准教授 井澤 武史

IZAWA Takeshi

所属:動物構造機能学分野・統合生体学講座・獣医病理学教室

 

学位 獣医学博士
最終学歴 大阪府立大学大学院生命環境科学研究科博士課程
専門分野 獣医病理学
学部担当授業科目 獣医形態学実習,獣医病理診断学実習
大学院担当授業科目 動物構造機能学特別演習A
オフィスアワー 金曜日(12:00~13:00) <りんくう・B425>
メールアドレス izawa@vet.osakafu-u.ac.jp
ウェブサイト http://www.vet.osakafu-u.ac.jp/path/

 

研究紹介

肝硬変や神経疾患などの難治疾患は,医学・獣医学に共通の克服すべき課題である.難治疾患における各種サイトカインやシグナル分子の発現プロファイリングは,その病理発生を解明する上で非常に有用と考えられる.ラットやマウスなどの疾患モデル動物を用いて,DNA マイクロアレイや多重蛍光免疫染色などの分子病理学的アプローチにより,難治疾患の発病・進展因子の探索およびその役割の解明を行う.

キーワード

疾患モデル動物,肝硬変,神経疾患,発現プロファイリング,分子病理学

主な著書・論文

  1. Izawa T, Murai F, Akiyoshi H, Ohashi F, Yamate J, Kuwamura M. 2011. Encapsulating peritoneal sclerosis associated with abnormal liver development in a young dog. J Vet Med Sci, 73(5): 697-700.
  2. Izawa T, Yamate J, Franklin RJ, Kuwamura M. 2010. Abnormal iron accumulation is involved in the pathogenesis of the demyelinating dmy rat but not in the hypomyelinating mv rat. Brain Res, 1349: 105-114.
  3. Izawa T, Yamate J, Franklin RJ, Kuwamura M. 2010. Abnormal myelinogenesis both in the white and gray matter of the attractin-deficient mv rat. Brain Res, 1312: 145-155.
  4. Izawa T, Yamate J, Takeda S, Kumagai D, Kuwamura M. 2008. Cutaneous rhabdoid tumor in a cat. Vet Pathol, 45(6): 897-900.
  5. Izawa T, Takenaka S, Ihara H, Kotani T, Yamate J, Franklin RJ, Kuwamura M. 2008. Cellular responses in the spinal cord during development of hypomyelination in the mv rat. Brain Res, 1195: 120-129.

 

所属学会(役員、委員等)

  1. 日本獣医学会(会員)
  2. 日本獣医病理学会(会員)
  3. 日本毒性病理学会(会員)

 

受賞歴

  1. 日本獣医病理学会優秀論文賞(2010)
  2. 第145回日本獣医学会学術集会ベストプレゼンテーション賞(2008)

詳細は大学HPの「教員活動情報」をご覧ください