-Golgi間輸送制御におけるPhospholipase Dの関与, 第149回日本獣医学会学術集会2010年4月、東京
  38. 西村和彦, 仲谷春奈, 中川博史, 松尾三郎:貧血時におけるマクロファージ活性化が造血機能へ及ぼす影響, 第149回日本獣医学会学術集会2010年4月、東京
  39. pH調整剤投与によるラット糞便中胆汁酸組成の変化と糞便中成分の関係 西村和彦、中川博史、松尾三郎 第148回日本獣医学会学術集会 2009年9月、鳥取
  40. ラットエリスロポエチン産生にTrypanosoma brucei bruceiが及ぼす影響 仲谷春奈、 西村和彦、大西義博、山崎伸二 第148回日本獣医学会学術集会 2009年9月、鳥取
  41. collagenase誘発関節炎モデルマウスにおける傷害発現機構について 村上康平、中川博史、西村和彦、松尾三郎 第148回日本獣医学会学術集会 2009年9月、鳥取
  42. rER-Golgi間輸送制御におけるphospholipase Dの作用 中川博史、小森雅之、 西村和彦、 松尾三郎 第148回日本獣医学会学術集会 2009年9月、鳥取
  43. 胎仔環境の変化が及ぼす神経発達への影響について 向進吾、中川博史、西村和彦、松尾三郎 第148回日本獣医学会学術集会 2009年9月、鳥取
  44. Trypanosoma brucei感染がマクロファージ機能と湯説に及ぼす影響 西村和彦、仲谷春奈、三谷康介、大西義博、山崎伸二、中川博史、松尾三郎 第147回日本獣医学会学術集会 2009年3月、栃木
  45. Trypanosoma brucei感染ラットにおける貧血発生機序の解析 仲谷春奈、 西村和彦、大西義博、山崎伸二 第147回日本獣医学会学術集会 2009年3月、栃木
  46. 腎近位尿細管細胞のERストレスへのrER-Golgi間輸送制御による応答 中川博史、石崎雅和、小森雅之、 西村和彦、 松尾三郎  第147回日本獣医学会学術集会 2009年3月、栃木
  47. 西村和彦、中川博史、松尾三郎 pH調整剤投与がラット糞便中胆汁酸組成に及ぼす影響 第146回日本獣医学会学術集会 2008年9月、宮崎
  48. 武田雅之、中川博史、 西村和彦、松尾三郎 肝実質初代培養細胞におけるautophagy調節機構について 第146回日本獣医学会学術集会 2008年9月、宮崎
  49. 中川博史、小森雅之、 西村和彦、松尾三郎 rER-Golgi輸送制御におけるrER膜結合tubulinの動態 第146回日本獣医学会学術集会 2008年9月、宮崎
  50. 石崎雅和、中川博史、 西村和彦、松尾三郎 Golgi再構築におけるrER-Golgi間輸送の役割について 第146回日本獣医学会学術集会 2008年9月、宮崎
  51. 酒巻大策、中川博史、 西村和彦、三浦大作、清宮健一、松尾三郎 Advanced glycation end products (AGEs)による尿細管上皮間葉転換と尿細管間質の繊維化について 第146回日本獣医学会学術集会 2008年9月、宮崎
  52. 山崎伸二、田口 尭、Worada Samosornsuk、日根野谷 淳、呉 育羅、朝倉昌博、 西村和彦 牛舎内の牛からの志賀毒素産生性大腸菌の分離と分離菌の分子疫学的解析 第145回日本獣医学会学術集会 2008年4月、神奈川
  53. 西村和彦、大西義博、山崎伸二 アフリカトリパノソーマ感染ラットにおける脾臓マクロファージの変化と低ポリアミン飼料給与の関係 第145回日本獣医学会学術集会 2008年4月、神奈川
  54. 西村和彦、八木道子、三谷康介、大西義博、山崎伸二 Trypanosoma burcei感染ラット脾臓におけるポリアミン合成に及ぼす低ポリアミン飼料給与の影響 第144日本獣医学会学術集会、2007年9月、江別
  55. 四良丸 幸、朝倉昌博、名木田 章、Worada Samosorunsuk、西村和彦、松久明生、山崎伸二: 種特異的Cytolethal distending toxin遺伝子に基づくnested-multiplex PCRを用いたCampylobacter属細菌の迅速検出、第143日本獣医学会学術集会、2007年4月、つくば
  56. 西村和彦、三谷康介、山手丈至、大西義博、山崎伸二: Trypanosoma burcei感染ラットにおけるマクロファージコロニー刺激因子のInterleukin-12産生への影響、第143日本獣医学会学術集会、2007年4月、つくば
  57. 日根野谷淳、島 綾香、朝倉昌博、西村和彦、勢戸和子、塚本定三、山崎伸二:志賀毒素および細胞膨化致死毒素を産生する大腸菌の細菌学的性状. 第80回日本細菌学会総会、2007年3月、大阪
