准教授 桑村 充

KUWAMURA Mitsuru

所属:動物構造機能学分野・統合生体学講座・獣医病理学教室

 

学位 獣医学博士
最終学歴 大阪府立大学大学院農学研究科博士課程中退
専門分野 獣医病理学
学部担当授業科目 獣医形態学実習,獣医病理診断学実習
大学院担当授業科目 統合生体学特別講義B
オフィスアワー 月曜日(12:00~13:00) <りんくう・B425>
メールアドレス kuwamura@vet.osakafu-u.ac.jp
ウェブサイト http://www.vet.osakafu-u.ac.jp/path/

 

研究紹介

脳に関連する遺伝子異常によって発症する神経疾患モデル動物は,原因遺伝子の機能を解析し,遺伝性神経疾患の予防・診断・治療法を研究する上で非常に有用である。ラット・マウスなどの自然発生ミュータント動物の神経病変を主に病理学的に解析し,特定の遺伝子異常がどのような病変を引き起こすかを検討している。また,イヌ・ネコなどの神経疾患臨床例の病態を解析し,ヒトおよび動物の病変を比較検討している。

キーワード

ミュータント動物,発生,神経変性,病理

主な著書・論文

  1. Kuwamura M, Okajima R, Yamate J, Kotani T, Kuramoto T, Serikawa T. 2008. Pancreatic metaplasia in the gastro-achlorhydria in WTC-dfk rat, a potassium channel Kcnq1 mutant. Vet Pathol. 45: 586-591
  2. Izawa T, Takenaka S, Ihara H, Kotani T, Yamate J, Franklin RJ, Kuwamura M* (*corresponding author) 2008. Cellular responses in the spinal cord during development of hypomyelination in the mv rat. Brain Res. 1195: 120-129
  3. Kuwamura M, Muraguchi T, Matsui T, Ueno M, Takenaka S, Yamate J, Kotani T, Kuramoto T, Guénet JL, Kitada K, Serikawa T. 2005. Mutation at the Lmx1a locus provokes aberrant brain development in the rat. Brain Res. Dev. Brain Res. 155: 99-106
  4. Kuwamura M, Kanehara T, Tokuda S, Kumagai D, Yamate J, Kotani T, Nakane Y, Kuramoto T, Serikawa T. 2004. Immunohistochemical and morphometrical studies on myelin breakdown in the demyelination (dmy) mutant rat. Brain Res. 1022: 110-116
  5. Kuwamura M, Maeda M, Kuramoto T, Kitada K, Kanehara T, Moriyama M, Nakane Y, Yamate J, Ushijima T, Kotani T, Serikawa T. 2002. The myelin vacuolation (mv) rat with a null mutation in the attractin gene. Lab. Invest. 82: 1279-1286

 

所属学会(役員、委員等)

  1. 日本獣医学会(評議員)
  2. 日本獣医病理学会(評議員)
  3. 日本毒性病理学会(評議員)
  4. 日本獣医病理学専門家協会(評議員)
  5. 日本獣医病理学会 腫瘍診断基準選定委員会委員

 

受賞歴

  1. 第126回日本獣医学会大会長賞 (社)日本獣医学会
  2. 第126回日本獣医学会獣医学奨励賞 (社)日本獣医学会

詳細は大学HPの「教員活動情報」をご覧ください