臨床センター長の挨拶

皆さまには日頃より、大阪府立大学生命環境科学域附属獣医臨床センターの活動にご理解とご支援を賜り、誠に有り難うございます。センター長の長谷川貴史です。

当センターは、2009年4月にりんくうへ移転しておりますので、2021年4月時点では早12年が経過しております。この間、当センターを多くの方々にご利用いただきますとともに改善点のご指摘も受けながら、ご利用いただく皆さまに安心と安全な獣医療をお届けすべく、スタッフ一同、日々、精進してまいりました。まだまだ、道半ばではございますが、2022年度からは大阪市立大学との統合により大阪公立大学(Osaka Metropolitan University)(仮称)として新たな歩みを始めようとしております。このため、私自身のセンター長任期予定は、今年度の1年間ということになりますが、今までの歴代センター長が当センターを発展させてきた実績を受け継ぐとともに、たゆまぬ努力を続けて新しい獣医センターに滞りなくバトンタッチできるよう励んでまいりたいと存じます。
また、従来、当センターが実施している活動を皆さまにご理解いただくため、そして安心して当センターをご利用いただくため、ホームページの充実も図って参りたいと存じます。

これからも診療スタッフをはじめ関係者一同、皆さまにとってご満足いただける、安心・安全な獣医療の提供を目指して、更なる研鑽に励み、努力する所存ですので、何卒、これまでと変わらぬご支援とご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

COVID19(コロナウイルス)パンデミックもまだまだ安心できる状況ではございませんので、皆さま、くれぐれも同ウイルスの感染予防にお努めいただきますとともに、健康管理にもお気をつけいただきたいと存じます。

獣医臨床センター長 長谷川 貴史