  58. サムソルンスク ワラダ、朝倉昌博、杉本典彦、四良丸幸、西村和彦、山崎伸二:Molecular characterization of cytolethal distending toxin of Campylobacter hyointestinalis. 第80回日本細菌学会総会、2007年3月、大阪
  59. A. Hinenoya, M. Asakura, K. Shima, K. Nishimura, A. Nagita, Keiko Ninomiya, M. Okuda, K. Seto, T. Tsukamoto, T. Ramamurthy, S. Yamasaki. Isolation and molecular characterization of cytolethal distending toxin (Cdt)-producing Escherichia coli from children with diarrhea in Japan. 41st Joint Conference on cholera and other bacterial enteric infections panel. November 5-7, 2006, Gifu, Japan.
  60. K. Shima, W. Yuluo, N. Sugimoto, M. Asakura, K. Nishimura, S. Yamasaki. Evaluation of the PCR-restriction fragment length polymorphisms (RFLP) assay as compared with pulsed-field gel electrophoresis: effects of repeated subculture and prolonged storage on RFLP patterns of enterohemorrhagic Escherichia coli O157:H7. VTEC 2006 6th International Symposium on Shiga Toxin (Verocytotoxin)-Producing Escherichia coli Infections. Oct. 29 to Nov. 1, 2006, Melbourne, Australia.
  61. 四良丸 幸、朝倉昌博、Worada Samosorunsuk、西村和彦、松久明生、山崎伸二: Cytolethal distending toxin(cdt)遺伝子に基づくnested-multiplex PCRによるCampylobacter属細菌の検出法の開発と食品検査への応用、第59日本細菌学会関西支部総会、2006年10月、大阪
  62. 福島美智子、日根野谷淳、朝倉昌博、西村和彦、長谷川貴史、本田善久、小松澤 均、菅井基行、山崎伸二:イヌの口腔内から分離したcytolethal distending toxin(cdt)遺伝子陽性のPasteurella canisの細胞毒素活性、第59日本細菌学会関西支部総会、2006年10月、大阪
  63. 日根野谷淳、朝倉昌博、嶋 謙介、福島美智子、西村和彦、名木田 章、二宮恵子、奥田真須美、勢戸和子、塚本定三、T. Ramamurthy、山崎伸二:小児下痢症からのCytolethal distending toxin(CDT)産生性大腸菌の分離と性状解析、第59日本細菌学会関西支部総会、2006年10月、大阪
  64. 朝倉昌博、四良丸 幸、Worada Samosornsuk、西村和彦、松久明生、山崎伸二:Cytoletha distending toxin (cdt) 遺伝子の特異性に基づく種特異的multiplex PCRによるCampylobacter属細菌の検出と同定、第27回日本食品微生物学会学術総会、2006年9月、堺
  65. T. Ishii, K. Nishimura, M. Nishimura. Administration of Xenobiotics with Anti-estrogenic Effect Results in mRNA Induction of Adult Male-specific Cytochrome P450 (CYP) Isozymes in the Liver of Adult Female Rats. The Joint international Symposium of the 12th Annual Meeting of the Japanese Society of Zoo and Wildlife Medicine and the 21st Century COE Program of Gifu University – Environmental Condition Based on Ecology and Pathology of Wild Animals – September 27, 2006. Gifu, Japan.
  66. 西村和彦、八木道子、三谷康介、大西義博、山崎伸二 低ポリアミン飼料給与がTrypanosoma brucei感染ラット脾細胞のサイトカイン産生へ及ぼす影響 第142回日本獣医学会学術集会 2006年9月、山口
  67. 三谷康介、西村和彦、八木道子、大西義博、山崎伸二 Trypanosoma brucei gambienseによるマクロファージIL-12産生抑制機構の解析 第142回日本獣医学会学術集会 2006年9月、山口
  68. 朝倉昌博、四良丸 幸、Worada Samosornsuk、西村和彦、松久明生、山崎伸二:Cytoletha distending toxin (cdt) 遺伝子の特異性に基づく種特異的multiplex PCRによるCampylobacter属細菌の検出と同定、第27回日本食品微生物学会学術総会、2006年9月、堺
  69. Y. Ohnishi, K. Nishimura. Agmatine enhances a gametocytogenesis in cultured Plasmodium falciparum. Asian-Pacific Congress for Parasitic Zoonoses. Augast 24, 2006. Gifu, Japan.
  70. 日根野谷淳、朝倉昌博、勢戸和子、塚本定三、西村和彦、山崎伸二:志賀毒素及び細胞膨化致死毒素を産生する大腸菌の家畜からの分離と性状解析、第10回腸管出血性大腸菌感染症シンポジウム、2006年8月、東京
  71. 日根野谷淳、朝倉昌博、嶋 謙介、福島美智子、西村和彦、名木田章、二宮恵子、奥田真珠美、勢戸和子、塚本定三、T. Ramamurthy、山崎伸二:小児下痢症患者から分離したCytolethal distending toxin (CDT)産生性大腸菌の分離と性状解析、第53回毒素シンポジウム、2006年7月、山梨
  72. 福島美智子、日根野谷淳、朝倉昌博、西村和彦、長谷川貴史、本田善久、小松澤 均、菅井基行、山崎伸二:イヌの口腔内から分離したPasteurella canisが保有するcdt遺伝子の解析、第53回毒素シンポジウム、2006年7月、山梨
  73. Y. Wu, K. Shima, N. Sugimoto, M. Asakura, K. Nishimura, Y. Oyamada, H. Ito, and S. Yamasaki. Different influence on promotion of Shiga toxins (Stx1 and Stx2) production by mitomycin C. 8th Japan-Korea International Symposium on Microbiology, March 29, 2006, Kanazawa, Japan.
  74. W. Samosornsuk, M. Asakura, S. Samosornsuk, B. Eampokalap, K. Nishimura, W. Chaicumpa and S. Yamasaki. Fluoroquinolone resistance in Campylobacter jejuni and C. coli isolated from human and poultry in Thailand: detection of gyrA mutation. 8th Japan-Korea International Symposium on Microbiology, March 29, 2006, Kanazawa, Japan.
  75. 朝倉昌博、Worada Samosornsuk、西村和彦、山崎伸二:Campylobacter属細菌が保有するcdt遺伝子クラスターの保存性に関する解析、第79回日本細菌学会総会、2006年3月、金沢
  76. 日根野谷淳、村上浩美、嶋 謙介、朝倉昌博、西村和彦、塚本定三、山崎伸二:下痢症患者より分離したCytolethal distending toxin (CDT) 産生性大腸菌の細菌学的性状解析、第79回日本細菌学会総会、2006年3月、金沢
  77. 石井利明、西村和彦、西村昌数: 雌成体イエネズミ肝臓における雄性誘導型CYPアイソザイムの発現誘導 第日本141回獣医学会 2006年3月 筑波
  78. A. Hinenoya, H. Murakami, M. Asakura, K. Shima, K. Nishimura, T. Tsukamoto, R. Deb, T. Ramamurthy, S.M. Faruque, and S. Yamasaki. Characterization of cytolethal distending toxin (cdt) gene-positive Escherichia coli strains isolated from diarrheal patients. 11th ASCODD 2006, March 8-10, 2006, Bangkok, Thailand.
  79. W. Samosornsuk, M. Asakura, E. Yoshida, K. Nishimura, K. Shima, B. Eampokalap, W. Chaicumpa, and S. Yamasaki. Identification, Characterization and Antimicrobial Resistance Patterns of Campylobacter Strains Isolated from Human patients and Poultry in Thailand. 11th ASCODD 2006, March 8-10, 2006, Bangkok, Thailand.
  80. Y. Wu, K. Shima, K. Okazaki, H. Ito, Y. Oyamada, N. Sugimoto, M. Asakura, K. Nishimura, and S. Yamasaki. Differences in mitomycin C -induced production of Shiga toxin 1 and 2 phages as well as the respective Shiga toxins in Shiga toxin-producing Escherichia coli. The 40th Joint Conference on cholera and other bacterial enteric infections panel. November 30-December 2, 2005, Boston, USA.
  81. 嶋 謙介、吉井紀代、秋庭正人、川村尚久、呉 育羅、西村和彦、中澤宗生、山崎伸二:志賀毒素ファージの多様性領域に基づくPCR-RFLP法を用いた疫学的解析の有用性、第58回日本細菌学会関西支部総会、2005年10月、神戸
  82. M. Asakura, E. Yoshida, W. Samosornsuk, N. Sugimoto, K. Nishimura, and S. Yamasaki. Isolation and characterization of Campylobacter strains from poultry and livestock on the basis of cytolethal distending toxin. CHRO2005, Sept. 4-8, 2005, Gold Cost, Australia.
  83. W. Samosornsuk, M. Asakura, E. Yoshida, B. Eampokalap, K. Nishimura, W. Chaicumpa and S. Yamasaki. Rapid identification of the species of Campylobacter strains isolated form human and animals in Thailand by a cytolethal distending toxin (cdt) gene-based multiplex PCR. CHRO2005, Sept. 4-8, 2005, Gold Cost, Australia.
  84. 大西義博、西村和彦:培養したPlasmodium falciparum原虫における生殖母体形成へのアグマチンの添加効果 第61回日本寄生虫学会西日本支部大会、2005年11月、高知
  85. 西村和彦、八木道子、三谷康介、嶋 謙介、朝倉昌博、杉本典彦、大西義博、山崎伸二、培養ラット腹腔マクロファージサイトカイン産生へ及ぼすTrypanosoma bruceiの影響、第140回日本獣医学会、2005年9月、鹿児島
  86. K. Shima, N. Yoshii, M. Akiba, K. Nishimura, M. Nakazawa, S. Yamasaki. Evaluation of the PCR-RFLP assay compared to PFGE in molecular epidemiological analysis of clonal STEC strains. IUMS 2005, the XI International congress of Bacteriology and Applied Microbiology, July 23-28, 2005. San Francisco, USA.
  87. 嶋 謙介、呉 育羅、杉本典彦、西村和彦、山崎伸二:マイトマイシンCによる志賀毒素1(Stx1)とStx2の産生促進の違い、第52回毒素シンポジウム、2005年7月、仙台
  88. 嶋 謙介、西村和彦、川村尚久、山崎伸二:志賀毒素ファージの多様性に基づくPCR-RFLP法の有用性、第9回腸管出血性大腸菌感染症シンポジウム、2005年6月、盛岡
  89. M. Asakura, E. Yoshida, W. Samosornsuk, N. Sugimoto, K. Nishimura, S. Yamasaki. Isolation and species identification of Campylobacters by genotyping of cytolethal distending toxin (CDT) gene from animals. One hundred fifth of general meeting of American Society for Microbiology. June 5-9, 2005. Atlanta, USA
  90. 朝倉昌博、吉田恵実、WoradaSamosornsuk、西村和彦、山崎伸二、家畜より分離されたCDT産生性Campylobacterの分子疫学的調査、第78回日本細菌学会総会、2005年4月、東京
  91. 石井利明、西村昌数、西村和彦 ネズミcytochrome P450 (CYP)遺伝子群の発現誘導を指標とした化学物質汚染の生物学的モニタリングに関する研究、岐阜大学21世紀COEプログラム第1期研究成果報告会、2005年2月 岐阜
  92. K. Shima, T. Sato, K. Nishimura, S. Yamasaki. Genome diversity of Shiga toxin phages present in Shiga toxin-producing Escherichia coli. The US-Japan Cooperative Medical Science Program. The 39th Joint Conference on cholera and other bacterial enteric infections panel. December 8-9, 2004, Kyoto, Japan.
  93. Wu, Y., Shima, K., Ito, H., Oyamada, Y., Asakura, M., Sugimoto, N., Okazaki, K., Nishimura, K., Yamasaki, S. Differences between Shiga toxin 1 and 2 phages induction as well as Shiga toxin 1 and 2 production in certain strains of Shiga toxin-producing Escherichia coli by mitomycin C The US-Japan Cooperative Medical Science Program. The 39th Joint Conference on Cholera and other Bacterial Enteric Infections Panel. December 8-9, 2004, Kyoto, Japan.
  94. M. Asakura, W. Samosornsuk, E. Yoshida, N. Sugimoto, K. Nishimura, M. Taguchi, K. Kobayashi, S. Yamasaki. Comparative analysis of cytolethal distending toxin produced by Campylobacter jejuni, C. coli and C. fetus. The US-Japan Cooperative Medical Science Program. The 39th Joint Conference on cholera and other bacterial enteric infections panel. December 8-9, 2004, Kyoto, Japan.
  95. M. Asakura, E. Yoshida, W. Samosornsuk, K. Nishimura, M. Taguchi, K. Kobayashi, S. Yamasaki. Nucleotide sequence analysis and construction of multiplex PCR for cytolethal distending toxin genes in Campylobacter jejuni, C. coli and C. fetus. The 7th Korea-Japan International Symposium on Microbiology. October 21-22, 2004. Seoul, Korea.
  96. 西村和彦、榊原信介、八木道子、嶋 謙介、大西義博、山崎伸二 Trypanosoma brucei増殖におけるポリアミンの影響 、第138回日本獣医学会、2004年9月 北海道
  97. 藤原和隆、Niyogi S.K.、Ramamurthy T、Nair G.B.、西村和彦、山崎伸二、赤痢菌におけるインテグロンの保有状況と薬剤耐性遺伝子の解析、第138回日本獣医学会学術集会、2004年9月、札幌
  98. 吉田恵実、朝倉昌博、田口真澄、小林一寛、西村和彦、山崎伸二、Cytolethal distending toxin産生性Campylobacter属細菌の分子疫学的調査、第138回日本獣医学会学術集会、2004年9月、札幌
  99. 朝倉昌博、Worada Samosornsuk、吉田恵実、杉本典彦、西村和彦、田口真澄、小林一寛、山崎伸二、Campylobacter属細菌の産生するCDTの構造と活性について、第51回毒素シンポジウム、2004年7月、長崎
  100. M. Asakaura, E. Yoshida, K. Nishimura, M. Taguchi, K. Kobayashi, S. Yamasaki. Development of a multiplex PCR assay for the detection of the cytolethal distending toxin genes in Campylobacter jejuni, C. coli and C. fetus.ハ One hundred fourth of general meeting of American Society for Microbiology. May 23-27, 2004. New Orleans, USA.
  101. 榊原信介、西村和彦、岡本泰幸、大西義博、山崎伸二 Trypanosoma brucei感染ラットにおける感染初期のサイトカイン動態 、第137回日本獣医学会、2004年4月、神奈川
  102. 岡澤悦子、嶋 謙介、S. Ahmad、西村和彦、山崎伸二、志賀毒素産生性大腸菌におけるsaa遺伝子の分布と発現、第8回腸管出血性大腸菌感染症シンポジウム、2004年3月、東京
  103. K. Shima, J. Terajima, T. Sato, K. Nishimura, K. Tamura, H. Watanabe and S. Yamasaki. A PCR-RFLP assay for the molecular epidemiology of Shiga toxin-producing Escherichia coli (STEC). The US-Japan Cooperative Medical Science Program. The 38th Joint Conference on Cholera and other Bacterial Enteric Infections Panel. October, 2003, Bethesda, USA.